スポンサーリンク

ナイツ・中川家・サンドウィッチマン『M-1 2021』ハライチを語る

ナイツ・中川家・サンドウ』ィッチマン『M-1 2021』ハライチを語る ニッポン放送
スポンサーリンク

ナイツ・中川家・サンドウィッチマンの皆さんが2021年12月21日放送のニッポン放送『漫才サミットのオールナイトニッポン』の中で、M-1グランプリ2021を振り返り。ハライチのネタについて、それぞれの採点をもとに話していました。

(中川礼二)さあ、次はハライチ。

(伊達みきお)ハライチ。礼二さん89点。塙くん89点。富澤が90点。

(塙宣之)みんな同じくらいですね。

(伊達みきお)さあ、剛さん。

(中川剛)僕は88ですね。

(伊達みきお)88。私、伊達は89。

(土屋伸之)土屋は90です。

(伊達みきお)まあまあ、みんな同じような。

(中川礼二)ツッチー、さっきからずっと一緒ちゃう?

(土屋伸之)たまたまです(笑)。

(伊達みきお)そんなんじゃ審査員のオファー、来ねえぞ?

(土屋伸之)俺、差をつけられないんすよ(笑)。

(塙宣之)後出しじゃねえかよ。それで錦鯉だけ高くすればいいんだから。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(塙宣之)色がなさすぎるだろ、この点数!

(土屋伸之)差をつけられないんすよ。ムズいんすよ、審査!

(塙宣之)だからギャルに付けてるような点数をつけろよ!

(土屋伸之)なんなの、それ? さっきから。

(富澤たけし)ツッチー、ギャルに点数つけてるの?

(土屋伸之)ギャルに点数つける場所、ないだろ? なんの点数だよ?(笑)。

時間オーバーしているので減点しやすい

(塙宣之)俺はハライチを減点しやすかったんですよ。やっぱり5分20分ぐらいやってたんですよ。僕は全部タイムを測っていたんで。4分なんで、やっぱり5分になるともう1展開、作れちゃうんで。なんかやっぱりそこは、なんだろう? もちろん点数としては逆に言うとちょっと低くしやすかったというか。まあ、あとはやっぱり岩井のいいところと悪いところがあるんですけどね。いいところでもあるし……なんか、その前に独演会でゲストでハライチを呼んだ時も、本当にお客さん伝わらないやつを延々と12分ぐらいあいつ、やっていたんで。

(富澤たけし)そうなんだ(笑)。

(塙宣之)だから体がもう、そういう体になっちゃってるのかなと思って。

(土屋伸之)前からなんか営業とかですげえ長い時あるんですよ。ハライチね。

(伊達みきお)営業はちゃんと時間を守らなきゃダメだよ。

(土屋伸之)誰が言ってるんだよ!(笑)。

(塙宣之)規定の6倍ぐらいやっていますよ(笑)。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(中川礼二)いや、営業に規定はないけど(笑)。

(伊達みきお)6倍って1時間以上やってるじゃん(笑)。

(富澤たけし)6倍はやってないだろ(笑)。

(中川礼二)ハライチってそんな感じなんや。

(伊達みきお)知らなかったっすね。

(土屋伸之)結構、そうなんですよね。

(塙宣之)岩井はやっぱり敗者復活で割とわかりやすいやつをやって、1位通過して、決勝であれをどうしてもやりたいっていうところがあったからね、よかったのかなって思いますけどね。

(伊達みきお)俺らの時は敗者復活で上がったから、そのネタを……って言われたけどね。

(富澤たけし)昔はだからそれで良かったけど。

(塙宣之)あれ、放送されてますからね。

(富澤たけし)今は敗者復活、放送してるからね。

(伊達みきお)そうか。なるほどね。何やってもいいっていうことね。

(塙宣之)剛さんはどうだったんですか? ハライチは。

(中川剛)ハライチは、そうですね。うーん……まあ、やりたかったやつをやってるなって感じが伝わってきましたけどね。うん……どうしましたか?

(伊達みきお)放送事故ですよ、これ?

(中川剛)なに? もう今、ものすごい眠たい……。

(一同)フハハハハハハハハッ!

(富澤たけし)急ブレーキ(笑)。

(伊達みきお)頑張ってくださいよ!

(中川礼二)一旦、CMです(笑)。

(中略)

(塙宣之)ああ、ハライチ。ハライチで急に眠くなっちゃったんですよね。

(伊達みきお)剛さん、ハライチは?

(中川剛)なにを?

(一同)フハハハハハハハハッ!

(中川礼二)コメントの途中ね。途中やったけども。

(塙宣之)ハライチのことを聞いてないんですよ。剛さんに。

(中川剛)いや、言った、言った。自分がやりたいことをやったんやなって。

(塙宣之)それで終わりですか?

(中川剛)「それで終わりですか」ってことはないやろ?(笑)。

(中川礼二)伊達ちゃんは?

敗者復活からの勝ち上がり

(伊達みきお)これ、富澤もM-1で言ってたんですけど。ちょっと澤部がおどおどするというか、やっぱりハライチの漫才ってそのイメージがあったから。もちろん、新しい形も面白かったけど。あとはちょっと敗者復活ってなると僕らはそこからどうしても出てきたんで。すごく楽しみに見てるんですけど。やっぱなんかこう、敗者復活の戦った仲間たちのためにも……っていう。その代表をして行くわけだから。一応ね。だからもう少し点数を高く取れるネタを。敗者復活でやったネタじゃなくて、違うのをやっているから。まあまあ、それはね。

(富澤たけし)行ってほしかったっていうね。

(伊達みきお)そうそう。もうちょっとバーンと行ってほしかったなと。ハライチ、俺は好きだからね。

(中川礼二)ツッチーは?

(土屋伸之)俺は90点。

(中川剛)また90点?

(土屋伸之)はい。まあ、たまたまですけども。でも結構高いですよ。だからハライチは。やっぱりあんだけ散々、いろんな漫才を見せてきたのに、また更にちょっと驚きがあったので。岩井くんの。

(伊達みきお)松本さんが「感動した」って言ってましたもんね。

(土屋伸之)いや、感動しました。岩井のあのテンションになるまで行くネタを持ってきたのはすごいなって思ったんで。まだまだハライチは売れるなっていう感じが。

(塙宣之)ちょっとびっくりしたもんな。岩井が急にギュッとなったから。あれはたしかに、そう思いましたね。

(中川礼二)まあ、ようウケてましたけどね。

(塙宣之)最後の優勝でパーン!ってなって、錦鯉が泣いた時によく見るとインディアンスの田渕くんが誰にも見えないところでこうやってバーン!って倒れたボケをしていて。今、それを思い出しました(笑)。

(土屋伸之)「驚いた」と言えば(笑)。

(中川礼二)それ、インディアンスの時に言うてよ(笑)。

(土屋伸之)はい。真空ジェシカ。

ナイツ・中川家・サンドウィッチマン『M-1 2021』真空ジェシカを語る
ナイツ・中川家・サンドウィッチマンの皆さんが2021年12月21日放送のニッポン放送『漫才サミットのオールナイトニッポン』の中で、M-1グランプリ2021を振り返り。真空ジェシカのネタについて、それぞれの採点をもとに話していました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニッポン放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました