スポンサーリンク

髙橋ひかる オードリーの聖地キサラ&むつみ荘ロケを語る

髙橋ひかる オードリーの聖地キサラ&むつみ荘ロケを語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

髙橋ひかるさんが2020年9月12日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』に出演。オードリーの聖地、そっくり館キサラやむつみ荘でロケをした件について、オードリーのお二人と話していました。

(若林正恭)だってあのキサラにロケに行く時も興奮してたもんね。あれ、『スクール革命!』から「ひかるちゃん、ロケ行ってくれない?」っていう話が来たわけでしょう。まず。

(髙橋ひかる)まず私、その時に秋葉原にいたんですよ。

(若林正恭)「秋葉原にいた」?

(髙橋ひかる)秋葉原で立っていたんですよ(笑)。

(春日俊彰)なんだよ、それ!

(髙橋ひかる)ガンプラを買いに行ったんですよ。最近、ちょっとハマっているんですけども。そのガンプラを買いにラジオ会館っていうところに行こうとして(笑)。

(若林正恭)じゃあ、本当に秋葉原のところじゃない?(笑)。

(春日俊彰)駅のところでしょう?

(髙橋ひかる)そうです。よく値引きしているんで。

(若林正恭)それも1人で行くわけ?

(髙橋ひかる)1人で行ってますね。それで電話がかかってきて。マネージャーさんから。それで「こういう話が来てるけど、どうする?」ってなって。私、声が出なくて。でもちょっと、「やらせてもらえるなら……」っていうことで受けさせてもらったんですけども。

(若林正恭)それでキサラのロケでビトタケシさんが出てきて。泣いていたもんね(笑)。

(髙橋ひかる)そうなんですよ。もうめっちゃ嬉しくって。本当に来てくださるなんて思わなくて(笑)。

(若林正恭)それでビトさんも泣いているっていう(笑)。

(髙橋ひかる)嬉しかったです!

(春日俊彰)スタッフさんも不思議な顔したんじゃない? 2人とも泣いているって。

ビトタケシに会って泣く

(髙橋ひかる)それで移動中とかに「なんでハマったんですか」みたいなことを聞いてくださるんですけど。ちょっとたまにクスクス笑われるっていうのが……(笑)。

(若林正恭)そうだよね。テンションも高いだろうしね。

(髙橋ひかる)それがなかなか伝わらなくて。その時もあの『一年史』とか持ち歩きながら……。

(若林正恭)『一年史』って……(笑)。

(春日俊彰)だから1年目に出したやつだよ。1年後に。だから10年ぐらい前でしょう?

(若林正恭)「昔はこういうことをしゃべっていたんだ」みたいな?

(髙橋ひかる)そうです。それを移動中、読みながら。「わー、テンション上がる!」って思って(笑)。

(若林正恭)それでキサラに行って……ダメだよ。あんなバー秀に「帽子、かぶらせてください」とか言ったら。絶対かぶらない方がいいよ。汚い帽子だよ、あんなの。

(髙橋ひかる)「かぶる?」って言ってくださってんで。「じゃあ、かぶらせてください」って(笑)。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ! すごいね。ノリがね。カレーも食べて再現してみようって昨日、YouTubeでやっていたんでしょう?

(髙橋ひかる)すごい美味しかったです。さすが、春日さんが言うだけあるなと思って。

(春日俊彰)じゃあ、再現ができたの?

(髙橋ひかる)どうでしょうかね? たぶんできた……いやいや、できてはないですけど。なんか近しいものができたかなっていう感じで。

(若林正恭)料理もすごいするしね。

(髙橋ひかる)そうですね。料理も好きなんで。

(若林正恭)でも、むつみ荘ではやっぱりちょっと早口になってたじゃない? やっぱりちょっとテンションが上がるから?

(髙橋ひかる)いやー、むつみ荘はでもちょっと改造されてたりもしたので。想像以上にきれいになってるな。トイレとかも……。

(若林正恭)そうだよね。だから写真とかで見たことがあるってこと?

(髙橋ひかる)そうなんですよ。あっ、あっ、そう!

(春日俊彰)立ち上がっちゃったよ(笑)。

(髙橋ひかる)そうなんですよ。座布団とかもそのまま置いてあったりして。

(若林正恭)あれも、そう。俺、びっくりした。よく知っているなって。

(髙橋ひかる)写真で見ていたりしたので。「うわっ、ここでトークをされていたんだ!」っていうのも見て。

むつみ荘でテンションが上がる

(若林正恭)言っていたもんね。「S席とA席」って。俺も忘れているもん。だって(笑)。

(髙橋ひかる)やっぱり読んでいたので。いろいろと調べていたりもしたので。「これか!」って思ってテンションが上ってしまって(笑)。嬉しかったです。

(春日俊彰)いやー、すごかったよね。三浦が引いていたもんね(笑)。

(髙橋ひかる)アハハハハハハハハッ!

(若林正恭)三浦が知らないからね(笑)。

(髙橋ひかる)本当に申し訳なかったです。テンションが上ってしまって(笑)。

(春日俊彰)いやー、ありがたいよね。

(若林正恭)ありがたいよね。本当にね。で、そのラジオも聞いて。そのガンプラも作っているの?

(髙橋ひかる)そうですね。ガンプラ……何で作りたくなったのか、それもよくわからないんですけども。

(春日俊彰)それもきっかけ、よくわかんないの?

(髙橋ひかる)フフフ、なんかよくわかんないんですよ。自分でも自分を把握しきれていないので。

(春日俊彰)でもプラモデルなんてはっきりとしたきっかけがないと……。

(髙橋ひかる)でも、『ケロロ軍曹』が好きだったんですよ。『ケロロ軍曹』っていうアニメがあって。そのケロロ軍曹がずっとガンプラを組み立てているっていうのもあって。ちょっとそういう興味があったっていうのもあるんですけど。

(若林正恭)なるほど。そういうところから入っていくから。一番最初ってどこだっけな、みたいになるのか。

(髙橋ひかる)そうなんですよ。よくわかんなくなっていくみたいな。

(若林正恭)へー!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました