スポンサーリンク

オードリー若林『スクール革命!』収録中に誕生日を祝われて驚いた話

オードリー若林 世間の人にテレビがうっすら嫌われていると感じる瞬間を語る オードリーのオールナイトニッポン

オードリー若林さんが2022年9月10日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で『スクール革命!』収録中に突然、誕生日を祝われて驚いたという話をしていました。

(若林正恭)でもさ、ほら。『あちこちオードリー』にココリコさん来てくれたじゃん? あれ、嬉しかったね!

(春日俊彰)嬉しかったな!

(若林正恭)『黄金伝説』って、そうだよな。俺さ、『スクール革命!』もそうだし、『黄金伝説』の時もレギュラーを……今、思うとだよ。訳がわからずサイゼリヤとか挑戦したり、もうレギュラー前に無人島も行ってるのかな?

(春日俊彰)レギュラー前に言っていると思うよ。サイゼリヤもたぶんレギュラー前じゃない? 前か、なったと同時ぐらいか。前にいくつかね、やらせてもらっててますよ。たしか。

(若林正恭)で、あれってさ、「レギュラーとしてさ入るんですよ」って俺ら、たぶん事務所から聞いてるじゃん? でもなんかさ、なんとなくシステムとか、わかってた?

(春日俊彰)システムって?

(若林正恭)なんかサイゼリヤとかが、評判とか……まあいやらしい話、数字とかがたぶん良くてレギュラーになるわけじゃん。それは今なら、わかるじゃん? それ、知ってた?

スポンサーリンク

番組のレギュラーのシステムをよくわかっていなかった

(春日俊彰)ああー、まあでも、そうね。いきなりドンッてレギュラーじゃなかったからね。まあお試しみたいなので、手応えばないけど。でもなんか、オーディションされてたんだろうなっていうのは……(笑)。なんかで引っかかって。それで受かったんだろうな、みたいな。仮の時に、とか。なんとなく。はっきり言われなかったけどね。

(若林正恭)俺もそれで、わかってなくて。「レギュラーになりました」ってすごい嬉しそうに会社は言うけど。3ヶ月とかで……レギュラーになって、スタジオで頑張れてなかったら降ろされるもんだと思ってたんだよね。それ、思ってなかった?

(春日俊彰)ああ、そうだね。でも、そういう形の番組だしね。チャレンジっていうか。

(若林正恭)俺、全部の番組がそうだと思ってたの。『スクール革命!』とかも、面白くなかったら他の人にどんどん変えられるんだと思っていたんだよね。そしたら、変わらないよね。

(春日俊彰)変わらないよ。『スクール革命!』なんて10年よ。10年、レギュラーを張らせてもらっているからね。10年以上か。

(若林正恭)でも、ありがたい話だよな。でも俺さ、なんかこの間、びっくりしたんだけどさ。すっかり忘れてて。自分の誕生日なんてことを。で、『スクール革命!』でプレゼントの回があってさ。ワゴンがバーン!って出てきて。まだ番組収録が終わってなくて。「ある方が誕生日です」とかって言って。「誰が誕生日なんだろう?」とか思っていたの。それも8月収録だったから。そしたら「若林さんです!」とかって言って、もうあのメンバーで、そのメンバーが選んでくれた誕生日プレゼントを俺がもらうなんて、今までなかったよね? 『スクール革命!』で。あれ、春日はびっくりしなかった? あれ、俺だとは思わなくなかった?

(春日俊彰)ああ、そうだね。思わなかった。

(若林正恭)思わなかったよな?

(春日俊彰)だからもう、気を抜いていたもん。前列の誰かかなって。

完全に気を抜いていた

(若林正恭)俺も。前列のジャニーズのHey! Say! JUMPか髙地くんとか。あとは内村さんかなとか思っていたら、俺で。だからもう、スイッチを入れるの大変だったよ。さび付いたスイッチを……今から俺、プレゼントを三つ開けていくのよ。それでリアクションを1個ずつ撮るのよ? で、終わった後のプレゼントじゃなかったから。俺、びっくりした。もう普通に「えええーっ!」っつって。で、「俺で来る?」みたいになって。「あれ? 嬉しそうじゃないね」みたいになっちゃって。ねえ。「いや、びっくりして……」みたいな。あれ、俺はびっくりしたよ。俺に来るなんて思わないもんね?

(春日俊彰)そうね(笑)。毎年恒例ってわけでもないしね。

(若林正恭)そうそうそうそう(笑)。あれをHey! Say! JUMPのファンはどう見るんだろうね? あの時間を(笑)。

(春日俊彰)見てくれるといいけどね。チャンネルを替えずに(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました