スポンサーリンク

空気階段 吉本興業110周年記念公演『伝説の一日』を語る

空気階段 吉本興業110周年記念公演『伝説の一日』を語る 空気階段の踊り場
スポンサーリンク

空気階段のお二人が2022年4月4日放送のTBSラジオ『空気階段の踊り場』の中で吉本興業110周年記念公演『伝説の一日』について話していました。

(鈴木もぐら)大阪収録です。というのもね、今、収録させてもらってるのが4月2日の土曜日でございますけども。4月2日、3日となんばグランド花月でですね、吉本興業の110周年イベントですか。『伝説の一日』というイベントがあったため、今回も永井さんと越崎さんに毎度の事ながら大阪に来ていただきまして。急遽、大阪収録となっております。

(水川かたまり)もう2ヶ月ぐらいで大阪収録があって、札幌収録があって。福岡は録らなかったのか。

(鈴木もぐら)福岡は録ってないです。

(水川かたまり)で、単独が終わったんですが、再びの大阪収録という。

(鈴木もぐら)まあ、『伝説の一日』だから。我々も朝からネタに参加させていただいてね。朝一発目は8時半開演ですよ(笑)。

(水川かたまり)「嘘だろ?」みたいな時間ですけども(笑)。

(鈴木もぐら)『ズームイン!!朝!』やってる時間ですからね。8時半って(笑)。

(水川かたまり)本来『ズームイン』の時間ですけど。

(鈴木もぐら)8時半に開演ですから。で、お客さんももうバキバキで。

(水川かたまり)バッキバキ。もうNGK、超満員。

バキバキのお客さん

(鈴木もぐら)バキバキですよ。もう8時半って、お笑いを見る時間じゃないからね。やっぱり、いい意味でもめちゃくちゃ盛り上がってると言いますか。だから、お客さんのテンションで言うと、前に出させていただいた、新宿ロフトであったやついいちろうさんの生誕祭(笑)。やついさんの生誕祭のお客さんのテンションでしたね(笑)。

(水川かたまり)たしかに(笑)。

(鈴木もぐら)もうあの日、新宿ロフトのお客さんもバキバキだったじゃない? で、我々は深夜2時ぐらいの出番で。

(水川かたまり)すごいですよね。あの時はおそらくお客さん、何杯もお酒を飲んでましたけれども。朝8時半でシラフの状態で。たぶん寝起き1時間ぐらいしか経ってない状態で熱気……本当にもう、だから社をあげて感が。もちろん、社をあげてのものだから。すごいというか。もう、さんまさんもダウンタウンさんも出られますし。で、厳戒態勢というか。社長も副社長も全員、吉本興業の社員さんはほぼ全員集合してるような状況ですし。

(鈴木もぐら)もうお客さんもその状態でね。

(水川かたまり)楽屋の廊下にもレッドカーペットが敷いてあるし。

(鈴木もぐら)ああ、あった! ありましたね。そうだ。あれ、今日はレッドカーペット。本番だったからね。で、昨日はブルーシートだったんだよね。「なんだ、このブルーシート?」と思っていたら、レッドカーペットを敷くためのブルーシートだったんだね。

(水川かたまり)超厳戒体制ですよ。だから僕ら昨日ね、前乗りで。金曜日に大阪に行って、泊まりで次の日朝の8時半開演の公演に出るっていう行程だったんですけど。

(鈴木もぐら)やっぱり稽古とかリハーサルとかもあるし。総勢50人近く出る舞台ですからね。その時間しかないっていうことで、前乗りしたんですね。

(水川かたまり)それで僕ら、泊まったホテルがNGKのすぐそばのホテルで。もう歩いてもうすぐというか。

(鈴木もぐら)徒歩1分ぐらいですよね。私の速度で徒歩1分ぐらいじゃないですか。「だいたいペンギンと同じぐらいの速度」と言われてますけども。

(水川かたまり)それで1分で着きますから。なんですが、マネージャーの送られてきたスケジュールを見たら「車両に乗って移動してください」って書いてあって。車番が書いてあって。で、「そんなわけないだろう」と思って確認したら、「マスコミの方とか入り待ちの方とかすごいと思いますんで。近いけども歩いていたったらとんでもない騒ぎになるので、車両に乗っていってください」って。で、朝、パンクブーブーの黒瀬と3人で。ロビーに集合して。

(鈴木もぐら)「本当にこれ、タクシーで行くんですね?」って。本当に近いのよ。皆さん、本当にコンビニのおでんを売ってるところからエロ本が売っているところぐらいの距離ですよ?

(水川かたまり)感覚で言ったら本当にそんなもん。

至近距離を車で移動

(鈴木もぐら)本当にそうなんですよ。その距離を「車両に乗ってくれ」って言われて。ハイエースが停まっていてね。で、ハイエースだけでおでんを売っているところから洗剤売っているところぐらいまでの距離はあるんじゃないか?って。で、そこからさらにエロ本が売っているところまで移動するっていう……「この距離、車両で行くの?」っていうね。

(水川かたまり)で、車両に乗り込んで、15秒ぐらいでNGK到着して(笑)。

(鈴木もぐら)でね、「えらいことになってるんで」って言うから「どうなっているんだろう?」と思って見たら、やっぱり朝の8時半だから人が2人しかいなかったね(笑)。

(水川かたまり)あの2人のためにわざわざハイエースで徒歩1分のところを移動して(笑)。

(鈴木もぐら)で、その2人も絶対にマスコミの人じゃないからね(笑)。なんとなく朝、うどんを食いに来ました、みたいなね(笑)。

(水川かたまり)なんか単純にそこで立ち止まっていただけの人(笑)。

(鈴木もぐら)ねえ。ありましたけど。でもね、そんぐらい、なんていうか社をあげてというイベントですよね。

(水川かたまり)で、我々はその朝8時半の公演に出させていただきまして。夜は18時半開演の『駐在さん』。さんまさんの『駐在さん』に出させていただきまして。

(鈴木もぐら)そうですね。新喜劇と言いますか。さんまさんが一番上で。そのコントが総勢50名ぐらい出るというもので。それ終わりでラジオという流れになっています。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
空気階段の踊り場
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました