町山智浩『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を紹介していました。


(町山智浩)ちょっと日本に行っていたんで。いろんなイベントとかがあって、日本で公開される映画に全然追いつけない状態なんですよ。で、今日は一気にやります。

(海保知里)いいですねー。

(町山智浩)もうすでに公開が始まっている映画がいっぱいあるんですけども。まずね、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』っていうタイトルの映画がいま公開されているんですけども。僕、自分で推薦文を書いているくせにね、それ以外なにもしていないんで(笑)。

(山里亮太)結構前にこちらでもお話いただきましたよね。少し。

(町山智浩)ああ、ちょっとだけですね。まあ、これはアメリカで大大大ヒットしているホラー映画なんですけども。1980年代にホラー小説の巨匠スティーブン・キングが書いた原作の映画化なんですね。それはキングが少年時代の……つまり1950年代にキングのような田舎に住むいじめられっ子たちが子供たちをさらう、人さらいの怪獣ピエロと戦うっていう話なんですよ。で、これははっきり言って、(浦沢直樹の)『20世紀少年』の元ネタなんです。

(海保知里)そうなんですか。

『20世紀少年』の元ネタ

(町山智浩)あれはね、子供の頃に戦った少年たちが大人になってからもう1回、悪と戦うっていう漫画だったんですけども。あれは、はっきり言ってこの『IT』が元になっているんですよ。で、これを現在に映画化する時に、(原作小説は)80年代に書かれたものなんで少年時代は50年代なんですね。だから、(今回の映画は)少年時代を80年代に持ってきているんですよ。で、これが大ヒットしている背景には、アメリカでいま「キラークラウン(Killer Clowns)」っていう、ピエロの格好をした人たちがいろんなところに出没していろんな人を脅かしているという状況が去年からありまして。

(海保知里)なんか動画がね。うん。

(町山智浩)ああ、YouTubeとかで見たでしょう?

(海保知里)ねえ。なんかありました。見ました。流行っているんですよね。

キラークラウン



(町山智浩)めちゃくちゃ怖いですよね。

(海保知里)子供たちの誕生日パーティーってアメリカではよくクラウン(ピエロ)が登場するんで、あれは怖くなっちゃいますよね。

(町山智浩)はいはいはい。あれね、もともとキングがこの話を書いた時に、近所の子供たちの誕生日パーティーに行って風船を配ったりしている気のいいピエロの格好をしているおじさんが連続殺人鬼だったっていう実際の事件がありまして。

(海保知里)そうなんですか!

(町山智浩)そうなんですよ。何人も男たちを殺していたんですよ。で、自分の自宅に埋めていたんですよ。で、「ピエロ、怖い!」っていう話になっちゃって、それを元に『IT』っていう小説を書いたんで、まずますピエロが怖いっていうことになっちゃって。もう子供たちみんなピエロが怖くてしょうがないんですけども(笑)。

(海保知里)そうですね。

(町山智浩)で、これが非常にいい映画なのは、この世の闇に潜んでいる悪と戦う子供たちがみんな、いじめられっ子なんですよ。まず、デブちんとか黒人とか。田舎だから黒人は少ないからいじめられているんですね。あと、ユダヤ人とか。ユダヤ人も田舎にはあんまりいないんですよ。あと、エッチなことをしていると噂になっているんだけど、実際は父親から性的虐待を受けている女の子とか。そういうこの田舎のはぐれ者というかつまはじきにされた子たちが力を合わせて悪と戦うというところですごく泣ける話なんですよね。

(山里亮太)泣ける話なんすか?

(町山智浩)これ、泣ける話なんですよ。まあ、キング自身の子供の頃のいじめられ体験とかが入っているんですけど。彼は子供の頃、父親が行方不明になって貧困の中で育ったんで大変だったんですね。で、『IT』っていうタイトルがちょっとよくわからない。なんの映画なんだ?って思う人も多いでしょうね。

(海保知里)ねえ。

(町山智浩)これはね、『IT』っていうのは鬼ごっこの鬼のことなんですよ。

(山里亮太)へー!

(町山智浩)だから「ITしようね」っていうのは「鬼ごっこしようね」っていう意味なんですよ。「You are IT」っていうのは「君は鬼だよ」っていう意味なんですよ。これ、完全に『“それ”が見えたら、終わり。』っていう日本語タイトルは間違っています。

(山里亮太)そうなんですね!

(町山智浩)はい。だからこれ、ずっと間違ってきていて。この原作が翻訳された時もちょっと間違っているんですけど。だから『リアル鬼ごっこ』っていう小説と映画があったじゃないですか。ああいう感じなんですよ。「鬼」っていうイメージが。だから鬼ごっこをやっていたら、本当に鬼が殺しに来るっていうね。そういう話なんですが。これ、いま公開中で。これ、実は第一部で、子供編なんですよ。で、第二部の大人編がたぶんこれから来るんで、それに備えて見ておいた方がいいっていう映画ですね。

(海保知里)アメリカで大ヒットだから、この次も。

(町山智浩)はい。これは大人編が来ると思います。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事