町山智浩『最も危険なアメリカ映画』『さらば白人国家アメリカ』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でご自身の著書『最も危険なアメリカ映画』と『さらば白人国家アメリカ』について紹介していました。



(町山智浩)今週はですね、本が2冊出るんですよ。僕。

(赤江珠緒)そうですよね。立て続けに。

(町山智浩)で、同じ週に本が2作出るって……売れないですよね(笑)。

(赤江珠緒)いやいやいや! でもね、ちょうど丸善・ジュンク堂さんと『たまむすび』がコラボさせていただいてますから。町山さんのご著書もいろいろと並んでいますよ。

(町山智浩)あ、そうなんですか?

(山里亮太)いま、『たまむすび』コーナーっていうのを設けてくれて、そこに関わっている人たちの本を特別に。棚を設けてくれて。

(町山智浩)あ、じゃあよかったのかな?

(赤江珠緒)ドンピシャです。町山さん。

(町山智浩)僕ね、同じ週に出ると、僕の本を読んでくれている人が買う時に出費が多くなるから、互いに相殺しあって売れないんじゃないか? と思って。失敗したなと思っていたんですよ。

(赤江珠緒)(笑)

(山里亮太)いや、でもこれまた全然違ったテーマじゃないですか。

(町山智浩)そうなんです。なんで同じ週に2つ、本が出ることになったかっていうと、実はこれ、入稿……原稿を全部入れるのが間に1ヶ月空いているんですけど。1冊の方は原稿を入れてから2ヶ月半もかかっているんですよ。本ができるまで。

(山里亮太)へっ? なんでなんですか?

(町山智浩)いやー、なんか遅いんですね。それで、ぶつかって同じ週に出ることになっちゃったんですけど。

(赤江珠緒)そうだったんですか。

(町山智浩)そう。だからね、ちょっとすいません。宣伝させてください(笑)。ヤバいので。

(赤江珠緒)ぜひぜひ。興味深い本になっていますよ。

(山里亮太)ちょっと危険よ、かなり。

(町山智浩)あ、届いてます?

(赤江珠緒)届いてますよ。表紙を見ただけで、なんか「あらっ?」っていう感じですもん。

(山里亮太)すっごい刺激的なタイトル。

(町山智浩)2冊ありまして。1冊は『最も危険なアメリカ映画』といういタイトルなんですが。これが、10月26日。

(赤江珠緒)明日発売。集英社から。

(町山智浩)明日発売の本なんですけど。表紙がまあ、こういう表紙で。

(山里亮太)黒いバックに三角のかぶりもの……

『最も危険なアメリカ映画』


(町山智浩)なんだか、わかりますよね?

(赤江珠緒)わかります。KKKですか?

(町山智浩)そうです。KKKなんですよ。アメリカの南部で黒人の人たちをリンチしたりしていた白人至上主義グループが表紙になっているんですけども。これは、KKKは昔からずっと続いているものではなくて。まず最初に南北戦争で南部が負けた後に、黒人がそれまで奴隷だったのが解放されて、選挙権を持ったんですよ。で、投票に行って、黒人の議員とかが出たわけですけども。最初に。で、その時に黒人が投票をしないようにっていうことで、投票をしに行く黒人をリンチしていたのがそのKKKなんですね。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)南北戦争の終わったすぐ後なんですよ。ところが、その後結局南部の方では法律で黒人が投票をできなくしちゃったので。KKKは必要なくなって存在しなくなったんですよ。

(山里亮太)あ、そもそもそうなんだ。ふんふん。

(町山智浩)ところが、それが1920年代にものすごい勢いで復活して再生したんですよね。実はそれはなぜかと言うと、1本の映画が大ヒットしたために、存在しなかったKKKがもう1回生まれてしまったんですよ。

(赤江珠緒)もう1回生まれてしまった?

(町山智浩)もう存在しなかったのに。それが、『國民の創生』という映画なんですね。これが1915年に公開されて、アメリカで大ヒットして。これはどういう映画か? と言いますと、アメリカ映画ってそれまではほとんどが30分とか15分とか、ものすごく短くて。で、お話もちゃんとしていなくて。たとえば、日本だったらたとえば『大化の改新』っていう映画があるとするじゃないですか。そうすると、蘇我入鹿を暗殺するその場面だけが描かれて、それでお終いとか、そういう映画だったんですよ。昔の映画って。

(赤江珠緒)ふんふん。

(町山智浩)もう短くて、話もちゃんとしていなくて。ただ、この場面を見せますよっていうだけのものがほとんどだったんですけども。あとはお笑いで、ひとつのコントとかね。ところが、この『國民の創生』っていう映画は初めてちゃんとしたドラマがあって。しかも、3時間もあるんですよ。で、それまでの映画は英語ができない人のための娯楽だったんですね。映画を見る人っていうのは、アメリカではバカにされていたんですよ。

(赤江珠緒)そうだったんですか。最初は。

(町山智浩)「あいつ、映画を見に行くっていうことは英語ができないんだな。移民なんだな」って思われていたんですよ。ところが、この『國民の創生』っていうものから芸術として、お芝居とかオペラとかそういったものと同じように扱われるようになったんですね。クラシックミュージックとか。それぐらいちゃんとした映画だったんですが、内容は「南北戦争が終わった後、KKKが出て黒人の人権を弾圧しました。よかったですね。めでたし、めでたし」っていう内容なんですよ。

(山里亮太)ええーっ?

(赤江珠緒)内容が、それ?

(町山智浩)内容がそれなんですよ。完全に。で、「白人が黒人の奴隷を開放するために戦ったのは間違いでした。我々は最初から南部と北部で仲良くすべきでした」という内容なんですよ。で、もう完全にその白人バンザイ映画になっていて、しかもKKKが正義の味方の集団として描かれているので。で、この『國民の創生』っていう映画が大ヒットしたんで、それに感化されたお調子者たちがKKKを再結成して、まあリンチをしまくったんですね。実際に。

(山里亮太)ええー、復活しちゃったんだ。

(町山智浩)そう。で、一時はすごくて、KKKの国会議員までいたぐらいなんですよ。各地方の議会に「KKKから出ました」って出馬して、当選して。KKK議員がいっぱいいるっていう状況だったんですよ。

(山里亮太)映画がきっかけで?

(町山智浩)1本の映画のために、それだけひどいことになって。それは1960年代まで続きました。アメリカでは、黒人の人権を獲得するために公民権運動という運動がありました。キング牧師が指揮した、日本でも『グローリー』っていう映画が公開されましたけども。あの運動の最中に、やっぱりKKKが次々と黒人とその運動に参加する白人を殺していったんですけども。それは、この映画がなければそんなこと、起こらなかったんですよ。

(赤江珠緒)すごい罪深いじゃないですか。

(町山智浩)罪深いんですが、これ、作ったい人はD・W・グリフィスという人で。これ、天才だったんですね。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)たとえば、いろんな映画のテクニックはこの人がほとんど1人で発明しているんですよ。

(山里亮太)へー! どんなテクニックですか?

(町山智浩)たとえば、アップってありますよね? クローズアップ。女優さんの顔を画面いっぱいに映すっていう。それって、この人が発明するまではなかったんですよ。それまで映画って固定した動かないカメラの前でお芝居みたいにして人が演じるのをただ撮っていただけなんですよ。

(赤江珠緒)ふーん!

(町山智浩)でも、そこで顔にグッと寄って、その顔の演技を見せるっていうのをはじめて発明したのがこのグリフィスっていう監督なんですね。だから、その『國民の創生』っていう映画も、そこで発明されたいろんな映画テクニックがあるために映画学校とかではかならず見せられる映画なんですよ。アメリカでは。それなのに、内容は非常に差別的でとんでもないものなんですね。だからこういうね、映画としては素晴らしいんだけれども、ものすごく本当に危険で死者まで、実際にそれに影響された人たちは出している映画なんですよ。

『國民の創生(The Birth of a Nation)』



(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)で、そういったものをこの『最も危険なアメリカ映画』では次々と紹介しているんですけども。たとえば、ディズニーランドに『スプラッシュ・マウンテン』っていうジェットコースターがあるじゃないですか。

(山里亮太)はい。ご陽気なやつですよ。

(町山智浩)あれって一体なんのアトラクションだか、知らない人も多いと思うんですよ。

(赤江珠緒)たしかにね。動物が出てきて、「ウサギどんがどうしたこうした」って言っているような。

(町山智浩)そうそうそう! その通り。よく知ってますね。どうして知ってます?

(赤江珠緒)なんか1回乗った時に、最後急流すべりみたいで怖いなと思っていたら、横でずっと「ウサギどんがどうしたこうした……」って言ってるんで、イラッと来た覚えが(笑)。「怖いんだよっ!」って思っていたんで。私は。

(町山智浩)(笑)。あれね、アニメがあるんですよ。ウサギどんっていうのが出てくる。

(赤江珠緒)あ、そうなんですか?

(町山智浩)『南部の唄』っていう1950年代に作られたアニメがありまして。それのアトラクションなんですよ。スプラッシュ・マウンテンって。この『南部の唄』っていうのはいま、見ることはできないんですよ。っていうのは、内容が南部で黒人と白人が仲良く暮らしているっていう内容になっているんですよ。で、時代設定もよくわからないし、全く差別がなくて黒人と白人が仲良く暮らしていて……っていう内容になっていましてですね、存在しない南部のユートピアみたいなものを舞台にしているんですね。

(赤江珠緒)ほー。

(町山智浩)で、そのために、公開当時からだったんですけども。その後、再放送であるとかDVDが出たりとか、ビデオが出たりはしないんですよ。

(赤江珠緒)あ、そうなんですか。そんなに嘘すぎると言われる?

(町山智浩)そうなんです。『南部の唄』は完全に存在しない南部をでっち上げて、南部での奴隷制度だとか黒人差別がなかったかのように作られたインチキ映画であるっていうことで、これ、ビデオの入手が非常に困難なものなんですよ。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)で、それを僕が紹介しているんですけど。この本の中でね。禁じられた映画なんですよ。『南部の唄』っていうのは。

『南部の唄(Song Of The South)』



(赤江珠緒)スプラッシュ・マウンテンって……そんな映画があったんですね。

(町山智浩)そんなものなんですよ。はい。で、あとディズニーだと……その『南部の唄』の方はもう全然見れないんですけども。結構見れるんですけど、日本では見れない映画っていうのがありまして。ディズニーのアニメで。それは、『空軍力の勝利』っていう映画なんですね。これは『Victory Through Air Power』っていうタイトルのディズニーのアニメなんですけども。これは1943年……要するに第二次大戦中に作られているんですよ。

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)内容はどういう映画か?っていうと、「東京を空爆せよ!」という内容なんですよ。

(山里亮太)えっ? ディズニーが?

(町山智浩)ええと、これはね、当時、戦争の中で戦略爆撃というものが始まった頃なんですね。戦略爆撃というのは、本来それまでの戦争というのは前線で敵国同士の兵隊たちが戦うものだったんですけども、飛行機ができたことで、兵隊たちの頭を飛び越えて、いきなり敵国の首都とか敵国の拠点の住宅地であるとか、そういったところを直接爆撃するということが可能になったんですね。

(赤江珠緒)うん。

(町山智浩)それで、「実際に兵隊たちが死ぬ前に、いきなり敵の首都を破壊しちゃえばいいじゃないか」という考えが出てきたんです。それを戦略爆撃と言うんですね。それを東京に対してやれ! という風にけしかける内容なんですよ。

(赤江珠緒)えっ、そんなアニメなんですか?

(町山智浩)そんなアニメなんです。アニメとしての出来はすごくいいです。ディズニーのその頃の優秀なアニメーターが揃って作っているんで、アニメとしての価値はすごく高いんですけども、まあ「いま、日本と我々連合国は戦っています。このまま戦争が続いても、敵の頭を潰さなければ絶対に勝てないので、東京を直接爆撃した方がいいです」っていう内容なんですよ。

(赤江珠緒)うーん!

(町山智浩)これはディズニーの社長だったウォルト・ディズニーが自分で一生懸命作ったものなんですよ。

(赤江珠緒)あ、本人が?

(町山智浩)本人が作りました。ウォルト・ディズニー自身が作ったもので。しかもこれを、連合国側の、その頃の大統領のルーズベルトとかにわざわざ見せているんですよ。つまり、「こういう風にしなさい。東京を爆撃しなさい」と。それでこのアニメ『空軍力の勝利』のいちばんラストのクライマックスは、連合国による東京大爆撃なんですよ。

(赤江珠緒)実際に……そうなりましたしね。

(町山智浩)実際になっているんですよ。でも、この映画がどのぐらい影響を与えて実際に東京大空襲が行われたか? はちょっとわからないところがあるんですけども。はっきりと、因果関係は。ただ、ウォルト・ディズニーが「東京を爆撃せよ」と言ったのは事実なんですね。そのために、わざわざ自分のお金を出して作っているんですよ。

(赤江珠緒)はー……

(町山智浩)まあ、それだけ味方の戦死者を減らすためなんだと。早く戦争が終わらすために……

(赤江珠緒)まあ、戦時中だからね。どっちも、日本にもそういうアニメとか、映画を作っていたというのはありますけども。

(山里亮太)戦意高揚の。

(町山智浩)そうなんですけども、ただすごく違うのは、「民間人を殺せ」って言っていることになるんですよね。これは。

(赤江珠緒)そうか。

(町山智浩)「戦争に勝とう」ということではなくて、いきなり頭を飛び越えて東京を爆撃しろっていうことは、それは民間人が死ぬことですから。それが、あのディズニーの素晴らしいアニメで描かれているという内容なので。これは日本ではたぶん見れないと思います。ただ、YouTubeには載っているんですけどね。

『空軍力の勝利(Victory Through Air Power)』



(赤江珠緒)ああ、そうですか。

(町山智浩)詳しくこのアニメについて、僕が書いているんですけども。それが『最も危険なアメリカ映画』なんですけども。で、この『最も危険なアメリカ映画』のクライマックスのところは、『フォレスト・ガンプ』っていう映画なんですよ。

(赤江珠緒)はいはい。日本でもヒットしましたね。

(町山智浩)トム・ハンクスが知能指数の低い青年を演じて、1960年代に彼がベトナム戦争に行ったりいろいろするという、1960年代を描いた感動コメディーみたいなやつでしたね。

(赤江珠緒)ありました。うん。

(町山智浩)でも、この映画が実はアメリカではものすごく怒っている人が多い映画なんですよ。

(赤江珠緒)えっ? そうなの?

『フォレスト・ガンプ』の問題点

(町山智浩)「許せない!」って言っている人も多いんですよ。これ、どうしてか?っていうと、『フォレスト・ガンプ』の舞台は1950年代から60年代のアラバマなんですね。で、アラバマで白人のフォレスト・ガンプがのんびり暮らしている話なんですけども。それで、ベトナム戦争に行ったりするんですが……この映画、アラバマで起こっていた重大な事件を一切描いていないんですよ。アラバマには、モンゴメリーという市があって、そこでキング牧師が黒人の人権を獲得するために、ものすごい戦いをしていたんです。50年代、60年代は。

(赤江珠緒)うん、うん。

(町山智浩)一切出てこないですよ。『フォレスト・ガンプ』には。全く出てこないんですよ。キング牧師の「キ」の字も出てこないです。

(赤江珠緒)そっか。あのお話、ちょっとそういう時系列みたいなのが出てきたりしてましたもんね。

(町山智浩)そう。公民権運動が全く出てこなくて、黒人差別も出てこないんですよ。1ヶ所だけ、黒人が白人の大学に行くことになって、それを妨害しているところにフォレスト・ガンプが出くわすっていうところはあるんですけども。一体どうしてそうなっているのかが全くわからないです。『フォレスト・ガンプ』って見ていると。それに至った黒人差別であるとか、それに対する反差別の運動が全く描かれていないから、あのシーンだけボトッとあるんですけど……そういうのがまるでわからないんですよ。

(赤江珠緒)そっか。

(町山智浩)でも、アラバマは当時は全世界が注目していて。もう延々と何年にもわたって……1950年代半ばから1965年にかけて、ものすごい闘争が続いていたわけですね。黒人と白人の。全然出てこないっていうのは、それはあり得ないんですよ。

(山里亮太)あえて隠しているとしか思えない。

(町山智浩)あえて隠そうとしなければ、隠れないんですよ。

(赤江珠緒)そっか。ちょっとニュースっぽいものが差し込まれてましたもんね。あの映画ね。

(町山智浩)そう。いろんなニュースが差し込まれているにもかかわらず、黒人の人権運動に関しては一切出てこないんですよ。だからこれは完全に、南部の黒人差別を隠すことになっているんですよ。『フォレスト・ガンプ』っていうのは。ただひとつだけ出てくるのは、黒人の過激派のブラックパンサーの人たちが出てきて。それがものすごい悪い人たちとして描かれるんですよ。要するに、黒人差別を描かないで、黒人の運動の過激で悪い人だけを描くというやり方になっているんですよ。だからものすごい実際の歴史をねじ曲げているんで、非常に怒っている人が多い映画なんですね。

(赤江珠緒)そうだったんですか。

(町山智浩)あと、もうひとつ。ベトナム戦争に対する描き方が、ベトナム戦争にフォレスト・ガンプが行くんですけども、ベトナム戦争に勝ったか負けたかがわからないんですよ。映画の中で。いつ間にか終わっていて、負けているんだけど「負けた」ということは出てこない上に、ガンプが「ベトナム戦争はどうでしたか?」ってインタビューされる時に、音声が聞こえないんですね。演説するところでベトナム戦争について彼が語る時に、音声が消されちゃっているんですよ。

(赤江珠緒)うんうん。

(町山智浩)それが実は、シナリオでは……っていうか、トム・ハンクス自身は実際に映画の撮影現場では「ベトナム戦争では故郷に帰れないで死んだ人もいっぱいいて、悲しいことです」と言っているんだけど、その音声を消しちゃっているんですよ。『フォレスト・ガンプ』の中では。

(赤江珠緒)うーん!

(町山智浩)「ベトナム戦争は悪かった」っていうことを全部消しちゃっているんですよ。『フォレスト・ガンプ』って。

(赤江珠緒)ちょっと都合の悪そうなところは、全部なかったことに?

(町山智浩)そう。だからなんでこんなになっちゃっているんだ? というようなことをいろいろ書いているのが、この『最も危険なアメリカ映画』ですね。だから、危険っていうことでね、実際に見れなくなっちゃった映画だったり、危険な示唆を出しちゃった映画だったり、禁じられていたり、封印されていたり。あと、普通に見られているのに、『フォレスト・ガンプ』みたいによく考えると非常にプロパガンダ映画として危険だという映画だとか。そういったものを集めています。


(赤江珠緒)いくつもの映画が載っていますからね。それが『最も危険なアメリカ映画』。

(町山智浩)はい。そうです。あ、時間がなくなっちゃった。すいません。もう1冊の方はですね、『さらば白人国家アメリカ』というタイトルで、講談社から10月28日に発売されます。これはですね、ずっと僕アメリカ大統領選を追っかけていたんですけども。それを時系列で、リアルタイムで最初から最後まで並べた本なんですよ。で、たぶんドナルド・トランプがどうして候補になっちゃったか?っていうことがわかりにくいと思うんですよ。日本の人は。予備選をあんまりちゃんと報道されていなかったし。

(山里亮太)そうですね。「過激な人」っていう。

(町山智浩)そう。なんでこんなものが候補になっちゃったんだろう?って。

(赤江珠緒)いまとなってはね、なんでこの人が?っていうね。

(町山智浩)そうそうそう。それを全部時系列で書いている本で、しかも各選挙の現場に僕、自分で行ってます。『たまむすび』では現場から話とかしてきましたけども。で、その背景にあるのは、白人の国としてのアメリカがもう終わるんだということが見えてくるはずなんですよ。だからもう、2040年代には白人は50%を切っちゃうんですけども。で、今回は白人大統領が出る最後の可能性があった、ラストチャンスに近かったんですね。それで、トランプが出てきたっていうことをいろんな形で分析している本が『さらば白人国家アメリカ』で、28日に出ます。これ、もう時間がないんで。

『さらば白人国家アメリカ』


(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)これ、2冊ともリスナーの方々5名様ずつにプレゼントします。

(赤江珠緒)ありがとうございます。

(中略)

(山里亮太)いや、すごいね。

(赤江珠緒)でもこれ、両方の角度からアメリカが見えてくるということで、面白いですよ。町山さん。

(山里亮太)『最も危険なアメリカ映画』ではトランプは60年前の映画で予言されていたっていう……

(町山智浩)はい。そうなんですよ。ドナルド・トランプとそっくりな人がね、映画の中で昔から出てきているんですよ。で、「こういうものを出しちゃいけないよ」っていう映画が何本も作られているのに、出てきてしまいましたっていう話もありますので。

(山里亮太)へー!

(赤江珠緒)なるほど、なるほど。ねえ。今日もお時間いっぱいになってしまいました。町山さん、ありがとうございます。

(町山智浩)はい。じゃあ、よろしく。来週、日本に行きます。

(赤江珠緒)はい。来週に帰国中ということで、スタジオ登場予定です。町山さん、今週もありがとうございました。

(山里亮太)ありがとうございました。

(町山智浩)どうもでした!

<書き起こしおわり>
※放送の模様はradikoタイムフリー機能でお聞きになれます!(1週間限定)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事