スポンサーリンク

ジョイマン高木 好きな味噌汁の具を語る

ジョイマン高木 好きな味噌汁の具を語る 星野源のオールナイトニッポン

ジョイマン高木さんが2022年3月29日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。好きな味噌汁の具について話していました。

(星野源)ちょっといろんな質問が来てるんですけれども。東京都の方。「昨年の5月、『星野源 御祝言』で韻を踏んでいた……」。ああ、これは僕、知らなかった。本当ですか?

(高木晋哉)ああ、踏みました。

(星野源)ありがとうございます。かっこいいですね! 「踏みました」なんですね。ありがとうございます。

(高木晋哉)韻、踏まさせていただきました(笑)。

(星野源)アハハハハハハハハッ! ありがとうございます(笑)。

(星野源)「そんなジョイマン高木さんに質問があります。好きなお味噌汁の具は何ですか? 知りたい ホーミタイ」。

(高木晋哉)なにこれ? えっ?

(星野源)「ホーミタイ」っていうことですね。この番組、ちょっと恒例で。お味噌汁の具を聞くという流れがなぜかありまして。ちょっとぜひ、お願いしてもいいですか? 好きなお味噌汁の具を。

(高木晋哉)好きなお味噌汁の具は……油揚げ、胸毛!

(星野源)フハハハハハハハハッ!

スポンサーリンク

油揚げ、胸毛

(高木晋哉)あの、胸毛の方じゃないです。油揚げの方で。

(星野源)ああ、胸毛は入れないですもんね。お味噌汁にはね。でも、ご自身もかなり胸毛が生えてらっしゃいますよね。

(高木晋哉)胸毛、生えてます。はい。

(星野源)じゃあ、油揚げが好きなんですね。

(高木晋哉)油揚げ。はい。お味噌汁にちょっと油がパーッと浮く感じが。コクが出て……。

(星野源)アハハハハハハハハッ! ああ、たしかに。コクが出ますよね。一気に甘くなりますもんね。なんかすごいわかります(笑)。

(高木晋哉)はい(笑)。

(星野源)でも、あれですね。やっぱりその瞬時にラップ調になるっていうか。やっぱりキャラクターになるんですね。

(高木晋哉)そうですね。なんか普段の感じとグッと変わっちゃうんで。

(星野源)ああ、勝手に変わっちゃうんですね。

(高木晋哉)だからラップしてる自分も本当の自分なんですけど。普段、しゃべってる時も自分だし。

(星野源)ああ、なるほど。

(高木晋哉)自分でもよくわかんなくなるというか。どっちが本当なんだろう?って。

(星野源)ああ、どっちが本当なんだろうってなるんですね。最初、やっぱりキャラクターですもんね。「なんだ、こいつ?」っていうキャラクターだったわけですよね。

(高木晋哉)元々「ナナナナー♪」なんてする人間じゃなかったんで。

(星野源)ああ、そうなんですね。元々はどんな感じだったんですか?

(高木晋哉)本当に人見知りというか。あんまり人前に出るような人間じゃなかったんですけど。このネタを始めてから、なんか「すごい明るい人だ」みたいな感じで思われがちなんですけども。

普段のジョイマン高木

(星野源)ああ、たしかに。もう中学生さんの『おグッズ!』に出てらっしゃった時の、すごい温度の低めの2人の……なんか温度は低いんだけど、温かいみたいな。あの感じがすごく僕、好きです。

(高木晋哉)もう中さんといると、なんかあんな感じになっちゃうんで(笑)。

(星野源)アハハハハハハハハッ!

(高木晋哉)なんか普段の感じでテレビでそのままお送りしちゃってるんで。はい。

(星野源)ああ、普段もあんな感じなんですね。いいですねー。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました