スポンサーリンク

安住紳一郎 新三国トンネル開通を現地に見に行った話

安住紳一郎 新三国トンネル開通を現地に見に行った話 安住紳一郎の日曜天国

安住紳一郎さんが2022年5月29日放送のTBSラジオ『日曜天国』の中で新三国トンネルの開通と旧三国トンネルの最後の日を見に行った話をしていました。

(安住紳一郎)さて、今日は「私の定番」ということです。高崎市の30代女性の方、ありがとうございます。「私の定番はトンネルで息を止めることです。小さい時に家族旅行で遠出をする時に盛り上がると勘違いした父が怖い話のカセットテープをなぜか聞いていて、小さい私は本当にそれが怖くて仕方がありませんでした。高速で行くと、トンネルが所々にあり、その暗闇で怖い話を聞くと怖さが倍増し、本当にお化けがいるのではないかと思い始めた私は『トンネルで息をするとお化けが体に入ってくる』と思い込み、家族には言わずにこっそりと息を止めるようになりました。

短いトンネルならなんとかなるものの、長いトンネルが近づくと恐ろしかったのを覚えています。30代後半になった今もトンネルが苦手でつい息を止めてしまいますが、誰にも言えません。わかってくれる人がいたら嬉しいです」。なんかね、自分で決め事を作っちゃって、もうね。そういうの、ありますね。

(中澤有美子)ありますよね。

(安住紳一郎)そうですか。トンネル、そうですね。群馬と新潟を繋ぐ三国トンネルっていうのがありますよね? 下道で行くと群馬と新潟を繋いでるのはそのトンネルしかなくて。関越自動車道がトラブルで通行止めになると、そこの道が混んでいて。一時期ね、一昨年でしたか? 大変なトラブルがありましたよね。ずいぶん対応年数が超えちゃったんで、新三国トンネルってのが新しくできたんですけども。私、物好きなもんですから、その新三国トンネルが開通する日。あと、旧三国トンネル最後の日っていうのが今年の3月の10何日にあったんですけども。

(中澤有美子)そうですか。

(安住紳一郎)ええ。見に行きましたね。

(中澤有美子)行きましたんですか?

(安住紳一郎)なかなか、エキサイティングな出来事でしたので。今度またちょっとゆっくり、時間があれば聞いていただきたいと思いますけども。

(中澤有美子)ぜひお願いします。

(安住紳一郎)「群馬と新潟を結ぶ新しいトンネルがオープンする日」ってなんとなくね、関係者の興奮、すごそうじゃない? そこに関係ない私が行ったんですから。

(中澤有美子)そうでしたか!

なかなかエキサイティングな出来事

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました