スポンサーリンク

吉田豪・プチ鹿島 佐村河内守謝罪記者会見について語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

吉田豪さんとプチ鹿島さんがニッポン放送『プチ鹿島長野美郷GoodJobニッポン』の中で、謝罪会見を行った佐村河内守さんについて語り合っていました。

CHOPIN (ショパン) 2013年 11月号 [雑誌]

(プチ鹿島)さあ、今日はですね、一応番組からは『豪さんとミュージシャン』という無茶ぶりテーマが出てるんですけども。まあ、ミュージシャンといえば今日ね。改めてまた佐村河内さんが出てきましたけど。あれ、ご覧になってどうでした?豪さん。

(吉田豪)見てましたよ!もちろん(笑)。もちろん、見てましたよ。

(プチ鹿島)ねえ。最高だったですよね。

(吉田豪)すごかったですね。まさか、あのね、まさか新たな流れができるとは!っていうね。新たな抗争が始まるっていう。

(プチ鹿島)抗争ですよね。

(吉田豪)新垣ディス(笑)。

(プチ鹿島)だから最初、ちょっと謝ってるふりしてからの、新垣ディスが始まっちゃって。

(吉田豪)すごかったですね。いちばん喜んでるの、文春のはずですよ。

(プチ鹿島)そうですよね(笑)。

(吉田豪)もう、シリーズ何回目かで。もうこのまま沈静化か?と思ったところで、来た!っていう(笑)。

(プチ鹿島)うん。あれはね・・・

(長野美郷)ちょっとびっくりしました。

(吉田豪)『あいつ、嘘ばっかりついてる!』っていうね(笑)。

(プチ鹿島)そうそうそう。見逃せない2人ですよ。やっぱり。バディものですよね。ただ、豪さんもtwitterで言ってたけど。その、プロレスファンとかじゃない人が、『プロレスデビューで、吉田豪とか面白がりそうだな』って。

(吉田豪)すっごい萎えるんですよ。

(プチ鹿島)ないじゃないですか!

(吉田豪)ターザン山本っていう人がやってますけどね。『悪役になればいい!』みたいな。もう、そういうことを言われると、シュンとしちゃいますよね。

(長野美郷)えっ、なんでですか?

(プチ鹿島)だから僕らはプロレスをそれなりにちゃんと見てきた心得があるんですよ。それからすると、『いやいやいや、それはNGワードだから・・・』っていう。そんなアングル、安いから。

(吉田豪)『ほら、面白いでしょ?こういうの、どう?』って言われると・・・

(長野美郷)あ、気軽にされると・・・

(吉田豪)気軽にされるっていうか、やるんだったらもっとトコトン作りこまなきゃダメだろうし。

(プチ鹿島)そうそう。だからビックリするのが、いまレベルが低いから、それを簡単にやっちゃう可能性もあるかもしれないんだけど。やっぱりずっと見ているファンからすると、これでプロレスデビューだろ?っていうのをたやすく言うのは、僕はちょっと乗れないんです。

(吉田豪)まあ、最近のビッグダディ的な扱いにされるってことですよね。食傷気味になるっていう(笑)。

(プチ鹿島)そうなんですよ。まあ、ここ2人しかわからない、微妙なプロレスファンの心を言いましたけど。

(長野美郷)ちょっといま・・・ちょっと勉強します。

<書き起こしおわり>

徹底取材第3弾 佐村河内守の「嘘」【文春e-Books】
文藝春秋 (2014-02-27)
売り上げランキング: 132

徹底取材第2弾 佐村河内守の「正体」【文春e-Books】
文藝春秋 (2014-02-20)
売り上げランキング: 243

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事