スポンサーリンク

ピエール瀧 2019年限定「ウルトラの瀧」改名計画の進捗を語る

ピエール瀧 2019年限定「ウルトラの瀧」改名計画の進捗を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で2019年限定で名前を「ウルトラの瀧」に改名にする件についてトーク。大河ドラマの現場などで改名した表記にできるか打診した話などをしていました。

(ピエール瀧)まあまあ、それで話をもとに戻すと、だから年明けに(『しょんないTV』広瀬アナの結婚式に)行くんで。

(赤江珠緒)だいぶいま遠回りしたけど……(笑)。そうですね。

(ピエール瀧)で、蓮見さんに、ちょっとやっぱりさ、「瀧」っていう字を(祝儀袋に)バチコーン!って書いてほしいんですよね。

(赤江珠緒)はい。やっぱり「ピエール瀧」って書くんですか?

(ピエール瀧)まあ、そりゃそうでしょうな。

(赤江珠緒)「ウルトラの瀧」はどうなったんですか?

(ピエール瀧)あ、ウルトラの瀧だわ。もうその頃は。新年は「ウルトラの瀧」にしなきゃ。

(赤江珠緒)ねえ。なんかウルトラの瀧にする年があるっていう話をしていましたわ。来年でしょう?

石野卓球 ピエール瀧「ウルトラの瀧」改名計画を語る
石野卓球さんがTBSラジオ『たまむすび』にゲスト出演。1年前からピエール瀧さんを説得している「ウルトラの瀧」への改名計画を話していました。

(ピエール瀧)来年です。

(赤江珠緒)それは電気グルーヴさんとして?

(ピエール瀧)電気グルーヴの活動としては、僕もウルトラの瀧で。

(赤江珠緒)30周年になるんですか?

(ピエール瀧)30周年ですね。

(赤江珠緒)で、ウルトラの瀧としてやるから。じゃあ、「ピエールウルトラの瀧」?・

(ピエール瀧)いやいや、「ウルトラの瀧」ですよ。

(赤江珠緒)ああ、「ピエール」はなしで? 「ウルトラの瀧」で。

(ピエール瀧)年間限定でウルトラの瀧に。

(赤江珠緒)えっ? 『たまむすび』もピエール瀧さんじゃなくて、ウルトラの瀧さんに?

(ピエール瀧)「どうもこんにちは、木曜パートナーのウルトラの瀧です」って。

(赤江珠緒)いやいやいや(笑)。めんどくさい(笑)。

(ピエール瀧)めんどくさくはないでしょう? そっちは別になにも変わらないじゃない?

(赤江珠緒)そうか。いちいち気にすることないか。だいたい「瀧さん」って言っているし。

(ピエール瀧)だからラテ欄も「ウルトラの瀧」にしてもらわないことには。

(赤江珠緒)いやいや、だって瀧さん、来年は『いだてん』に出るんでしょう? 大河ドラマ、出られるんだよね?

(ピエール瀧)うん。

(赤江珠緒)それをさ、「ウルトラの瀧」って……めんどくさいでしょう、そこは。

(ピエール瀧)だからそこも「ウルトラの瀧」になったら面白いじゃないですか。

(赤江珠緒)いや、面白いとか面白くないとかじゃなくて。もう困惑でしかないですよ。

(ピエール瀧)マジですか?

(赤江珠緒)「しかも1年!?」みたいな(笑)。

(ピエール瀧)「ミムラ」は名前を変えるのがいいのに、「ピエール瀧」は「ウルトラの瀧」にしたらいけないんですか?

(赤江珠緒)まあ、いいか。もう(笑)。

(ピエール瀧)だからそれをね、この間、大河の現場に言って恐る恐る言ってみたんですよ(笑)。

(赤江珠緒)言ってみたの!? 言ったの、一応? すごいね、瀧さん(笑)。

(ピエール瀧)一応そこはさ、ノリでさ。

スポンサーリンク

大河ドラマの現場でも「ウルトラの瀧」表記を打診

(赤江珠緒)まあでもたしかに、そういう活動として。電気グルーヴさんの本来の仕事で名前を変えるんですからっていうことで。

(ピエール瀧)っていうところで……って言ったんですけど。まあ、そんなもんをプロデューサーにいきなり言ったところで失笑じゃないですか。

(赤江珠緒)はい(笑)。

(ピエール瀧)なんで、いろいろとディレクター陣の中を見ていると、来年の大河、大根仁さんがディレクターで入っているんですよ。映画監督の大根さん。

(赤江珠緒)へー、大根さんが。

(ピエール瀧)で、現場に行ったら大根さんがいたんで「大根さん!」って行って。

(赤江珠緒)大根さんは言いやすそうね(笑)。

(ピエール瀧)「これは大根さんだ」って思って(笑)。で、「大根さん、大根さん、どう? 調子。それで、ものは相談なんだけど、『ウルトラの瀧』の件、知ってる?」なんて言ったら、「ああ、卓球さんが言ってましたね。知ってますよ」なんて。「来年の大河のさ、頭でバーッて出てくる字幕、あるじゃないですか。あそこで『ウルトラの瀧』、いけますかね?」って言ったら「なに言ってんすか!」って(笑)。

(赤江珠緒)フハハハハハハハッ! あの大根さんにも「なに言ってるんすか!」って言われちゃった(笑)。

(ピエール瀧)「なに言ってんすか、瀧さん!」って言われて(笑)。まあ、それをウルトラの瀧にしてくれる/してくれないで番組のフットワーク、そして重要度がわかってくるでしょうね(笑)。

(赤江珠緒)フフフ、わかるかもしれないですね(笑)。

(ピエール瀧)だから、『たまむすび』は「ウルトラの瀧」に変えますよ。

(赤江珠緒)わかりました。うちはね、柔軟に変えられると思いますよ(笑)。

(ピエール瀧)阿部ちゃん(プロデューサー)が怒られればいいんで(笑)。

(赤江珠緒)フハハハハハハハッ!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました