スポンサーリンク

松尾潔と黒沢薫 三浦大知を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 753

ゴスペラーズの黒沢薫さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』にゲスト出演。松尾潔さんと、三浦大知さんについて話していました。


(松尾潔)さて、さっきお聞きいただきましたスパノバ(Suprenova)。三浦大知くんとのデュエットですけども。まあ、大知くんはね、元から、彼もグループからソロになった人ですけども。デビューシングルの時に黒沢くん、曲を提供してたよね。



(黒沢薫)そうです。だから僕がまあ10周年。で、彼も10周年。まあ、だいぶレベルは違いますが。

(松尾潔)ああー、そうか。まあ、彼はそうか。もういま、ソロだけだもんね。

(黒沢薫)ですね。で、一緒になんかやるのが面白そうだなと思って。ただ、10周年で何かを出すっていう時に、僕、最初はもうセレクションアルバムみたいなものでいいんじゃないか?っていう話を最初、していたんですよ。

(松尾潔)うん。

(黒沢薫)いや、なんか新曲を出すなら出そうよって話をスタッフとミーティングでしていた時に、『いや、これはやっぱり三浦大知となんかやるのがいいんじゃないの?』って。

(松尾潔)うーん。

(黒沢薫)っていうことになって。その当時のスタッフに一応結集してもらってですね。

(松尾潔)ああ、その時以来だったの?大知くんとコラボレーションするのは?

(黒沢薫)だから『Keep It Goin’ On』の後、何曲か書きましたけど。そこからずっと、楽曲という意味では疎遠になっていたので。やっぱり何かやろうよって言ってまた集まってもらって。その、僕がやっぱり大知くんのファンなので。

(松尾潔)ねえ。いいよね!

(黒沢薫)ずっと大知くんのを見ていて。『俺だったら大知くんにこういう歌を歌ってほしいな』っていうのを形にしようと。

(松尾潔)なるほどね。へー。

(黒沢薫)で、一緒に歌おうっていうところからの、今回ソロのプロジェクトはスタートだったんですね。
スポンサーリンク

三浦大知の変化

(松尾潔)これ、不思議なもんでさ。その、黒沢くんと大知くんの年齢差はずっと変わらないわけだけど、これ10年たつとさ、まあ大知くんももう大人じゃない?僕もこの間、大知くんと久しぶりにね、ディアンジェロの来日公演の時に会場でばったり会って。久しぶりにこう目の当たりにすると、『あ、当たり前だけど、もう魅力的な大人の男性になっているんだな』っていうね。

(黒沢薫)そうなんですよ。実際に一緒に歌ってみるまでは、まあもちろん、イメージはしていたんですけど。やっぱりその、もうちょっと若い感じっていうのをイメージしてたんですが。あの、声はたしかにね、あの声なんですよ。フレッシュな声なんですけど、声量が倍ぐらいになっていて。

(松尾潔)そうかー。

(黒沢薫)『こんなに声、大きかったっけ?』って。だからどうしても、ダンスの方をやっぱりみんな気にしちゃうでしょ?歌い手として、相当イケてるんですよね。もともとイケてたんですけど。

(松尾潔)まあ、そうだよね。

(黒沢薫)それがね、あんまり伝わってこない声質なので。まあ、スムースな声質なので。でもね、びっくりしましたね。

(松尾潔)まあ本当、彼はね、存在としてね、アッシャーとかクリス・ブラウンみたいに魅せる要素も大変強い人なので。とかくその、ダンスの凄さとかで語られることも多いんですけども。

(黒沢薫)ですね。

(松尾潔)だけどやっぱり、そのアッシャーやクリス・ブラウンもそうであるように。そして、アッシャーとデュエットを果たしたR.ケリーとの曲がそうであるように、なんか黒沢くんとのさ、大知くんのこのデュエットっていうのも、最初世に出てきた時に少年だった大知くんがいつの間にか大人になっているっていう。で、黒沢くんとまた久々に邂逅を遂げるっていうのが、いいよね。

(黒沢薫)いやー、よくぞ言っていただけた。それを言ってくれないと・・・

(松尾潔)そういう狙いでしょ?

(黒沢薫)そこを指摘してくれる人、あんまりいないんですよね。

(松尾潔)(笑)

(黒沢薫)うれしいです。まあでも、スティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソンっていう狙いもあるんですよ。

(松尾潔)はいはい。『Get It』ね。



(黒沢薫)『Get It』。あとは『Just Good Friends』。



(松尾潔)うんうん。

(黒沢薫)あれってね、ひとつのことを2人で分けあって歌っているっていう。歌詞的には。まあ、どっちかって言うとだから、歌詞的なイメージとしてはR.ケリー、アッシャー。あるいはまあ、ポール・マッカートニー、マイケル・ジャクソン。

(松尾潔)はいはいはい。『Say Say Say』的な。



(黒沢薫)そう。

(松尾潔)『The Girl Is Mine』とか。



(黒沢薫)そう。『The Girl Is Mine』とか。あっち系のイメージでっていう。まあ、もっと言うと、前にかかわっていただいた鈴木雅之と黒沢薫のユニット、エナメル・ブラザーズもまあ、そうなんですけどね。

(松尾潔)なるほど!ここでいい流れになりましたんで。じゃあエナメル・ブラザーズ、聞いてみようかな?まあ、だから年下の大知くんとのデュエットと比較して聞いてみるとこれ、面白いですよね。

(黒沢薫)そうですよね。立場が変わりますからね。今度は。

(松尾潔)少年時代にこう、仰ぎ見ていた鈴木雅之っていう人と、いまやユニットを組んで。これも早、10年近くというエナメル・ブラザーズ(笑)。

(黒沢薫)そうなんです。そろそろ新しいの作らなきゃなって、マーチンと会う度に言うんですけどね(笑)。

(松尾潔)(笑)。けどこの間ね、ライブでエナメル・ブラザーズ名義で2人で歌っているのをソウル・パワー・サミットで見て。ああ、やっぱりこれは面白い組み合わせだなと思って。

(黒沢薫)だいぶツーカーになってきました。やっぱり最初は僕も緊張していたし。

(松尾潔)まあ、そりゃそうだよね。

(黒沢薫)でもやっと、アイコンタクトっていうか、お互いサングラスなんでアイコンタクト、本当はわかんないんですけど。

(松尾潔)(笑)

(黒沢薫)やっとできるようになってきましたね。

(松尾潔)はい。じゃあそんな2人の組み合わせで、先日もライブで披露したばかりのこちらを聞いていただきましょう。じゃあ、曲紹介をお願いします。

(黒沢薫)はい。エナメル・ブラザーズで『She’s my girl』。



<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする