たまむすび聴取率1位達成!赤江珠緒プレイボーイグラビア企画復活する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

TBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』が聴取率単独1位達成!ということで、ピエール瀧さんが以前、赤江珠緒さんが約束したグラビア企画を復活させました。


(赤江珠緒)で、めでたいと言えばね、瀧さん。この流れでちょっと言っちゃいますけれども。

(ピエール瀧)ええ!?なに?

(赤江)まだ何も言ってないけども(笑)。あの、スペシャルウィークの結果が出まして!なんと、たまむすび、単独1位になっちゃいましたー!

(瀧)おおー!おめでとうございます!

(赤江)おめでとうございます!ありがとうございます。本当にねえ。聞いてくださっているリスナーのみなさん、本当にありがとうございます。

(瀧)木曜日は?

(赤江)なんと、木曜日は同率1位!

(瀧)ああー、なるほど!完全にリスナーのみなさんのおかげですよね(笑)。我々はなにもしていないと。

(赤江)リスナーアーティストのみなさんが、さんざん歌ってくださいましたから。

(瀧)そうですよ!みなさんが歌いに歌っていただきましたので、これ。えっ、ついに?ついにじゃない?たまむすび、はじめて?

(赤江)単独としては、はじめてです。

(瀧)番組として。ついに、たまむすびの、単独首位!みたいなやつが局内に貼られるようになるってこと?

(赤江)そういうことでしょう。

(瀧)マジで!?赤江さん!大手柄じゃないですか!

(赤江)でへへ・・・(笑)。いやいや、これも・・・

(瀧)ええー!赤江さんのおかげだとも僕は思ってませんけども(笑)。

(赤江)(笑)。あれー!?そうなの?

(瀧)いや、リスナーのみなさんのおかげですって。これは本当に。

(赤江)いや、よくぞ本当にね。もう、1年半ですか?聞いてくださって。

(瀧)こういうリスナーのみなさんのおかげです!っていうの、綺麗事で言う人いますけど、僕本気でそう思ってますからね(笑)。マジで。

(赤江)私もこの番組に限っては、本当にそうだと思う。いや、自分でも。本当に、これは。

(瀧)(笑)。いやいや、ありがたい話です。あれっ!?

(赤江)えっ?

(瀧)おいおい?

(赤江)ん?

(瀧)ちょっと思い出しちゃう話があるぜ。

(赤江)なに?

(瀧)思い出しちゃう話があるぜぇい?昔、もし1位を取ったら、赤江の珠緒が、グラビアを撮るって、言ってたぜぇい?

(赤江)(笑)。なんなの?急に歌舞伎調っぽく・・・

(瀧)プレイボーイさんが、首をながーくして、待っているぜぇい?

(赤江)あれね。あれ、1年半前にね・・・

(瀧)そうだぜぇい?

(赤江)1年半前の赤江の迂闊さったら。もうね。何言っちゃってるんだ?っていうね。

(瀧)そうでしょう?ここはもう、有言実行でしょ!

(赤江)そうですか?本当?

(瀧)『そうですか?』じゃない!なぜそこで疑問形?だってリスナーのみなさんが、よっしゃ!赤江珠緒のたまむすびをどうにか1位にしてやろう!と。もう哀れみの心ですよ。半分。

(赤江)(笑)

(瀧)哀れみの心で。ラジオのね、チューニングを合せてくださって。その結果、こういう1位を取れたわけですから。何かしら、あんた恩返ししなくちゃイカンでしょ?

(赤江)わかってます。わかってます。本当にもう、それはね。鶴の恩返しのようにね。もう何でもやりますけども。だけれどもですよ、本当にその、セクシーとか、色気とか、そういうのとは縁のない状態で来た私、赤江珠緒が。そこで何かしら、ご期待に添えるようなことがあります?

(瀧)自分のグラビアが出て?それがエロいと思ってる?図々しい!

(赤江)(笑)。だって・・・

(瀧)そんなことじゃねーんだよ!こっちが言ってんのは!

(赤江)そうじゃないの?それじゃないの!?

(瀧)別に赤江さんのでたぎらせろって言ってるわけじゃないよ。読者を。

(赤江)ぶっこもう!っていう話じゃないの?

(瀧)なに自分が出るからって、ちょっとみんなセクシーだと思うでしょ?って。図々しい!なに言ってんの!?

(赤江)だってグラビアってそういうものじゃないの?

(瀧)そりゃあ、形としてはそうですけども。いやいやすいません、私なんか・・・っていうのだけど、でもそうしたらとりあえず約束も守りますし、プレイボーイさんも、コレでね、わざわざここまで来てくれたっていうね、ことが実を結ぶわけですよ。

(赤江)はい。

(瀧)だから別にいいの。みんな、赤江さんのグラビア見て、『フフン・・・』でいいのよ。

(赤江)笑えればいいの(笑)。

(瀧)はい。どうする?

(赤江)笑い飛ばしたいの?

(瀧)あの、ハンドボールできるんだっけ?

(赤江)ハンドボール、できますよ。

(瀧)グラビアでジャンピングシュートっていうのは?

(赤江)(爆笑)。あ、オリンピックに向けて。

(瀧)そうそうそうそう!赤江さん、何できる?スポーツ。

(赤江)スポーツ?柔道できますよ。

(瀧)柔道でしょ?グラビアで、背負いっていう。

(赤江)背負いっていうね。なるほどねー。なるほど、そういうことを求めてる。

(瀧)グラビアで背負い、水着でジャンピングシュート(笑)。

(赤江)(笑)。それは結構ね、ダイナミックな。

(瀧)あとは何、できるんでしたっけ?

(赤江)あと、私はほら、虫が好きなんで。虫とね、戯れる感じがね。いいかな?と思ったんですけど。もう、秋だからねー。

(瀧)水着で?(笑)。

(赤江)鈴虫ぐらいしかいないしねー。

(瀧)水着でカブトムシ持つ感じ?浦安鉄筋家族じゃん、それ!

元祖! 浦安鉄筋家族 1

(赤江)(笑)

(瀧)マジで。そうでしょう?

(赤江)本当、それはね。どうなんでしょう?っていう。

(瀧)いや、それはもうこうなったからには。赤江さん、言っちゃったんだし。

(赤江)その時にね、何て言ってたかな?まあ、そういう事態になったら、そうそうね、1位なんて厳しい世界なんで、なかなか難しいと思いますけど、そうなった暁にはちょっと考えさせていただきますっていう話だったじゃないですか。そこから考えさせていただきますって。

(瀧)ごまかしてるよ・・・うわー・・・中止!中止!はい、あのー、リスナーのみなさん、次回のレーティングは聞かなくて結構です!

(赤江)(笑)。あれー!?

(瀧)もう結構です!こんな赤江のためにリスナーのみなさんがラジオを聞く必要なんかございません!打ち切りになればいいんですよ!こんな番組!本当に。

(赤江)(笑)。こんなめでたい日にね。

(瀧)もう数字も出ないくらい聞かなければいいんですよ。『※』(聴取率計測不能)みたいなヤツにして。そうなっちゃえばいいんですよ!そうでしょう?もう腹くくってやってくださいよ!

(赤江)まあね、わかりましたよ。何らか考えようと思ってますよ。

(瀧)そうでしょう?だからグラビアって言っても、別に超セクシーとかじゃなくたって・・・

(赤江)超セクシーなんて勘違いしてるでしょ?

(瀧)要は女子アナが、おもろいことやってるっていうんで、袋とじで。開けないと見れないのだっていいわけでしょ?だって。

(赤江)あ、そっかそっか。なるほどね。

(瀧)で、ワンカットだけちょっとそうっぽく見えるなっていうヤツを入れておけばいいでしょう?

(赤江)まあそこは写真マジックで何とかなるんですか?

(瀧)何とかなるでしょ?もう、デカいカマキリと戦うみたいなヤツもいいわけですから。

(赤江)(笑)。なるほど。

(瀧)トンボに襟首持たれて運ばれているみたいな。赤江さんが。

(赤江)(笑)。いいですね。ファンタジーで。

(瀧)そうでしょう?すげーのぶっこんでくるな!っていう。

(赤江)需要、あるの?プレイボーイさん。そんなの、あるの?

(瀧)面白ければアリでしょ。だって。

(赤江)あの雑誌って面白いのとか、アリでしたっけ?

(瀧)だってもうそれ言い始めたらね、もうエロいグラビアとかエロい画像なんか、インターネットに山ほど転がってますから。だからそこでね、わざわざ真正面をきったやつをやらなくてもいいわけですよ。

(赤江)なるほど。

(瀧)一応、グラビアのエロっぽい体(てい)で。

(赤江)回り回ってエロく見えればいいってことですか?

(瀧)そうそう。あとはプレイボーイの編集長かな?誰か担当のやつが怒られればいいんですもん。だって。

(赤江)(笑)。なるほどね。それぐらいの気持ちで受ければいいってことですね。

(瀧)そういうことでしょう。何?やんないの?本当に。

(赤江)いやいや、考えてますよ。ちゃんと。考えますけども。まあまあ、それに関してはちゃんとした、それなりの作品を残すべく、プロジェクトとして・・・

(瀧)リリー(・フランキー)さんに撮ってもらおうか。じゃあ。

(赤江)(笑)

(瀧)先週言ってたじゃん、リリーさんが。

(赤江)リリーさんね。リリーさん、エロに関してはカリスマ的な方ですから。

(瀧)そうそう。だからリリーさんのプロデュースで、赤江の珠ちゃんが・・・

(赤江)リリーさん、やってくれるかな?

(瀧)そのプレイボーイでグラビアをっていう。

(赤江)ちょっと待って。『凶悪』が絡んでくると本当に恐ろしい・・・恐ろしいことになりません?だって、瀧さんもそこにちょっと入ってくるわけでしょ?

(瀧)なんで俺が入るのよ?

(赤江)だってリリーさんが来て、それで瀧さんノータッチで大丈夫?

(瀧)全然大丈夫ですよ。何で?

(赤江)本当に?そもそもリリーさんに何の了承も得てないですけど。

(瀧)大丈夫です。リリーさんね、そういう・・・まあ、他の雑誌ですけども、そういうことやってますから。その赤江珠緒とリリー・フランキーのコンビで、プレイボーイのグラビアだってなったら、もうこれ、いいでしょう?電話します?編集長に。

(赤江)(笑)。編集長に?

(瀧)何でしたっけ?高橋さんでしたっけ?

(赤江)本当?

(瀧)高篠さん!高篠さんだ。に、電話して、どうです?まだその企画、いきてます?って。

(赤江)そうよ。だってそもそもあれって、1年ぐらいの時限的な話しじゃなかったんですか?っていう。

(瀧)・・・はぁ!?

(赤江)(笑)。だってね・・・

(瀧)・・・はぁっ!?

(赤江)赤江の鮮度も1年前、2年前と比べると落ちてますけど。それでもいいんですか?

(瀧)全然変わってないよ!本当に。あの、89年製のクラウンはいつまでたっても89年製のクラウンだよ!去年も、今年も!

(赤江)あ、そう(笑)。

(瀧)値段、そんな変わんない!

(赤江)あ、そう。そんな変わんないの。型落ちどんどんしていく。年ごとに・・・

(瀧)変わんない!もういちいち変わんない。本当に。25万円が24万円になるぐらい。本当に。そんなもん。

(赤江)(笑)。低いな。

(瀧)本当に。大丈夫だって!

(赤江)あ、そう。リリーさんか・・・まあね。

(瀧)だったらよくない?だって知らないカメラマンの人が来てさ、赤江さんにさ、『じゃあ赤江ちゃん、いっちゃおうか?』みたいな。『あぁー、いまいい顔してるよ!』とか言われても、うわっ、こいつウザッ!って思うだけじゃん?キモッ!っていう。なるだけでしょ?だからそれだったら知ってるリリーさんとかに。

(赤江)この間来ていただいた。じっとりした目でいろいろ見ていただいて。

(瀧)『じゃあいっちゃいましょうかぁ?』みたいな感じの。半笑いで来られた方が・・・

(赤江)(笑)。だって半笑いだったもん!ずーっと。

(瀧)こっちも半笑いでやったらいいじゃない。いや、一応ね、僕が何でこんだけ語気を強めて言ってるかっていうと、リスナーのみなさんのおかげでレーティング1位を取ったわけですから。恩返しをしなきゃいかんでしょ?っていう。

(赤江)はい。それは思ってますよ。

(瀧)ことですよ。でしょ?

(赤江)うん。それは思ってる。

(瀧)じゃあ、具体的に何やるの?

(赤江)それは思ってて。ラジオのリスナーのみなさんに恩返ししなきゃいけないってね。ほら、テレビの仕事の関係もあるじゃないですか。こっちのファンはそれでもいいのだろうか?

(瀧)関係ないよ、そんなもの!

(赤江)(爆笑)

(瀧)関係ない。あ、やっぱりあれか?珠ちゃんはテレビの方が主役か・・・

(赤江)違う違う違う!

(瀧)珠ちゃんはテレビの方を中心に考えてんのか?

(赤江)とんでもない!

(瀧)そうでしょ?だって、朝の番組のそれ見てる人たちで、プレイボーイのグラビア見て・・・

(赤江)出たからって、キーッ!ってなる人、いないか?

(瀧)じゃあその朝のやつ、見ないようにしよう!なんて人、いる?

(赤江)いないか?

(瀧)そうでしょう?それぐらいで見なくなるんだったら、最初から見なくていいわ!っていう感じになる?ごめん、ちょっと言い過ぎた(笑)。

(赤江)(爆笑)

(瀧)仕事でやってんだもんね。ごめん、ちょっと言い過ぎた(笑)。

(赤江)いろいろ関係各所へのね。根回しも必要でございますよ、これね。

(瀧)だから、じゃあいい。そこに『赤江珠緒たまむすび』っていうやつを入れておけばいい。たまむすびがらみでやってるって言ったら・・・

(赤江)まあまあ、そうね。そういう意味では、たまむすびっていうこの番組名も、今となっては本当によくできた番組名でね。ちょっとシモっぽい感じもするじゃないですか。

(瀧)しますな。はい。

(赤江)だから、なんとなくね、よかったかもしれないですね。

(瀧)結局シモ、やりてーのかよ!?

(赤江)(笑)

(瀧)どっちなの?

(赤江)わかんないのよ!

(瀧)だからたまむすび縛りでやれば、大丈夫ですって。そうでしょう?だって。あれは?壇蜜方面は?

(赤江)いやいや!あれこそ・・・あれ、言っちゃった・・・

(瀧)俺、赤江さんがボンデージとか着てたら、爆笑だと思う。本当に(笑)。何これ!?っていう。何この、出来損ないのキャッツアイ?っていう感じ。

(赤江)(笑)。本当ですよ。

(瀧)あ、キャッツアイは?

(赤江)キャッツアイね。キャッツアイ、憧れてたよ、子供の時は。

(瀧)そうでしょう?

(赤江)キャッツアイになりたくて、修行してたぐらいだから。

(瀧)でしょ?キャッツアイの、あの感じ。全身スーツで、腰にフワーッみたいなの結んで。結んで、こうカード持って。『たまむすび』って入ってればいいんじゃない?

(赤江)(笑)。『予告』みたいなね。

(瀧)そうそうそうそう。『次も1位、取っちゃいますよ』みたいな。『レーティングを盗みにいきますよ』みたいな。この感じで。

(赤江)なるほど。あ、きれいかもしれない。ちょっと宝石散りばめて。

(瀧)そうそう。宝石散りばめる?

(赤江)いやだって、宝石とか絵画盗むっていう話だったでしょ?

(瀧)うん。絵画盗もう。だからそれで。

(赤江)(笑)。どうでもいい絵画。

(瀧)どうでもいい絵画、盗もう。これちょっと、いよいよ・・・でも本当にリスナーのみなさんは、その話覚えてらっしゃるでしょうから。1位になったっつーことは、えっ!?って。前回のレーティングも数字で同率1位。曜日的にはとか、同率1位だったじゃないですか。やっぱりそこでこの話を出すのもね、僕ちょっと・・・なんか志が低いなと思っておりましたんで。

(赤江)そうか。なるほど。

(瀧)単独1位でしょ?今回は。なったらもう、これ1発いっとかないとね。

(赤江)うん。わかりましたよ。

(瀧)わかりました?

(赤江)考えますよ。リリーさんかー。リリーさんね。

(瀧)誰ならいいの?じゃあ。

(赤江)でも、リリーさんいいかもしれない。

(瀧)そうでしょう?なんかよく知らない人に撮られるんだったら、リリーさん。

(赤江)あと誰がいます?

(瀧)じゃあもう朝のさ、番組のカメラさんに撮ってもらえば?

(赤江)(爆笑)

(瀧)だったらいつもの感じで・・・

(赤江)その後の仕事がやりづらいったらないじゃないですか!

(瀧)慣れてっから、いいじゃない?

(中略)

(瀧)さあ、ということで、なんとですね、本日木曜日放送中に、プレイボーイ高篠さんから・・・グラビア担当高篠さんからお電話が入りましたので、つないでみたいと思います!ねえ、やっぱり。これ、来た!って思ってるんでしょうね。

(赤江)聞いてくださっていたのかしら?

(高篠)もしもし、高篠です。

(瀧)もしもし!どうもどうも!お疲れ様でございます!

(赤江)ご無沙汰しております。たまむすびです。

(高篠)ご無沙汰しています。どうもおめでとうございます!

(瀧・赤江)ありがとうございます。

(瀧)ねー、高篠さん的には、この聴取率1位のニュースをどんな心持ちでお聞きになってました?

(高篠)いやもう、待ちに待ってました。前回の、同率1位ってところでちょっと、単独まで待ってくれって言われたんで。もう、心待ちにしておりました。今回。

(瀧)そうでしょう。さあ、いよいよですよ。高篠さん。現実味を帯びてきた話なんですけど。この目の前の赤江がですね、なんか渋ってやがるんですよ!

(赤江)いやいや、ちょっと自信がね、自信が揺らいでるっていうね。いろいろ。

(瀧)自信なんか無いでしょ?ねえ?

(高篠)ええ。もう全然。そのまま来ていただければ。もうカメラマンがバッチリ、セクシーな写真を撮ってもらえると思います。

(赤江)いや、セクシーはもう無理だろうということで。そうですね。まあ何か・・・

(瀧)大丈夫ですって。逆に自信がある方が異常ですもん。

(赤江・高篠)(笑)

(赤江)そうですね。

(高篠)是非。またそこの部分はご相談させていただいて。

(赤江)ええ。ちょっといろいろ仕上げないといけない部分もありますけどね。そうなりますとね。ちょっと期間、必要になりますけど。

(瀧)あの高篠さん、時間もありますんで最後にこれだけ確認したいんですが。とりあえず、赤江珠緒のグラビアの話は、プレイボーイさん的にはまだ生きてるっていうのは、こちら思っておいてよろしい?

(高篠)もう当然。いつでも私、ページ空けてお待ちしております。

(瀧)わかりました!ありがとうございます。じゃあちょっとね、詳しいことは池田プロデューサーの方が、黒い笑顔で電話しますので。ひとつ、よろしくお願いいたします。

(高篠)よろしくお願いいたします!

<書き起こしおわり>

※参考エントリー 以前の赤江珠緒グラビア企画検討の模様
ピエール瀧、たまむすび生放送中に赤江珠緒 プレイボーイ水着グラビア出演交渉を行う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする