スポンサーリンク

オードリー若林が語る ミレニアムズ K DUB SHINEとの共演裏話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

オードリー若林さんがニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で、ミレニアムズのラップコーナーでK DUB SHINEさんと共演した際の裏話をしていました。

スポンサーリンク

中川パラダイスの狂気

(若林正恭)本当にヤバいからな。パラちゃん(ウーマンラッシュアワー 中川パラダイス)って。

(春日俊彰)思想がヤバいからね(笑)。

(若林正恭)本っ当にヤバいよな。久しぶりに。本当にヤバいやつだよね。ミレニアムズでパラちゃんだけだよね。本当にヤバいやつ。だって、瀧上もマトモじゃん。ネタとかの話、する時に。

(春日俊彰)まあ、そうだね。

(若林正恭)で、塙くんだって、超真面目だし。パラちゃんだけだよ。本当のイカれてるやつ(笑)。

(春日俊彰)(笑)。いや、そうだよね。本当だよ。

(若林正恭)この間さ、ちょっとカットされてたんだけど。K DUB SHINEさんっていうさ、キングギドラっていうZEEBRAさんがさ、一緒にやっていた、もうラップファンの中では伝説的な人よ。もう。

(春日俊彰)へー。

(若林正恭)本当に。日本語ラップの超レジェンドよ。が、ラップのコーナー来てくれて。で、最初ね、俺もパラちゃんもケーダブさんをなんかこう、軽んじるというか。イジるような設定だったから。『いや、ちょっとこれ無理です!』って俺、言って。

(春日俊彰)うんうんうん。

(若林正恭)『俺、テイでも出来ないっす』っつって。すごいと思っちゃっているから。『これ、ちょっと出来ないっすね』みたいな。で、俺ツッコミでさ。で、パラがさ、本当に・・・まあ正直、本当にパラちゃん、あんまり知らなかったから。ケーダブさんのことを。

(春日俊彰)ほうほう。

(若林正恭)で、『そのままで行こうよ』っつって。で、パラにね、『パラちゃん、あのね、本当にラップファンって熱いから、ある程度で頼むよ』って。パラちゃんにお願いしてたんだけど。そしたら、まあエチュードみたいに撮ったから。始まったらさ、『オイ、入れよ!』みたいに言っていて。ケーダブさんに(笑)。で、俺、大丈夫か?と思って。

(春日俊彰)うんうんうん。

(若林正恭)で、結構カットされてたんだけど。『なにチンタラ靴脱いでんだよ!?』っつって。なんか、ケツとか蹴るのよ。

(春日俊彰)(爆笑)

(若林正恭)『ちょっ、パラちゃん!』って。で、渋谷の本当のワルだった人とかだから。まあまあまあ、とりあえず大人だから、怒ることはないだろうけど。それは・・・ってことをすんのよ。ケツとか蹴ってるのよ。『入れよ!』って。

(春日俊彰)すごいね。知らないにしても、すごいよね。

(若林正恭)そう。で、46才なのね。ケーダブさん。で、座って、『ケーダブさんじゃないっすか!』みたいなことを俺がやっていたら、パラちゃんが横で、ケーダブさんの耳元でずーっと、『よんじゅうろーく、よんじゅうろーく、よんじゅうろーく・・・』って。『お前!年齢だけを言うなよ!お前!』っつって。俺(笑)。

(春日俊彰)(笑)。いやいやいや・・・

(若林正恭)イカれてんだよ。あいつ(笑)。

(春日俊彰)なんなんだろうね?どういう思考回路というかね。

(若林正恭)好きだなー。

(春日俊彰)変な男だよね。

(若林正恭)変な男だよな。

(春日俊彰)変な男・・・そのさ、前、ピーターさんところ行ったって言ったじゃん。パーティーで。で、話したじゃん。あん時、話さなかったけどずーっと、まあいろんな人がいて。ミッツさんがいたのよ。私の隣でパラちゃんずっと、『ミッツさん、イケるんちゃいますか?』って。

(若林正恭)(爆笑)

(春日俊彰)『いやいや、イケるってどういうこと?』『いやー、ミッツさん、キレイっすねー。イケるんちゃいますかね?』って。ずーっとミッツさん、行こうとしてたからね(笑)。いや、もうマジでよ。ボケとかじゃなくて。すごいな!って(笑)。『すごいっていうか、そうなる!?』って言って。

(中略)

(若林正恭)あのさ、パラちゃんの話でさ。そのケーダブさんのね・・・まあまあパラちゃん、ほら。吉本で揉まれているから、回ってないところの礼儀はすごいちゃんとしてるんだけど。

(春日俊彰)うんうん。

(若林正恭)あのね、で、スケボーとかのシーンとか、ラップの時に撮るんだけど。まあ、ちょっとだけやっていたから。高校生の時にさ。普通に滑ることはできるじゃない。で、やっていたらさ、本当にハーフパイプのさ、『若林さん、ハーフパイプ、イケるんちゃいます?』って。『いや、行けないわ!』っつって。『いや、1回だけ見してもろていいですか?』って。『いや、マジで無理なんだよ。こんな、俺、足折っちゃうよ』っつったら、『いや、そんだけ滑れたら、イケるんちゃいますか?』みたいな。

(春日俊彰)うんうん。

(若林正恭)で、なんか自分で勝手にバーッて滑っていって、えっらいコケ方してさ(笑)。

(春日俊彰)(笑)

(若林正恭)ちょっと変だよね。

(春日俊彰)変だね(笑)。

(若林正恭)でも俺さ、ケーダブさんのこと、すごい尊敬しててさ。やっぱりもう、いろんなことを聞いちゃうのよ。昔のCDのこととか。若い時の渋谷での武勇伝とか。あん時、ああでしたみたいな。で、いまのラッパーってどうですか?とか。で、すごい楽しくて。で、まあケーダブさんの話をいっぱい聞いてたら、氏原が偽物だってだんだんわかってきたの。

(春日俊彰)(笑)。あ、そんなに違うもん?

(若林正恭)うん。

(春日俊彰)そんなに違う?

(若林正恭)なんか、あいつなんかムカつくんだよね。最近。

(春日俊彰)(笑)。なにが?

(若林正恭)なんかミレニアムズのラップの歌詞とかにあいつが入っててさ。で、あいつが1回起こして送ってきて。手直しして送ってきて、みたいなやり取りしてるんだけど。で、俺が『こういうことってどうなの?』みたいな。歌詞について提案をするとね、『ヒップホップ的には有りです』みたいな文面で送ってくるのよ。

(春日俊彰)ふんふん。

(若林正恭)でもさ、漫才師がさ、100人いたらさ、100人の漫才観があるわけじゃん。それぞれぜんぜん違うわけじゃない。で、それぞれが尊重しあっていいじゃない。だからさ、氏原もラッパーだったけど、100人のラッパーさんがいたら、きっと100人のラップ観があるわけでしょ?だからなに、オメーがバイブルみたいに言ってんだよ?ってだんだん溜まってきて。いま。

(春日俊彰)(笑)

(若林正恭)だからいつか言ってやろうと思ってて。

(春日俊彰)そんなヒップホップ全部知ってますみたいな?

(若林正恭)そうそうそう。『その韻の踏み方はないです』みたいな。『うっせーな、こいつ!』って思って。だからフェイクの可能性、あるよ。あいつ。

(春日俊彰)ここに来て?

(若林正恭)それで、ケーダブさんに氏原が言っていたから、『いまってこうなんですか?』って聞いたら・・・なんかね、氏原が言うには、単語で終わるラップっていうの、春日さんも多分聞いたことがある。たとえば、『・・・状況』とか。『・・・感情』とか。なんかそんなイメージ、あるでしょ?

(春日俊彰)ラップっていえば、そんな感じ。

(若林正恭)でもいまは、そうじゃないんだって言うんだ。氏原は。『○○したい』とか、口語で韻を踏むのが新しくて。だから俺も、春日のディスラップ、このラジオで作った時に、『その韻の踏み方はちょっと前の時代なんです』みたいな。で、『口語で韻を踏むんだ、最近は』って思うじゃん?

(春日俊彰)うん。

(若林正恭)で、ケーダブさんに『口語で踏む時代なんすね』っつったら、『いや、でも・・・いや、いろんな人がいますよね』っていう。

(春日俊彰)(爆笑)

(若林正恭)いや、絶対そうじゃん。だって。そりゃあさ、漫才だってスローテンポ、ハイテンポ。ハイテンポの時代っつったって、ハイテンポの時代だからこそ、スローテンポがある。だから、口語の時代だったから、熟語で踏む人も現れるはずなわけよ。こんなエンターテイメント全部が。

(春日俊彰)うん。

(若林正恭)だから氏原、あやしいなと思って。

(春日俊彰)そうだね。その氏原の言い方だと、いまは口語の流れというか。だいたいみんな、そういう風にやっていますってことでしょ?

(若林正恭)そう。で、すっげー口語で送ってくるのよ。で、最初ね。いまは違うの。したらなんか、『いや、韻を踏むのがラップだって一般の人は思うから・・・』みたいな話してて。まあまあ、本当かわいいやつですけどね(笑)。

(春日俊彰)(笑)。そういった意味でもね。うん。かわいがってあげてよ。

(若林正恭)(笑)

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事