スポンサーリンク

高田文夫『笑点』林家三平卒業を語る

高田文夫『笑点』林家三平卒業を語る ラジオビバリー昼ズ

高田文夫さんが2021年12月20日放送のニッポン放送『ラジオビバリー昼ズ』の中で林家三平さんの『笑点』大喜利メンバーからの卒業についてトーク。後任候補などについても話していました。

(高田文夫)いやー、押し迫ってまいりました。12月も20日ですね。月曜日です。はい。お相手が……。

(松本明子)月曜ビバリー担当、松本明子でございました。

(高田文夫)昨日はありがとうございました。

(松本明子)先生、昨日はありがとうございました。

(高田文夫)昨日はね、雀々さん(桂雀々)の会がありまして。私、ゲストで行きまして。チュウチュウマウス会。まあ、あることないこと……またお前も客席で笑っているから、もうさ。

(松本明子)いちゃついてましたね。

(高田文夫)いちゃついて。雀々と俺はすごいよ。もう脈絡がないから。30分間、話の。あっち行ったり、こっち行ったり。気がついたら蛭子批判になっていたから、よくわかんないよ。

(松本明子)蛭子さん(笑)。

(高田文夫)もうめちゃくちゃだよ。トークのあれが。いや、面白いね。出たとこ勝負だから。だから一切、ビタ一文俺はM-1を見ていないわけだよ。だから高座に出ていてさ、「雀々、お前としゃべっている場合じゃないんだよ。俺は家に帰ってM-1を見なきゃいけないんだよ」って言ったらドッカーン!って。お客さんも気がついて。「ああ、そうだ。M-1やってるんだ、今」って(笑)。客も急にジタバタジタバタして(笑)。「忘れていたわ」みたいな。それで、見ないでな。その後、軽くちょっと身内だけで打ち上げ。アッコちゃんも来てくれてさ。

(松本明子)そうなんです。昇也さん、かけ橋さんとみんなで。

(高田文夫)そう。いろんなことがあったな。昨日だけでさ。

(松本明子)もういろんなニュースが飛び交ってましたよ。

(高田文夫)本当だよ。俺もな、舞台に出ていって。「皆さん、神田さんの話とかいろいろと悲しい話もありますけども、暮れにきていいニュースが。M-1の優勝者が出て、そして三平降板という明るいニュースが全国に轟きました」って言ったらドッカーン! 「その通り!」なんて。

(松本明子)会場が揺れましたね(笑)。

(高田文夫)「待ってました!」だって(笑)。それ、待ってましたは違うだろ? 「三平降板という明るいニュースが飛び交う今日このごろ」だって。

(松本明子)ビバリーのスタッフも昇太師匠から何の情報も来てないんでしょう?

(高田文夫)ビタ一文、聞いてないんだよ。

(松本明子)ニワさん、聞いてるんじゃないですか? 耳に入っている? 入っていない?

(高田文夫)もう昇太は口が固いことで有名なんだから。口と財布が固いんだから。そんなことを言ったらダメだよ(笑)。昨日、だから弟子の……あいつ、来年真打ちになるんだよ。昇也。それで昇也に「お前、聞いただろう? 昇太から。次のあれ。誰なんだ?」って聞いたら「いや、絶対に教えてくれませんよ。うちの師匠は。口が固いですから。もう、笑点の司会に決まった時も、自分の結婚の時も、私たち弟子は全員、視聴者と同じ時点で知るんです」って(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)そうらしいんだよな。同じタイミングで知るらしいんだよ。

(松本明子)なにも師匠は教えてくれないんですね。

口が固い昇太師匠

(高田文夫)固いよ。昇太は。それで、間抜けだったよな。雀々な。その話を楽屋でしていてさ。「三平さん、なに? 降りたんだね」なんて言っていたら「ああ、そうか。三平くん、降りたか」なんて雀々が言っていてな。「あれ、そういえば先生。私、笑点の新春スペシャルに呼ばれて。この間、撮りましたよ」「撮ったの?」「撮りました。文枝さんとか上方勢も行って。笑点の正月特番、撮ったんですよ。……三平くん、おらんかったな?」って(笑)。気がつけよ!

(松本明子)「そういえば、おらんかったな?」って(笑)。

(高田文夫)「おらんかったな? 存在、薄いな」って。収録に行って知らないんだからさ。「そういえば、おらんかったな?」だって(笑)。

(松本明子)「気が付きませんでしたわ」って。

(高田文夫)それでみんな、「あの席、どうするんだろう?」って。

(松本明子)「昇也さんじゃないの?」って。先生が。

(高田文夫)そしたら俺のあの元祖在宅記者! あいつがまた自分の家から……取材を無精するから。取材を家からみんな電話しているんだから。俺の隣に昇也がいるのにさ。で、在宅記者から昇也に電話があって。「ああ、もしもし? 昇也くん? 言われているんじゃないの? 日テレから。君なんじゃないの?」「何を言っているんですか? 隣に高田さん、いますよ?」「ああーっ!」なんて(笑)。「高田先生、隣にいますよ?」「うわっ、ちょっと……いや、噂、噂」だって(笑)。「ちょっと業界的にみんな、君じゃないかって噂をしているから」「いや、僕は一切言われてません」って。昇也もな、言っていたよな。

(松本明子)そうでしたよね。

(高田文夫)だからみんなで「でもさ、1週空いて気がついたら、こぶ平が座ってんじゃねえか? 正蔵が座っていたら怒るぞ!」っつって(笑)。そしたら雀々が「それよりも、海老名香葉子さんが座ってまっせ」って(笑)。「それよりも」だって。「海老名香葉子さん、あそこの席に座りかねまへんで」って。おかみさん、88だって。「夏も近づく……」だって(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)「88でっせ」「夏も近づく?」「うまいこと言うな!」って。

(松本明子)「88」で「夏も近づく」って(笑)。

(高田文夫)俺、振ったんだよ。「そういうところ、お前はZ世代だからな」っつったら「はあ?」って。「お前、そういうところがあるんだよ。Z世代だから」「なんでんの、それ? Z世代」って。客がドッカーンってわいているのにさ、雀々だけわかってないんだよ。

(松本明子)「ワシ、入ってますの?」って。

(高田文夫)「だから俺の歳からお前の世代までがZ世代」「ああ、これ、使わせてもらっていいですか? ああ、そうですか。いいですか。メモっておきます。私がZ世代……ああ、こんなことを言いがちなんですか? Z世代は」って。もう全然、意味がわかってないから。

(松本明子)「なんでっか? Z世代は?」って。

(高田文夫)客が半分ぐらいわかっていて、ゲラゲラ笑っているんだよな。「Z世代……私、入ってます?」だって(笑)。あの人、面白いよな。雀々さんって。

(松本明子)面白いですねー。大爆笑でした。

(高田文夫)それで昨日はなんつったって枕でさ、俺がいるもんだからサービスでさ、四天王のモノマネをしてくれてさ。松鶴、米朝、春團治、文枝。4人を使い分けて電話の話。なあ。前座時代、修行時代の話。電話を受けちゃうんだよな。あれは面白かったね。

(松本明子)あれ、秀逸でしたね。

(高田文夫)面白かった。雀々さん、面白かった。だからさ、M-1がわかんなかったんだよな。それで今日の夜、家に帰って見るのが楽しみなのに……そしたらみんなしてさ、「ああ、どうも。錦鯉、おめでとうございます」って。「馬鹿野郎! 言うな、言うな!」って。みんなメモって書いてあるしさ。「あれですよね? 漫才協会ですよね? 先生、なんかやんなきゃね」だって。大きなお世話だよ(笑)。「俺が予想した通りだな」って。渡辺くんだっけ? あれが才能あるから。ネタを作るから。それでみんなさ、推理してさ。三平の後、誰が座るのかな?って。で、わさび(柳家わさび)っていう説もあるんだよ。

(松本明子)ああ、日大? 先生の後輩。

後任候補

(高田文夫)そうそうそう。また裏口、裏口よ。得意の。俺のさ。ポスト太田だから。そういうことを言うなよ(笑)。もうすぐ結審出るんだから、そういうことを言うんじゃないよ。

(松本明子)昇也さんが言っていたよ。「わさびさん説、あるんですよ」って。

(高田文夫)あと、やっぱりそろそろこういう時代だし。男女問題、ジェンダー問題もあるだろう? やっぱり今、来ているから。小朝のところが。ぴっかり(春風亭ぴっかり)。これもあるよ。華やぐだろう?

(松本明子)ああーっ、女性の。

(高田文夫)で、宮治(桂宮治)っていう説もあるんだよ。でも、カメラを引くとたい平だか宮治だかわかんないんだよ(笑)。髪の毛がキューピーさんみたいで。で、カメラを引いちゃうと2人がわからないから。だから宮治はなしだよ。

(松本明子)髪型が似ているから(笑)。

(高田文夫)引いた画がおなじになっちゃうから。だから「命」のゴルゴかなとも思ったんだけども。この3人が同じなんだよ(笑)。「命」とたい平と宮治が。3人、同じ髪型しているから。だからこれもないなって思ってさ。それで結局、誰が座るのか?って考えたんだけど……錦鯉だな。

(松本明子)アハハハハハハハハッ! 錦鯉(笑)。

(高田文夫)2人、座らせておけばいいじゃん? お祝いだから(笑)。

(松本明子)縁起物だから(笑)。

(高田文夫)誰になるかわかりませんけども。いろいろあるようでございますけども。楽しかったね。メールもいっぱい来てますね。「高田先生、大好きな錦鯉がM-1優勝ですよ。さすが、高田先生のお眼鏡にかなっていますね」。ああ、号泣したの?

(松本明子)号泣してました。

(高田文夫)三平が?

(松本明子)アハハハハハハハハッ! 三平さんもちょっと涙目でしたけども。

(高田文夫)「号泣している姿に感動」とか。ああ、本当にみんな、書いてあるね。

(松本明子)審査員のナイツ塙さんもサンドの富澤さんももらい泣きしていました。苦労人でよかったですよ。50歳で。

(高田文夫)これ、すごいよ。昨日来た人。女の人ですよ、これ。「昨日の国立演芸場で行われた雀々独演会、私も行きました。独演会はもちろん、高田先生とのチュウチュウマウス会。あのマウス会はすごかったですね。あと、歴代の師匠のモノマネ。4人の芸風……勉強不足の私でもそのお人柄や情景がありありと浮かんできました。開演前、隣のご婦人が持っていらしたアンケート用紙をチラ見すると『本公演を何で知りましたか?』の質問に『ビバリー昼ズ』と書かれており、時節柄、直接お声はかけませんでしたが『やはりあなたもビバリスト』と思った次第でございます」という。ありがたいね。

(松本明子)超満員でしたからね。

(高田文夫)ねえ。演芸場。よかったね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました