スポンサーリンク

吉田豪 森下恵理=Eri=Nobori Eri楽曲特集

吉田豪 森下恵理・Nobori Eri楽曲特集 bayfm with you
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪さんがbayfm『with you』で元アイドル・森下恵理さんについて特集。引退・再デビュー後のEri、Nobori Eri時代の楽曲も含め、紹介していました。

(松本ともこ)本日の特集は何でしょうか?

(吉田豪)はい。ニューアルバム発売記念。いまも現役の元アイドル、森下恵理=Nobori Eri特集。

(松本ともこ)んん?これ、いま聞こえてきているのは?

(吉田豪)はい。森下恵理さんの『サマータイム・グラフィティ』という超名曲ですね。これね。

(松本ともこ)森下恵理さん?さっき、ルックスを見てみんなで『ああ、わかる!わかる!』と言いながら、曲をパッと誰も歌えなかったという。

(吉田豪)ショートカットのね。ええと、85年デビューですかね。ちなみにこれ、流れているのが湯川れい子さん作詞で、加藤和彦さん作曲というね。

(松本ともこ)うわっ、素晴らしいコンビですね。で、これは売れたんですか?

(吉田豪)ええとですね、これが4枚目のシングルですね。

(松本ともこ)ベストテンとかに入る感じではなかった?

(吉田豪)うーん。そうですね。事務所もそんなに大きくなかったしって感じなんですけど。

(松本ともこ)でもすっごいかわいい声。

(吉田豪)いや、もともと、西城秀樹の妹コンテスト、あったじゃないですか。あれで石川秀美に敗れたんですが準優勝で。それきっかけでスカウトされて、85年に加藤和彦さんプロデュースのシングル『ブルージン・ボーイ!』でデビューして。デビュー・アルバム『ボーイ・フレンド』っていうのも加藤和彦さんプロデュースで。安井かずみ、竹内まりや、鈴木茂、呉田軽穂、松尾清憲参加っていうね。すごい豪華な。

(松本ともこ)すごーい!

(吉田豪)で、笑福亭鶴瓶さん司会の『歌謡びんびんハウス』のアシスタントとかでも活躍してた人なんですが。実はその後も地道に活動していて。そういうのも含めて紹介しようかなという感じです。

(松本ともこ)吉田豪的には85年時点から『かわいいな』とか『いい曲だな』っていう?それとも、後で?

(吉田豪)いや、『いい曲だな』っていうのは1曲、ものすごい好きなのがあって。でも、当時それほど知識がないじゃないですか。で、後で知ったら、『ああ、なるほど。こういう人たちが作っていたんだ』っていうのがわかったっていう。

(松本ともこ)『あ、好きなの、これだったわ』みたいな?へー。インタビューとかしたこと、あるんですか?

(吉田豪)ぜんぜん接点ないですよ。

(松本ともこ)ないんだ。

(吉田豪)Twitterもやっているの、昨日知って。昨日フォローしたぐらいで(笑)。

(松本ともこ)へー!フォローしよう!

(吉田豪)それぐらいの接点ですけど。

(松本ともこ)森下恵理こと、Nobori Eriなんですか?

(吉田豪)現在、Nobori Eri名義で。

(松本ともこ)現在はNobori Eri名義なんですね。わかりました。

(吉田豪)そんなわけで、曲を聞いてみましょうね。僕の、森下恵理名義でいちばん好きな曲です。森下恵理で『Hey ! Baby』。

スポンサーリンク

森下恵理『Hey ! Baby』

(松本ともこ)これが好きだった。

(吉田豪)めちゃくちゃいいですよね。

(松本ともこ)『Hey ! Baby』。

(吉田豪)実に竹内まりや節な。竹内まりや作詞作曲。鈴木茂編曲ですね。

(松本ともこ)途中でまりやさんの声が聞こえてきたから(笑)。

(吉田豪)聞こえますよね。あの、初期岡田有希子感もあるような。めっちゃくちゃいい曲で。で、これが3枚目のシングルで。この路線で行くのかな?と思ったんですけど、5作目からもういきなり自作曲を歌うようになり。

(松本ともこ)自分で?

(吉田豪)自分で作ってるんですよ。

(松本ともこ)へー!

(吉田豪)で、セカンドはだからちょっと方向が変わって。まあでも、ちょっと正直、地味になったなっていう感じもあって。アルバム2枚、シングル6枚で引退。89年に結婚・出産というかなりスピーディーな感じで辞めていくんですが。

(松本ともこ)はい。

(吉田豪)これ、最近ブログで書いていたんですけど。彼女が。もともと、なんか芸能界とか入る気も何もなくて。親の離婚による経済的な問題でバレエを辞めて落ち込んでいて。夢中になれることを探していた時に、秀樹の妹オーディションで。札幌から東京にタダで行けることに味をしめて、たくさんオーディションを受け・・・

(松本ともこ)なるほど。

(吉田豪)そんな時にデビューの話が決まって。する気がなかったんだけど、母親が『芸能界に入ってくれなかったら、お母さん、死ぬわ』とか。『お母さん、ガンなの。だから一目、芸能人になったお前を見せて』とか言われて、デビューに同意。

(松本ともこ)はい。

(吉田豪)でも『多分、私、芸能界に売られた』っていう。当時の事務所の社長が『お前の母親に30万バンス(前貸し)したから、給料から天引きしますね』って言われて。ホームシックになってお母さんに電話かけても、名前を間違えられたとか。まあ、そういう大変なことがあったらしいんですけど。

(松本ともこ)そんなことが?まだ、若いティーン・エイジャーの頃に。

(吉田豪)そんな中で結婚&出産するわけですが。結婚・出産も大変だったっぽいんですけど。芸能界に馴染めなくて、子育てして。結婚して。すごい壮絶な結婚生活を送って、結局破局。

(松本ともこ)破局?

(吉田豪)女手ひとつで息子を育てて。でも、そんな頃に実はEriっていう名前でソロデビューするんですよ。

(松本ともこ)音楽が?音楽が、やっぱりやり続けたんだ。

(吉田豪)96年5月にEri名義でトイズ・ファクトリーから『強くなれる』で再デビューして。この路線もまた実にいいんですよ。自作曲の路線で。今度、アレンジもプロデュースも自ら担当。

(松本ともこ)すごいですね!

(吉田豪)作詞作曲のみならず。で、アレンジのセンスもすごいある人だってことがこれでわかる。

(松本ともこ)ちょっといま聞いた『Hey ! Baby』からいまちょっと話を聞き、このあとEriに。

(吉田豪)アイドル時代も素晴らしいんですが、その後もいいですということ聞いてみましょう。Eriで『ゴー・トゥ・サマータイム』。

スポンサーリンク

Eri『ゴー・トゥ・サマータイム』


※動画23:50からスタートします

(松本ともこ)今日はあれですね。ちゃんとこのコーナー、最初から聞いてないと、ストーリーがね。ここでいま、Eriだから。『ゴー・トゥ・サマータイム』。

(吉田豪)再デビュー。ちなみに森下恵理さんは1967年生まれの現在48才ですね。はい。そしてこのソロデビューして。本当、アレンジが。曲もいいですけど、アレンジがすごい良くできてるじゃないですか。

(松本ともこ)いろんな音楽、きっと自分で聞いてきて。影響されているものがたくさんあり。

(吉田豪)根がビートルズな感じがしますけどね。で、その後はEL-MALOのアイゴンさんのプロデュースでアルバムをリリースしたりとか。そこにニール・アンド・イライザの堀江博久さんとかも参加したりとか。もう、かなり凝った方向に行き。99年12月発売のEri名義としては5枚目でラストアルバムとなった『spend』というアルバムがあるんですが。その中の曲を1曲、聞いてください。Eriで『elsa』。

スポンサーリンク

Eri『elsa』

(松本ともこ)ちょっと1回ね、聞いただけだとこの曲の中の詞の世界が全部はわからないんだけど。それでも『自分で書いてます!』っていう感じですね。

(吉田豪)そうですね。

(松本ともこ)これ、Eri名義で『elsa』。

(吉田豪)そうです。Eri名義のラストアルバムになって。その後、2000年にバンドを結成したりしながらも、まあ、正直活動としてはもうほぼないような状態になったんですが。再びまた再デビューっていうか、再起するんですよ。

(松本ともこ)再起する。

(吉田豪)これがまた、本人のブログによると、女手ひとつで息子さんを育てて。やっと息子が独り立ちして好きなことをやろうと思ったら、鬱になって、みたいな感じで。

(松本ともこ)ええっ?なんか逆に、ずっと一緒にやってきて、時間ができたらそうなっちゃった?

(吉田豪)そうなんですよ。で、それを乗り越えつつある頃。2013年にNobori Eri名義で最初のアルバムを出して。実は、今年の10月4日にNobori Eri名義のセカンド・アルバムが出たと。

(松本ともこ)そこでNobori Eri。

(吉田豪)ということで、紹介したいなというタイミングだったんですね。

(松本ともこ)そこでNobori Eriという名前がやっと出てきました。

(吉田豪)しかも、それがAmazonで注文してたのに届かないから、ラジオに間に合わないんで、昨日、タワレコで買い直しましたよ(笑)。

(松本ともこ)(笑)

(吉田豪)2枚買いました。

(松本ともこ)ちょっと、なんで届かないのかしら?よくわからない。

(吉田豪)1週間ぐらいかかる感じですね。

(松本ともこ)Nobori Eriさん、これせっかく買っても、ジャケットが。写真が素敵なルックスが、ぜんぜん出てない?アーティスティックな。

(吉田豪)ないんですが。『Happy Ending Story』というニューアルバムが、実はこれ、Eri名義の初期作品を手がけた森達彦さんっていう人が全面的にバックアップしてて。まあ、この人ちなみに僕の好きな仕事で言うと、カヒミ・カリィの『mike alway’s diary』の口笛を吹いていた人ですね。

(松本ともこ)すごい、細かい(笑)。細かすぎて(笑)。

(吉田豪)で、高浪慶太郎さんとかいろんな人が参加してるんですが。星野みちるのプロデュースも手がけている佐藤清喜さんも参加してて。その人の参加曲がよかったんで。ちょっと聞きましょう。

(松本ともこ)はい。では、Nobori Eri。アルバムタイトルは?

(吉田豪)『Happy Ending Story』から『Love Letter』。

スポンサーリンク

Nobori Eri『Love Letter』

(松本ともこ)やっぱりこのNobori Eri名義の『Love Letter』を聞くと、最初の彼女がアイドル時代だった『Hey ! Baby』でも、声がかわいいっていうのがわかるから。私はEri名義の『elsa』よりもこっちの世界の方が好きだな。でも、ライブではやってルンですか?

(吉田豪)ライブもね、やっているみたいで。1回、見たいんですけど。

(松本ともこ)こんな特集されているって、びっくりしちゃうんじゃない?Eriさん。

(吉田豪)ねえ。

(松本ともこ)だって、会ったことないし。

(吉田豪)ないですよ。初期曲もライブでやっているみたいなんでね、ぜひ見たいもんですけど。

(松本ともこ)いや、もしあれだったら、なんかつながって。どんな感じかインタビューするっていう・・・

(吉田豪)まあね、こっそり隠れてライブに行けたら行きますという。

(松本ともこ)いやー、目立つからこっそりは無理だと思うけど。

(吉田豪)(笑)。意外とバレないですよ。帽子をかぶってメガネかけて行くと、意外とバレないですよ。

(松本ともこ)本当?いまでも?まあ、そのまま海浜幕張にいるとね、もうそろそろ、そのままじゃいられないと思いますけどね。吉田豪は。

(吉田豪)まあ、帽子かぶってない時に、たしかに握手を求められたりしますよ。駅とかで(笑)。

(松本ともこ)いやー、Nobori Eriさん。今日はちょっと順序立ててご紹介したので、びっくりしましたけど。吉田豪的には、もちろん最初のね、85年の時代が好きっていうのもあるけど。いまはどうなの?

(吉田豪)初期も大好きですけど、ニューアルバムもいいんですよ。

(松本ともこ)いいんだ。このちょっとさ、メッセージがどこに向かっているのか。曲、詞を見てないからちょっとわかんないんだけど。どんな感じなんだろうね?音楽をやり続ける彼女。ねえ。なかなか興味深いですよ。名義が変わってるので、みなさん、Eriだけじゃわからないと思いますのでね。ブログもあるということですから。森下恵理さんで。

(吉田豪)タワーレコードでもね、新譜なのに棚にささっただけでね、ぜんぜん面だし展開されてなかったですからね。

(松本ともこ)そうだよね。どういう人か、なかなか見えてこないからね。

(吉田豪)わかんないでしょうね。Nobori Eriが誰だかわからないまま、棚にさしていると思うんで。

(松本ともこ)そうだよね。Nobori Eri。だから私たちの中で、すっごい駆け足だけど人生知っちゃった気がして。すごく、ご本人に会いたい気持ちです。

(吉田豪)はい。

(松本ともこ)デイリー with you。今日はそういうわけでNobori Eriまでたどり着きました。吉田豪さん、特集、次回は10月28日になりますので、次回もよろしくお願いします。吉田豪さんでした。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました