藤本美貴 ソロデビューまでの道のりを語る

藤本美貴 ハードな家庭環境で培われた鋼のメンタルを語る SHOWROOM

藤本美貴さんが2022年9月13日放送の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』の中でASAYANのオーディションを受け、レッスンを重ねてソロデビューまでの道のりを話していました。

(吉田豪)芸能界には興味、あったんですか?

(藤本美貴)芸能界には興味があって。というのも私、最初、おばあちゃんが演歌を習っていて。それで演歌を一緒に歌ったら「上手だね」ってすごい周りに言われて。「じゃあちょっと演歌歌手になろうかな?」って。それで安室ちゃんが出てきて。そこからJ-POP的なものに……「安室ちゃんみたいになりたい!」ってなって。

(吉田豪)それでavexのオーディションを受けて。

(藤本美貴)受けて、ダメで。で、その次がASAYANだったんですよ。

(吉田豪)つまり、それほどハロプロ的なものにはその時点では興味はなかったっていう。

(藤本美貴)そう。だから最初からすごい「ハロプロが……」とか、「アイドルが……」とかっていうよりも「歌手になりたい」っていうところが一番であって。北海道の滝川市っていう本当真ん中のあたりで。田舎なので、オーディションもほとんど来ないんですよ。最低でも札幌に来てもらわないと、中学生とかなんで行けないじゃないですか。だからそういうのがもう、そのavexとASAYANとかぐらいしかなかったですかね。うん。

(吉田豪)後にね、「滝川の狂犬」とか呼ばれてましたけどね(笑)。

(藤本美貴)そうそう(笑)。伝説を残して(笑)。

(吉田豪)avexの時点で手応えはあったんですか?

(藤本美貴)avexも、そのオーディションは12万人応募の中で私、一応最終まで行ったんですよ。25人残って。それで準優勝がそれこそ倖田來未ちゃんで。なんかまあ、初めてこういう大きいオーディションで最終まで残れたのはすごい嬉しかったですけど。でも結局、最後まで受からなきゃ何も意味ないじゃないですか。最後まで行ったところで。「はー……」って思ってましたけどね。まあ、とりあえずなんかあったら受けるしかないかなっていう感じですね。

(吉田豪)で、モーニング娘。も一度は落ちて。

(藤本美貴)そうです、そうです。東京まで来て、落ちましたかね。

(吉田豪)で、事務所の人に声かけられるわけですよね?

(藤本美貴)事務所の人から電話が来て。「ソロでレッスンとかしませんか?」みたいな感じでしたね。

(吉田豪)で、その時点では将来設計的なものは別になくて?

(藤本美貴)全然ないですよ。まずはデビューをする。歌手になるみたいなのが一番じゃないですか。だから、とりあえずまずは、どういう状況で出してもらえるんだろう、みたいな感じでしたね。

(吉田豪)そういう状態でレッスンしている人も、たぶんその当時はそんなにいないっていう?

(藤本美貴)いないですね。だいたいオーディションでそのまま入って……っていう。ハロプロエッグとか、その研究生とかっていうのは当時、あったのかな? でも、そこに入ったわけでもなかったので。なんかよくわかんなかったです。前例があんまりないので。

(吉田豪)最初からソロで行くみたいな感じだったんですか?

(藤本美貴)そうでした。最初っからソロで行くみたいな感じで。でも1回、カントリー娘。に入らないか?って言われたんですよ。で、「ソロで」って言ってたのに、途中で1回、カントリー娘。の話が出て。でも私はそれを知らなくて。お母さんに電話が来たみたいで。その時って、カントリー娘。は半農半芸をまだやってたので。

(吉田豪)そうか。「北海道の人だし、いいだろう」みたいな。

(藤本美貴)あの時は北海道じゃなきゃ入れなかったから。で、うちのお母さんは勝手に断ったんですよ(笑)。

(吉田豪)「これは話が違う」みたいな?(笑)。

カントリー娘。入りの話を母親が断る

(藤本美貴)そう。最初は「ソロで東京でやろう」みたいだったのに「カントリー娘。はどうですか?」ってなって。「いや、ちょっとそういうのじゃないと思いますけど?」みたいな感じで。

(吉田豪)それは正解だった気がしますね。

(藤本美貴)正解ですよ。「よく言った、お母さん!」って(笑)。

(吉田豪)絶対にね、半農時代時代だったらキツかったでしょうね。

(藤本美貴)きつかったですよ。後にね、結局カントリー娘。とかもね、入りますけども。そうなんですよ。

(吉田豪)そんなのもあったんだ。

(藤本美貴)ありました、ありました。それから里田まいちゃんがカントリー娘。に入ったりして。だからハロプロ同期としては里田まいちゃんが同期なんですけど。そうですね。うんうん。

(吉田豪)ソロの話っていうのは結構ちゃんと、早めに来た感じだったんですか?

(藤本美貴)もう最初の電話の時に「今回、モーニング娘。としてはちょっと合格じゃないんだけど、ソロでレッスン生として東京に来て、ソロでデビューしましょう」みたいな。だから最初に私、ハロプロじゃなかったかもしれないんです。最初はハロプロじゃなくて、普通にソロアーティストみたいな感じで。「なんだったらら芸名もつけようか」ぐらいの話もあったんですよ。

(吉田豪)それは、あややが当たったりとかでちょっと変わったんですかね?

(藤本美貴)うーん。なんか「大きな池で釣った方が早いだろう」って言われました。

(吉田豪)「大きな池で釣る」?

(藤本美貴)「海は1本釣りをするよりも、そのハロー!プロジェクトっていうファンの方がいっぱいいるところで釣った方が釣れるだろう?」と言われて……(笑)。ひどい話(笑)。

(吉田豪)「ああ、そうか」っていう感じですか?

(藤本美貴)でも私としては、なんかよくわかんないけど。とりあえずデビューしないことには……話がなくなったら困るじゃないですか。だから「なんでもいいよ。まずは世に出させてくれ。そこからだ」みたいな感じでしたよ。

(吉田豪)じゃあ、無事にソロが決まった時は嬉しかったわけですよね?

(藤本美貴)嬉しかったです。それが決まるまで、短いけど1年間ぐらい、レッスンみたいな時があって。でもそれも別に「1年間、レッスンする」とかっていう話じゃないんですよ。

(吉田豪)ゴールは見えないですもんね。

(藤本美貴)「これはいつまで続くんだ? もしかして、ずっとレッスンさせられるんじゃないか?」みたいな。

(吉田豪)「これは噂に聞く、飼い殺し?」っていう。

(藤本美貴)そうそう。でも、レッスン料とか払ってるわけじゃないし。なんだろう? 「いつ?」って聞いたところで……みたいな感じでしたね。そうそうそう。

(吉田豪)なんかね、普通に外から見てると順調なイメージですけど、その前にたぶんこういうような、いろんなことあったわけですね。

(藤本美貴)そうですね。だからデビューしてからは、やっぱりもうハロー!プロジェクトからデビューしてるので。

(吉田豪)大々的にデビューして。

(藤本美貴)そうですね。なんでももう、そういう意味では順調ですね。何も困ったこともなかったし、つらかったエピソードも……「売れなくてつらい」みたいなのも特になかったし。そういう意味では本当、結局はありがたかったなとは思いますね。

(吉田豪)まあね、ソロでも早い段階で方向性は定まったというか。

(藤本美貴)そうですね。でも、たしかにあややがいて……っていうのも大きかっただろうし。そういう感じですね。

(吉田豪)プレッシャーに感じていたみたいな話はしてましたよね?

(藤本美貴)ああ、そうですね。やっぱりみんな、同じ事務所じゃないですか。で、もちろんモーニング娘。っていう大きいのがいて。で、これは別に例に挙げられることはないんですよ。対モーニング娘。みたいな。でも、松浦亜弥とはソロでデビューして追いかける形なので、やっぱり比べられたりとかするわけですよね。

(吉田豪)あと、向こうがドンと売れちゃったから。

比較対象が松浦亜弥

(藤本美貴)そう。で、どんどん売れていくから。で、別に追いつくとか、追い越せとかっていうことじゃなくて。なんか「松浦はこうだった」っていうような基準があるので。それがプレッシャーでしたね。普通にマネージャーさんとかも「○位だね」とか「次は○位じゃないと……」みたいな感じで。17歳をもう全然、大人のように詰めてくるから(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ!

(藤本美貴)だから、なんか大人になりますよね。ソロって強くなるなって思う。

(吉田豪)グループはね、まだ責任が分散されるじゃないですか。ソロはきついですよね。

(藤本美貴)だし、グループはたぶんそういうの、あんまり言われないんだと思います。大人たちが勝手にそういう話をしてるだけであって。で、たぶんマネージャーさんたちもやっぱりハロー!プロジェクトでモーニング娘。っていうのがあって。そこのモーニング娘。に追いつけ、追い越せじゃないけど。ここを目指していってるから。なんか、マネージャーたちはこっちを見ているんですよ。でも私たちはもう自分たちでいっぱいいっぱいって感じですよね。

(吉田豪)だから一般的に見たら全然成功のラインなのに、比較対象がデカすぎたっていう?

(藤本美貴)もう全然。10位以内とかに入っても「うーん……」みたいな。

(吉田豪)「あややは1位だったぞ」みたいな。

(藤本美貴)そうそう。「○曲目で△位だったから。じゃあ3曲目で……3曲目が一番売れるから、3曲目を頑張ろう!」みたいな。そんな風に勝手に大人たちが言ってましたよ(笑)。

(吉田豪)憧れの歌手になって、念願のソロデビューで。そんなに楽しめる状況じゃなかったわけですか?

(藤本美貴)だからいっぱいいっぱいですよね。うん。ソロって精神的に大人になると思いました。

(吉田豪)でも、たしかにそうですね。皆さん、精神的に冷めてる人が多い気がします。

(藤本美貴)そう。だから周りに大人ばっかりで、そういう大人の事情もいろいろ全部聞こえてくるから、ちゃんと大人になります。

(吉田豪)で、それだけ大人になりつつも、ちゃんと結果を残して、いきなり紅白にも出るわけじゃないですか。

(藤本美貴)そうですね。だからなんか、ほっとしますよね。ちゃんと、やっぱり紅白っていうのが1年の祭典というか。なんか、あそこに出れるか出れないかっていうのがやっぱりね、現役で歌ってる方は当時、あったので。1年走ってそこに出れたっていうのが、「やっと1年、無事に終われた」っていう感じはありましたね。

(吉田豪)ところが、無事に終わったかと思ったら……。

(藤本美貴)そのまま、ちょっと事務所の方に拉致されて。「打ち合わせです」って。あ、「取材です」だったかな?

(吉田豪)「この時間に?」っていう話ですよね。

(藤本美貴)そうですね。「取材です」って言われて。「紅白に初めて出て、それの感想の取材です」って言われて。「まあ、あるかな?」って思いながら行ったら、つんくさんに言われるっていう感じですね。うんうん。

(吉田豪)「モーニング娘。に入ります」って。

(藤本美貴)そう。「ええーっ!」みたいな。びっくりですよ。衝撃ですよね。

(吉田豪)最近になって、オープンに言っているじゃないすか。当時は「嬉しかった」って言ってましたけど……。

(藤本美貴)はい。「嬉しくなかったです」って最近は言ってます。

(吉田豪)「嫌でした」っていう。

(藤本美貴)やっと言えました。

<書き起こしおわり>

SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする
miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました