スポンサーリンク

吉田豪とバンドじゃないもん!みさこ 養子と里親を語る

吉田豪とバンドじゃないもん!みさこ 養子と里親を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

神聖かまってちゃん、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIのみさこさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。養子や里親について、吉田豪さんと話していました。

(吉田豪)ああー(笑)。結婚する気、全然ないじゃないですか(笑)。

(みさこ)フフフ、したいよー(笑)。したいのはもう1個、理由があって。基本的にはいまやりたいことをみんなやるべきだとすごい思っているし、言っているんですけども。80歳の時に私が孫をほしかったらどうしよう?って思うんですよね。

(吉田豪)もういまさら取り返しがつかないタイミングで。

(みさこ)そうなんですよ。っていう風に考えたらちょっと、その時の責任をいま負い始めなきゃいけないのか?って思って。フフフ。(コメントを見て)そう。わかりづらい(笑)。

(吉田豪)なんかね、養子をもらうのでもいいかみたいな話をね。

(みさこ)ああ、そう。養子についてもずっとすごい調べていて。

(吉田豪)調べているんですね。

(みさこ)やっぱり家族がほしい欲っていうのが結構あって。

(吉田豪)古泉智浩先生のあれは読みました?

(みさこ)ええっ?

(吉田豪)漫画家の古泉智浩先生が子供ができなかったんで、いま2人もらって育てていて。

スポンサーリンク

古泉智浩『うちの子になりなよ』

うちの子になりなよ ある漫画家の里親入門
古泉智浩
イースト・プレス (2015-11-15)
売り上げランキング: 49,179

(みさこ)ああ、そう。やっぱり赤ちゃんとかって大人気なんですよ。養子とか里親とかで、子供をほしい親よりも親がほしい子供の方が少ないぐらいです。っていう風になったら、独身で私がこのまま進んでも、相当条件が悪い。結婚ぐらいしないと養子すらもらえないんですよ(笑)。

(吉田豪)そんな気がします。育てる環境がちゃんとあって、収入があって。ツアーでしょっちゅう飛び回っていますとかだとなかなか難しい。

(みさこ)なかなか厳しくて。だからせめて結婚をしないと養子すらもらえないということを考えると……(コメントを読む)「猫を飼おう」。そう。猫はいま一緒に住んでいるんですけど。同居人ちゃんの連れ子で猫と一緒に住んでいます。そうなんですよね。だから意外と家族を作るって難しいんですよ。でもいま、すごい結構、これはずっと前から話しているんですけども。将来、独身で晩年を迎えた仲間たちと村を作ろうって言っていて。

(吉田豪)それね、いろんな人が言うんですよ。たしかに。僕の周りだと小林清美先生っていう方とかいろんな人たちが。オタクとかとね、みんな独身の人たちで住もうって言うんだけど、果たしてその時まで独身で残っているのがどれぐらいいるのか?っていう。

(みさこ)で、その村の中で新たなロマンスが起きるかもしれないから、その人たちはどんどん卒業していってもらうんです。

(吉田豪)村で揉め事が起きる可能性が高いってよく言われていますよ。オタクを集めたらいけないとかよく言われていて(笑)。

(みさこ)フフフ、争いは起きるかもしれない(笑)。ルームシェアか、それよりも規模が大きくなったら村。みさこ村を作って、そこにみんなで猫とか犬とかと一緒に住んで……っていう。まあ、やっぱり死に際は誰かにいてほしいなっていう気持ちが結構デカいですね(笑)。

(吉田豪)そこで寂しくなりますよね。はいはい。

(みさこ)(コメントを見て)そうそう。自分たちで住む老人ホーム的なね。

(吉田豪)趣味が合いそうな人たちと。その漫画家の古泉智浩先生に僕がよく言われるのは、「吉田豪さんはね、お金があるから子供を5人ぐらい持てますよ! うちは2人ですけど、豪さんはもっともらえます! 絶対にやった方がいいですよ。人生、楽しくなります!」って会うたびにすごい言われるんですよ。

(みさこ)フフフ、それは……(笑)。

(吉田豪)「子供は作るべきだし、作らなくてももらうべきだ」ってことはすごい言われますね。

(みさこ)へー! そうなんですね。だからなんか、そう。結構、だから少子化って問題ですよね。そんなところまで余波が来ている。だから、予定になくて子供ができちゃった方とか、この世の中にはたぶんいっぱいいるけども。

(吉田豪)うん。育てる環境にもないというような。

(みさこ)あの、産んでいただいたら、その子をほしい人は死ぬほどいるっていうことは知ってほしいですね。

(吉田豪)なるほどね。

(みさこ)悩んで、たとえば妊娠して中絶をしてしまうということに対してものすごく罪の意識があるんだとしたら……。

(吉田豪)中絶をできない期間になっちゃったとかね。それで「もう死ななきゃ……」ぐらいに悩む人もいるだろうけども。

(みさこ)そう。それで悩むぐらいだったら、大喜びでその生まれた子を育てる人がこの世の中にはいるということはちょっと知ってほしいですね。

(吉田豪)むしろ人助けになる可能性もある。

(みさこ)そうなんですよ。もう赤ちゃんは大人気ですからね。私に至っては、別に全然もう、なんだったら小学校高学年とか、中学生ぐらいまで育った子でも一緒に楽しく、半分友達ぐらいな感じで家族になれたら楽しいなとは思うから。別に赤ちゃんにこだわりはないですけども。

(吉田豪)本気でいろいろと調べてるんですね。調べて、本気で行動をし……。

(みさこ)卵子の冷凍保存とか調べたり(笑)。あれ、高いんですよね。

(吉田豪)大変ですね……(笑)。

(みさこ)大変です(笑)。まあ、そんな感じで自分の人生を考えつつ、とりあえず恋活をがんばっている最中ではございます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました