スポンサーリンク

オードリー若林 春日の私服の変化にがっかりした話

オードリー若林 春日の私服の変化にがっかりした話 オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリーの若林さんがニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で春日さんの私服の変化についてトーク。ロンハーマンの服を着ている春日さんにがっかりした話をしていました。

(若林正恭)俺ね、春日がいない間に「言えなかった話ってあるかな?」って考えていたの。もう1個あって、それはだからクミさんが望んでいるのかなとも思うんだけども。私服を変えてさ、ロンハーマンに買い物に行った話してたけど、あのトーク、めちゃくちゃつまんなかったよ。

(春日俊彰)フハハハハハハッ! はいはいはい。

(若林正恭)まあ、それは俺の個人の感想だからリトルトゥースとは違うかもしれないけど。俺はね、あれに結構がっかりして。やっぱり春日フリークとしては。なんか、うーん。やっぱり俺は言うよ。あの服。「なんだ? 週刊誌に取られたままで服で……」って俺は言うけども。オンでは。でも、なんかロンハーマンに行ったら春日・イズ・デッドみたいな。

(春日俊彰)フフフ(笑)。

(若林正恭)それは上がっちゃった芸人さんっていうか。ロンハーマンは……あれ、俺は結構かっこいいと思ってたんだよ。あの服。いつも名古屋駅に現れる、ウォーズマンの子供の頃みたいなお前のスタイル。なんでかっこいいか?って思うか、言ってもいい?

スポンサーリンク

春日の私服=子供の頃のウォーズマン

(春日俊彰)うんうん。それはね。

(若林正恭)やっぱりこの資本主義経済の中で市場を全く無視している。なんて言うんだろう? パンクの格好自体がもう市場と添い寝しちゃっているんだと思うんだよ。だってパンクファッションって言われているものが流行っちゃってるんだから。

(春日俊彰)うんうん。

(若林正恭)で、春日の私服っていうのは最もファッションに対してパンクだと思っていたのよ。

(春日俊彰)フハハハハハハッ!

(若林正恭)やっぱり真冬にクロックスでスウェットで。俺は口では言うよ。「なんだ、貴様! 帰れ! 出ていけ!」って。で、フードに裸足っていう、あんなパンクなことはないし、俺はかっこいいと思っていたの。

(春日俊彰)うんうん(笑)。

(若林正恭)だけどお前がロンハーマンに行って……なんだろうな? あんなスリップオンみたいな靴を履き始めたんだよ。白い。なんだろうな? もう、ちょっと寂しさはあったよね。「ああ、終わっていくんだな……」って。

(春日俊彰)まあまあ、そうだね。

(若林正恭)それはあったね。それはでも、しょうがないんだよね? 指輪をするのと一緒で。首輪に近いロンハーマンっていう?

(春日俊彰)まあまあ、あの時はね。あの時は……。

(若林正恭)あれ? いまは?

(春日俊彰)いまはだから……。

(若林正恭)徐々に?

(春日俊彰)徐々に、徐々に。そう。まあ、待っていてくれよ。

(若林正恭)フハハハハハハッ!

(春日俊彰)こんな、あんまり言うと……。

(若林正恭)ああ、言っちゃいけない?(笑)。

(春日俊彰)言っちゃいけないよ。

(若林正恭)ああ、靴をいま……草履じゃない。

(春日俊彰)もういま、そうよ。

(若林正恭)俺は本当にね、いちばんかっこいいと思っていた。ヒップホップとかパンクとかロックのジャンルができて、その服が売れているじゃない? デパートの中にも入っているから。全然そんなのは反体制じゃない。むしろ寄り添っている。春日こそロック、パンク、ヒップホップだと思っていたのよ。

スポンサーリンク

春日こそロック、パンク、ヒップホップ

(春日俊彰)ありがたいね。そんな風に支持してくれる人がいるっていうのはね。だからあの時はそう。1回だけ行って……やっぱり時期的にもね、身を固めなきゃいけない時期だったから。

(若林正恭)あの時期はね、オードリーとしても最大の危機だったから(笑)。

(春日俊彰)最大の危機だよ。で、どうしよう?ってなって。ミツ(佐藤満春)と相談をして。「だったら大きくいい方向へ……振りがやっぱりね、強くないと。180度違う方向に行った方がいいんじゃないか?」って。

(若林正恭)ああ、じゃあロンハーマンまで飛ばしたわけね? で、徐々にじゃあ春日スタイルに?

(春日俊彰)私はだって「ジーンズメイトでいい」ってその時に言ったんだから。したら、「それだとあんまり変わりがないぞ?」ってなって。

(若林正恭)お前、そんなあんまりがっつり名前を出すなよ!

(春日俊彰)フハハハハハハッ! ああ、そうか(笑)。

(若林正恭)お前なんかたぶんジーンズメイトさんも狙っていたと思うよ。次の広告塔として(笑)。

(春日俊彰)いや、だから本当にそれでも……。

(若林正恭)狙っているわけねえだろ! いい加減にしろ、お前! 出ていけ!(笑)。

(春日俊彰)なんでだよ?(笑)。ただ、そうやって行くところまで行った方がいいっていうことでそうなったわけで。それはやっぱり、徐々にさ。いきなり戻しちゃうと、うーん。見つかっちゃうから(笑)。徐々に、徐々に。若林さん、それはさ……。お願いしますよ。

(若林正恭)フフフ、俺はでも口では言うからね。「なんだ、お前。その週刊誌で撮られた時の!」って。それはさ、まあオンエアー中に言うことじゃないけども。気にしないで。

(春日俊彰)フハハハハハハッ! あんまり電波に載せて言うことじゃないけども(笑)。

(若林正恭)上田さん的にいちばん言っちゃいけないやつ。たしかにね(笑)。じゃあ、待っていればいいのね。あの春日のヒップホップスタイルを。

(春日俊彰)うん。また帰ってくるから。「I’ll be back」だから。

(若林正恭)本当、古い話だけどあのエミネムの『8マイル』のDVDのパッケージ。ゴミ袋を持って背中……あれと春日っていうのが一緒だったのよ。それがあんな……俺はがっかりして。「靴を履いている……」って思って。このね、流行のファッションとかをね、踏みつけてほしいね。まやかしのパンクファッションとかを(笑)。

スポンサーリンク

『8マイル』のエミネムと春日は同じ

(春日俊彰)まあね。しばらく時間がほしいね。

(若林正恭)ああ、待っています。待っています。楽しみになってきました。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました