小西康陽の作詞術『自分で作った曲の作詞はゼロ秒・推敲はしない』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

小西康陽さんがTBSラジオ『西寺郷太TAMAGO RADIO』にゲスト出演。西寺郷太さんが作詞家としての小西康陽さんに焦点を当て、その作詞術などについて掘り下げていきます。


(西寺郷太)はい、あのこのコーナー、だんだん進行していくんですけど。僕の好きな小西さんの曲。先ほど、『自分が作ったことにしたかった曲シリーズ』っていう、ちょっと大げさなあれですけど。まあ、この曲を僕が知ったのは大学生の頃だったんですけども。むしろオリジナルよりも、仲間たちというか。同じぐらいの大学生がカヴァーしてたんですよね。演奏を。それで『いい曲だな』と思ったのがそもそものきっかけだったんです。

(小西康陽)あ、本当に。

(西寺郷太)大学生の時代に。たくさん、それこそピチカート・ファイヴの曲っていうのは男性だったり女性のバンドマンがカヴァーしてまして。

(小西康陽)あ、そうですか。

(西寺郷太)はい。で、このヴァージョンも後で聞いたんですけど、非常に好きな曲なんで。1曲聞いていただきたいんですけど。僕が好きな曲。すごい悩んだんですけど、この曲に決めさせていただきました。ピチカート・ファイヴで、『夜をぶっとばせ』。



(西寺郷太)はい、ピチカート・ファイヴで、田島貴男さんが作曲。作詞が小西康陽さんの『夜をぶっとばせ』。Let’s Spend the Night Togetherというね、曲ですけども。最近、DJでよく。

(小西康陽)そうなんですよ。

(西寺郷太)めちゃくちゃかけられているって。さっき。

(小西康陽)あのね、家の中でレコード見つかったんで。

(西寺郷太)(笑)。アナログが。やった!と。アナログの7インチで、いつも。僕にも『ちゃんと作れ』っていつも言ってくれて。NONAのとかも出来ると届けて。

(小西康陽)ありがとうございます。去年は。

(西寺郷太)今度、また作るんで。僕の『Empty Heart』っていうソロシングル。

(小西康陽)あ、GOTOWN RECORDS(笑)。郷太に運がつきましたってやつですね(笑)。

(西寺郷太)(笑)。いい運がつけばいいんだけど。はい。でもこの、作詞家としての小西さん。先ほど話していたのは、作詞でほぼ悩まないと。

(小西康陽)そうですね。

(西寺郷太)あの、びっくりしたんですけど。

(小西康陽)うん。悩んだこと、ないです。田島くんの曲以外は(笑)。

(西寺郷太)田島さんの曲以外は悩んだことない(笑)。あ、そうですか。いま、『2日かかった』って。

(小西康陽)これ、2日かかった。

(西寺郷太)おっしゃって。『悩んだよ』っておっしゃってたんで。2日って悩んだうちに入んないぐらい。でもこの曲の歌詞もともかく、曲も歌唱も全体的に素晴らしいですけど。歌詞も素晴らしいと思うんですが、2日で時間かかったっていうのは、結構他の作詞家の方からすると珍しいんじゃないかなと思うんですけど。

(小西康陽)僕、自分でね、曲もつけている曲に関しては、作詞ゼロ秒ですよ。ほとんど(笑)。

(西寺郷太)ゼロ秒!?おお、もう最初から、同時に考えるってことですか?

(小西康陽)うん。ここ何年かの曲ってほとんど。逆にアレンジまで全部ドン!っておりてくる感じだから。

(西寺郷太)はいはいはい。じゃあさっきのNegiccoもそうだし。もう最初から、ゼロ秒。

(小西康陽)ゼロ秒。

(西寺郷太)こんなこと、『普通の人はCDなんてもう買わなくなった』。いわゆる、後からの推敲なんかも?

(小西康陽)もう、ほぼしないかな。

(西寺郷太)へー!面白い。でもそういうパターンの方がやっぱりいいものが書けるというか。変にちまちまこだわっているよりも、刀でスパン!と切っちゃった方がって。

(小西康陽)うん。Negiccoの時ね、覚えているのは、僕ベースラインだけはすごく練って。いろいろ凝ったのを作るんだけど。Negiccoの時はね、ベースライン、あえてこう、1回打ち込んだらそのままにしちゃって。あんまり凝ったベースラインにしちゃうと、そっちに耳が行っちゃうとイヤだなと思ったの。

(西寺郷太)言葉とメロディーに行ってほしいと。彼女たちのキャラクターに。

(小西康陽)そうそう。だからあの曲に関してはベースはすごいシンプルに作った。

(西寺郷太)なるほど!ゼロ秒ってちょっと・・・僕も結構、早いっちゃ早いんですけど、悩む時は。出たら、まさにゼロ秒なんすけど。悩んでいる時は結構あるんで。いまの話聞いて、僕もゼロ秒スタイルで出来るだけ(笑)。サササッて。いや、なんかプロットを思いつくまでに時間かかるっていうか。へー。じゃあ、逆にここは悩むよっていうところはあるんですか?作詞は悩まないとして。やっぱり、曲ですか?

(小西康陽)いちばん、やっぱり僕、基本的には才能ないからさ。

(西寺郷太)いやいや、そんなことないでしょ。

(小西康陽)アレンジとかはね。ほら、弦のアレンジとかさ、ホーンセクションのあれとか、時間がかかるかな。

(西寺郷太)まあでも、いままでの話をまとめると、タイトルを作ることがまず多いとおっしゃってましたよね。で、タイトル作って、ちょっと待って、全体的なビジョンが来たら、ポン!と歌詞までも出来て。で、最後。ストリングスとかは、ちょっとこだわりながら工夫するというか。

(小西康陽)うん。

(西寺郷太)ほー!なるほど。

<書き起こしおわり>
    [関連記事]
  1. 西寺郷太と小西康陽 知り合ってから現在までの思い出を語る
  2. 小西康陽のアイドル楽曲プロデュース術 NEGICCOと深田恭子を語る
  3. 小西康陽が語る 自身の音楽ルーツと滝廉太郎『花』
  4. 小西康陽 ビートルズ『YESTERDAY』とポール・マッカトニーを語る
  5. 小西康陽の作詞術『自分で作った曲の作詞はゼロ秒・推敲はしない』
  6. 小西康陽の作詞術『歌詞カードを見なくてもわかる曲にする』
  7. 小西康陽が語る 少女時代『GEE』と掟ポルシェのDJのスゴさ
  8. 小西康陽と西寺郷太 NEGICCOプロデューサーCONNIEについて語り合う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする