スポンサーリンク

中川家とサンドウィッチマン 雑誌『Number』M-1特集号を語る

中川家とサンドウィッチマン 雑誌『Number』M-1特集号を語る ザ・ラジオショー

中川家とサンドウィッチマンが2022年12月2日放送のニッポン放送『中川家 ザ・ラジオショー』の中でスポーツ雑誌『Number』M-1特集号について話していました。

(伊達みきお)それにしてもこの『Number』、かっこいい写真載っていますね。

(中川剛)『Number』っていうスポーツ雑誌があるんですけども。

(富澤たけし)『Number』ってスポーツの本じゃないですか?

(伊達みきお)「M-1はスポーツだ」ということでしょうか。

(富澤たけし)なるほどね。

(中川剛)競技漫才。

(伊達みきお)すっごいかっこいいです。中川家さんの、これ。

(中川剛)それよりも僕ね、サンドウィッチマンのね、あのタバコを吸ってる写真がめちゃめちゃかっこいいんですよ。『Number』という雑誌のね。

(富澤たけし)たぶん本当にM-1の時の写真ですよね。

(伊達みきお)出番寸前の。

(中川剛)ああ、これこれこれ! 我々もあったんすけどね。タバコ吸ってるところが。

(富澤たけし)本当にこれ、ネタ合わせをしているところだと思いますけど。

サンドウィッチマンの写真がかっこいい

(伊達みきお)礼二さん、要するにこの2001年の中川家さんが優勝したM-1グランプリの漫才をやっている途中の写真もあるんですけど。礼二さん、ネクタイの結び目、太くないですか?

(中川礼二)ああ、それね、今やから言えますけどね。変にキャラクター付けよう思って、中途半端に終わってるのよ。

(富澤たけし)そうだったんですか?(笑)。

(伊達みきお)結び目、でけえなと思って。

(中川剛)これ、体重280キロぐらいです(笑)。

(伊達みきお)フハハハハハハハハッ! 小錦じゃないですか(笑)。

(中川礼二)そんな、あるかい! 100キロでしょう。ちょうど、100キロぐらいか。

(伊達みきお)ああ、そうなありました?

(中川剛)ねえ。髪の毛もいっぱい生えてますけども。

(中川礼二)生えてますけども。今なんかほら、てっぺんハゲて……。

(伊達みきお)そんなことないですよ。

(富澤たけし)ああ、結構行きましたね!

(伊達みきお)やめろ! 俺たちは言うな、それは……。

(富澤たけし)結構行きましたね(笑)。

(伊達みきお)いや、かっこいいですよ。

(中川礼二)いや、言わんでええって。

(伊達みきお)礼二さん、髪の毛ありますよ。大丈夫ですよ!

(富澤たけし)礼二さん、ちょっと見てくださいよ。あ、結構行きましたね?

(伊達みきお)あるある。髪の毛、ありますよ、礼二さん。安心してください!

(中川礼二)いや、安心なんかしてへんねん。もう(笑)。拗ねながら育毛剤、つけてるねんから。拗ねながら(笑)。片手で。もう気持ちだけやってるから(笑)。

(伊達みきお)気持ちだけ(笑)。いや、僕も昨日、買いました。ずっとラジオで言ってたんで。

(中川礼二)ああ、買ったんや。

(伊達みきお)昨日、買いました。ますだおかだの増田さんのこのインタビューもすごくかっこよかったです。

(中川礼二)なんかすごい写真よね。ますおかさんと紳助さんが……。

(伊達みきお)そうですね。本当にね。

(中川礼二)すごいよね。かっこいい写真よね。それも。

(伊達みきお)これで増田さんが「僕は去年、中川家に負けている。でもこの大会はその中川家が出ていなかった。だから優勝しても2着という感覚だった」という。なんか赤裸々な思いも書いてあって。

(中川剛)まあね。同じ中学の先輩ですし、地元も一緒なんでね。ただ、このますだおかださんが2002年に取る、もっと何年か前に僕らはまずだおかださんに負けてるんですよ。それもあってね。いろいろ、大阪の方でね、賞レースで。そういうのもあって。

(中川礼二)やっぱりサンドウィッチマン、かっこええわ。

(中川剛)タバコのやつでしょう? 僕らもこれ、口にタバコ、ピッとつけてくれへんかな? 加工して。

(富澤たけし)かっこ悪いですよ。加工したら(笑)。今、「タバコ吸ってるの、かっこいいね」って言ってるの、剛さんぐらいですよ(笑)。

(中川剛)嘘?

(中川礼二)今のヤンキーって、タバコも吸わんのよね(笑)。

(伊達みきお)吸わないですよ。「この人たち、タバコ吸うんだ」って思われるだけですよ(笑)。でも、びっくりしました。僕らのページがあるとは思わなかったんで。

(中川剛)ああ、そうなの? そら、あるでしょう。

(中川礼二)サンドウィッチマン、この『Number』はコメントはしてないの?

(伊達みきお)してないです。ハチミツ二郎さんとあとはタイムマシーンの関ですね。が、コメントをしていて。

(中川剛)だから大井競馬場から急いで行って。ギリギリ間に合って、その間に吸ってるタバコですよね、これは。

(伊達みきお)そうです。僕らの前の人がその時に漫才をやってて。「すぐ出番です」って言われて。「ちょっとタバコ、吸わせてください」っつって。

(中川剛)だって「サンドウィッチマンって、誰?」って。まずそこからでしたからね。

(伊達みきお)もう、そこからです。

(中川剛)「誰? 誰? 誰?」って。

(伊達みきお)紳助さんも松本さんも知らなかったっていう。「誰や?」って。

(中川礼二)あの当時って、深夜でちょこちょこっと出たり。エンタにたまに出ていたりしてて?

(伊達みきお)そうですね。『エンタの神様』と『虎の門』ですかね。テレ朝の。

(中川剛)しかも漫才はやってなかった?

(伊達みきお)やってなかったんですよ。そうなんですよ。

(中川礼二)だってこの時からM-1も人気があったというかね。写真がありますけど。

(伊達みきお)大井競馬場の敗者復活戦。

(富澤たけし)……。

(中川剛)これ、イラストが書いてありますけど(笑)。

(伊達みきお)お前、ラジオなんだから、黙って剛さんに指さして笑っていてもわからないよ(笑)。富澤の似顔絵ですね。審査員の似顔絵がブワーッと書いてあるページがあるんですけども。

(中川剛)似顔絵でも礼二くん、ハゲてますね?

(伊達みきお)いや、フサフサですよ? あります、あります。

(中川礼二)いや、ハゲてるのよ(笑)。伊達ちゃんの「あります、あります」が一番……ないもんを見て「あります、あります」って、そんな日本語ないからね?

(伊達みきお)大丈夫。あります(笑)。

(富澤たけし)この似顔絵、ひどいなー。こんなの、極道じゃないですか(笑)。

(中川礼二)なんか週刊実話に載っていそう(笑)。

(伊達みきお)でも見ごたえのある『Number』ですね。お笑い好きにはたまらない。

(中川礼二)そのM-1もね、こうやって決まりまして。

(伊達みきお)そうですね。決勝進出者。ファイナリストが。

(中川剛)もうなんか世代がね、ごろっと変わってしまった感じがしますけど。また新たに、ここから優勝が決まるってことなんでしょうけど。

M-1 2022ファイナリストの顔ぶれ

(伊達みきお)そうですね。男性ブランコなんか、この間僕らの番組のゲストに来てくれて。先々週ぐらいね。そしたらやっぱり決勝に行きましたね。すごいですね。やっぱり、僕らと絡んだから。

(中川剛)嘘やん? ああ、そういうの、言ってました?

(中川礼二)そんなジンクス、あんねや?

(伊達みきお)ええ。1人、犯罪者みたいな顔、してますけども。

(剛・礼二)フハハハハハハハハッ!

(富澤たけし)そんなことないよ(笑)。

(中川礼二)男性ブランコって2人とも、丸の内にいそうやん? 東京駅の横断歩道、渡ってそうやん。ニュース映像で出てくる(笑)。

(伊達みきお)たしかに(笑)。

(中川礼二)でも、この普通さ加減もね、ええんやろうしね。

(伊達みきお)そうですね。面白いですからね。ネタも。

(中川礼二)あと、さや香とかね。ボケツッコミが入れかわったりして。

(中川剛)久々の女性コンビも出ますもんね。

(伊達みきお)ヨネダ2000。

(中川礼二)ヨネダ2000ね(笑)。

(伊達みきお)ええ。頑張ってほしいですね。

(富澤たけし)ウエストランドとキュウって、タイタンなんですね。

(伊達みきお)タイタンから2組。素晴らしい。そうですね。ウエストランド、僕好きなんで。頑張ってほしいですね。

(中川礼二)ねえ。文句ばっかり言っているからね。

(伊達みきお)文句ばっかり言ってますよ。あいつは。本当に。

(富澤たけし)なんかめくっていたら外国人出てきたから。「これ、M-1なのかな?」って思ったら……。

(伊達みきお)違うだろ!

(富澤たけし)WBO世界バンタム級のポール・バトラーでした。

(伊達みきお)そもそもそういう雑誌なんだよ! これが軸の雑誌だから。

(富澤たけし)ああ、そうだよね。

(中川礼二)本当はこれや(笑)。

(伊達みきお)スポーツ好きの人はこれを買って「はあ?」ってなってると思うよ。「漫才師だらけじゃねえか?」って。

(中川礼二)「なにがスポーツだ?」って(笑)。まあまあ、楽しみに。12月の18日にね、ありますんでね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました