宇多丸と町山智浩 『実写版 進撃の巨人』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

町山智浩さんがTBSラジオ『タマフル』にゲスト出演。自身が脚本を手がけた『実写版 進撃の巨人』について宇多丸さんと話していました。


(宇多丸)さあ、ということで来週のウォッチ候補作品4作品をご紹介します。最初の候補はこちら。『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』。はい。進撃の巨人後篇がいよいよ公開でございます。続いてはこちら。『アントマン』。マーベル・シネマティック・ユニバースね。12作目。第2ターンの最後を飾る『アントマン』ということですかね。3つ目はこちら。『ピクセル』。クリス・コロンバスが8ビットゲームというかね、レトロゲームの世界が攻めてくるというやつでございます。

最後の候補はリスナーカプセルです。『来週、宇多丸さんにウォッチしてもらいたいのはマシュー・ヴォーン監督の「キングスマン」です。ヤバい、ヤバい、ヤバい映画が来ましたよ!見ている間、コリン・ファースのスーツ姿にうっとりし、お腹を抱えて笑い、何度も最高だ!これは最高だ!とつぶやいてしまいました。この楽しさ、興奮は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」と並ぶ、いや、もしかしたらそれ以上かもしれません。宇多丸さんがこの映画を褒めてくれることはすでに確信していますが、師匠の「ここが最高」というお話を拝聴したいので、ぜひガチャを当ててください。お願いします』。

はい。ということで、ちょっと本数が少なめになっているのは、もうちょっと今週から本業のツアーが始まってしまいまして。結構大変だからということでございます。ということで、レッツガチャターイム!

(町山智浩)あ、どうもこんちにはー。

(宇多丸)(笑)。巨人が・・・(笑)。

(町山智浩)こんちはー。お金、返しにきました。

(宇多丸)町山智浩さんでーす!映画評論家。そして、脚本家、町山智浩さんです!

(町山智浩)はい、1万円。

(宇多丸)あの、進撃の前のね、前篇の時の。

(町山智浩)そうそう。ガチャの時の追加・・・なんて言うんですか?これは。罰金じゃないけど。

(宇多丸)罰金じゃないですけど。ああ、じゃあ1万。これで9万、貯まったことになりますんで。

(町山智浩)ソープ行けんじゃん。それで。

(宇多丸)えっ?

(町山智浩)ソープ行けんじゃん。

(宇多丸)いや(笑)、これ勝手にそうやったマズいでしょ。9万。

(町山智浩)ああ、そうか(笑)。

(宇多丸)疲れきった巨人、町山さんが(笑)。

(町山智浩)いや、もう大変ですよ。いま、春日太一くんと飲んでたんですけど。ずっと。

(宇多丸)あ、マジですか?もう。

(町山智浩)もう、大変でしたよ。もう(笑)。春日、もうすごいですよ。暴走で。はい(笑)。

(宇多丸)まあ、ツイートもね、されてて。

(町山智浩)はい。もう大変ですよ。

(宇多丸)僕、ちょっとまだ後篇見てないんで。ちょっとそれは読まないようにしてるんですけど。

(町山智浩)ああ、はいはいはい。

宇多丸の前篇映画評の感想

(宇多丸)あの、前篇の方ね、ちょっと私、やらしていただいたんですけど。お聞き、いただいたんですよね?

宇多丸 『実写版 進撃の巨人 前篇』を語る
ライムスター宇多丸さんがTBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』の中で『実写版 進撃の巨人 前篇』について映画評論していました。 【NEW】「進撃の巨人 ATTACK ON ...

(町山智浩)はいはいはい。

(宇多丸)いかがな感じでした?

(町山智浩)はい。もう、見なくていいよ(笑)。

(宇多丸)ええっ!?後編?

(町山智浩)うん。見なくていい!

(宇多丸)なんすか、それ!(笑)。どういうことですか!?

(町山智浩)見なくていいよ、もう(笑)。

(宇多丸)その、私のあれはご満足いただけたのかな?というか。

(町山智浩)いやいや、大満足ですよ。もう、本当にもう、ね。キンタマの裏まで舐めるような(笑)。

(宇多丸)舐めるようにね(笑)。舐めまわすようにやりましたけど。後篇、僕、まだ見てないんで。

(町山智浩)でも昔さ、進撃、シナリオ読んでもらった時にさ、その時、なにも言ってなかったじゃん(笑)。

(宇多丸)だからそれはやっぱさ、僕はまだプロじゃないから。読む力がないのかもしれないですね。

(町山智浩)なに言ってんだよ(笑)。その時に言えばいいじゃねーか!『こうした方がいいですよ』って言ってくれれば直したのに(笑)。

(宇多丸)でもさ、主に僕、演出面ですよ。どっちかって言えば、それは。

(町山智浩)いや、まあね。

(宇多丸)それを実際に画にする時にどうするのか?っていうところだったり。

(町山智浩)あとね、『巨人を攻撃する時、足を攻撃すればいいじゃねえか』って、それは言ったらダメでしょ、それは(笑)。

(宇多丸)(笑)。それは言っちゃダメ。言わない約束のやつ(笑)。

(町山智浩)それはもう、原作の問題でもあるじゃん。それ。ねえ(笑)。

(宇多丸)でもあの背負投げとかね、びっくりしちゃったみたいなね。

(町山智浩)俺もびっくりしたからね。

(宇多丸)それはあれでしょ?力石徹がデカく描かれちゃったみたいな。そういうやつでしょ?

(町山智浩)びっくりしたよ。

(宇多丸)同じバンタム級で書いていたら、すごくデカく描かれちゃって困っちゃったみたいな。

(町山智浩)昔、でも『ガクラン八年組』っていう漫画があって。番長の背の高さがビルの4階ぐらいまでだったから。

(宇多丸)(笑)。そういうことだ。

(町山智浩)ああいう世界だよね。よくわかんないけど。

(宇多丸)どういう世界なんですか!?(笑)。

(町山智浩)よくわかんないけどね。

(宇多丸)まあ、そういうことで、せっかく町山さん、いらしていただいて。町山さん、もう後篇はね、やんなくていいなんて言ってますけど。

(町山智浩)いやいや、これ、だってガチャが出なかったら、俺がどんどん・・・お金、どんどんなくなっちゃうじゃん。

(宇多丸)いやいや、もう町山さんの、せっかく来ていただいたあれにお応えするためにも、今回はガチャ、進撃の後篇が当たるまで、僕、今日は1万円払い続けようと思って。おろしてきたんです。

(町山智浩)ええっ?金あんなー!

(宇多丸)ないですよ!だから、がんばって・・・

(町山智浩)すげー財布だな、おい(笑)。

(宇多丸)これとか買ってるんですから!これ、『Zアイランド』とか買って、俺、見てる。大変なんですから。これ。

(町山智浩)大変だな。もうDVD費が(笑)。税金の時、控除の対象になるの?

(宇多丸)ニヤニヤしながら(笑)。でもなんか、いいですね。なんか、町山さん、1個、なんか憑きものが取れた感がありますよ。

(町山智浩)憑きものがね(笑)。漬け物じゃなくてね。

(宇多丸)漬け物じゃないですよ。じゃあ、ちょっといきますね。レッツガチャターイム。カプセルが出た後、どうしても他に評論したい映画があれば・・・

(町山智浩)本当にやるんだ。ガチャって、本当に。

(宇多丸)やってますよ、そりゃ。やらせじゃないですよ。

(町山智浩)本当にやってるんだ。ああ、そうか。

(宇多丸)じゃあ進撃が出るまで、1万円払い続けたいと思いますので。(ガチャ・・・)。

(町山智浩)本当なんだ。

(宇多丸)・・・リーリーリーリー!

(町山智浩)あっ、一発で!(笑)。

(宇多丸)『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』。リーリーリーリー!

(町山智浩)これ、ちょっとガチャの中、全部『進撃の巨人』じゃないの!?

(宇多丸)違います!違います!けってーい!やったー!

(町山智浩)おかしいじゃん、一発で出んの!おかしいよ、これ!

(宇多丸)おかしくない。おかしくない。

(町山智浩)あ、本当だ。他のも入ってる。

(宇多丸)他のも入ってますよ。

(町山智浩)『キングスマン』とか、いいのに。いい映画なのにね。

町山智浩『キングズマン ザ・シークレットサービス』を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、『キック・アス』の製作陣の最新作『キングズマン ザ・シークレットサービス』を紹介していました。 キック・アス製作陣の最新作...

(宇多丸)(笑)。そんなこと言わない!

(町山智浩)『キングスマン』、いい映画なのにな。

(宇多丸)『キングスマン』、まだ見てないんですから。ちょっと。まあでも、後篇は後篇でほら、謎解きとかもあるでしょうからね。

(町山智浩)いやー、『キングスマン』の方がよかったな。うん。

(宇多丸)(笑)。なんですか?それ。

(町山智浩)『アントマン』の方がよかったな。

(宇多丸)いやいやいや、そんなことないですよ。はい。ということで、せっかく町山さんも来ていただきましたので、ちょうど当たりました。『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』、来週やりたいと思います。この映画を見たというリスナーのみなさまからの感想メールをお待ちしております。また、私に見てほしいという映画も募集中です。メールが採用された方には、現金2千円をプレゼントいたします。ちょっと時間があるので。あれですよね。明日、したまちコメディ映画祭?

したまちコメディ映画祭『グリーン・インフェルノ』

(町山智浩)そうなんですよ。『グリーン・インフェルノ』。

町山智浩 イーライ・ロス『グリーン・インフェルノ』を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、映画秘宝まつりで上映されるイーライ・ロス監督の最新映画『グリーン・インフェルノ』を紹介していました。 (赤江珠緒)さあ...

(宇多丸)ねえ。ほら、いま『食人族』が、ソフト発売中止とか。

(町山智浩)えっ?そうなの?

(宇多丸)ブルーレイの発売がね、中止になっちゃったりして。いま、それが・・・

(古川耕)結局、それまた発売される・・・

(宇多丸)あ、発売になったんだ。そうなんだ。じゃあ、よかった。

(町山智浩)なにが問題なの?食人族の。

(宇多丸)いや、なんかあれじゃない?亀食うところとかじゃない?

(町山智浩)亀、食ってんじゃん。日本人。すっぽん屋に行って、亀食ってるじゃん。なにが問題あんの?

(宇多丸)ねえ。なんかいまさら感が。

(町山智浩)ねえ。亀みたいなもんくわえてる人もいっぱいいるじゃんね。

(宇多丸)(笑)。それは、比喩的には食べるっていいますけど。

(町山智浩)そうか。噛むな!っていうね(笑)。

(宇多丸)町山さんが元気になって、本当によかった!明日、そうか。したコメはちょっと、ソールドアウトですもんね。

(町山智浩)『グリーン・インフェルノ』はね。はい。まあ、しょうがないですけど。あれ、でも公開されると思いますけどね。

(宇多丸)11月でしたっけね?

(町山智浩)これからはもう、バケモノが人を食う映画ばっかりですよ。もう(笑)。そんなのばっかり見てる気がしましが(笑)。

(宇多丸)はい。町山さん、ありがとうございました。

(町山智浩)はい。どうもでした。

(宇多丸)以上、誰が映画を見張るのか?週間映画時評ムービーウォッチメンのコーナーでした。

<書き起こしおわり>
宇多丸 『実写版 進撃の巨人 後篇』を語る
ライムスター宇多丸さんがTBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』の中で『実写版 進撃の巨人 後篇』について映画評論していました。 樋口真嗣監修・地上波ではOAできない禁断の<...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事