スポンサーリンク

AKLO Migos『Versace』のその後のラップに与えた影響を語る

AKLO Migos『Versace』を語る INSIDE OUT

AKLOさんが2021年12月6日放送のblock.fm『INSIDE OUT』10周年記念放送の中でMigos『Versace』をこの10年間の個人的ベスト楽曲として紹介。その後のラップに与えた影響について話していました。

(渡辺志保)というわけで続いてはAKLOさんの10年間のベスト楽曲、ベストソング・オブ・ザ・ディケイドを教えていただけますでしょうか?

(AKLO)ディケイドですよね? ヤベえ! どんだけヤバいリリシストが出てくるのかな?

(渡辺志保)本当だよ。AKLOと言えば、ねえ。

(AKLO)じゃあ、僕の選んだのは……ミーゴスで『 Versace』。

(渡辺志保)来たー!

(AKLO)「ベサチ、ベサチ、ベサチ……♪」って。

(渡辺志保)でもてっきり私は「J・コールの○○」とか、それこそ「ケンドリック・ラマーの○○」とかさ。

(AKLO)「なんで俺、ここに着地したの?」っていうね(笑)。

(DJ YANATAKE)でも、これはラッパーが選ぶ感じ、するな。ちょっと。

(渡辺志保)たしかに。だってめっちゃ新しかったもんね。

(AKLO)そう。なんかこの曲は単体でももちろんインパクトがあったんだけど。これをドレイクがリミックスして……とか。ミーク・ミルとかタイガのリミックスとかも出てきて。特にドレイクだけども。まあ、同じそのフロウで来たのよね。

(渡辺志保)まあ、今だともうこの三連符のフロウってみんな、当たり前にやってると思いますけどね。

(AKLO)で、この曲がきっかけでみんながそういう「ベサチフロウ」って呼ばれる……もう今では死語みたいな感じがするけども。当時はマジで三連符をベサチフロウって言っていたもん。

(渡辺志保)フフフ、たしかに。だって「三連符」とかってパッと思いつかないもんね。

(AKLO)だけど、この曲がきっかけでその後の……これ、2013とか4年とかじゃないですか。この曲がきっかけで、そこからのラップは全部、変化したと思うんだよね。ここで大きなバグが起きちゃったんだよね。だからそういう意味でこの数年間、考えて。さっきのカニエのあれもそうなんだけど。まあ、カニエとあとまあもう1人、言うならばドレイクかなとか考えてていて。でも、そんなことよりもこのフロウのインパクトって半端ないなって。

三連符フロウをその後の定番にする

(渡辺志保)本当だよね。だってアトランタのこの3人組のフロウが今、日本のラッパーの方たちもこういうベサチフロウ a.k.a 三連符フロウって本当、普通じゃないですか。

(AKLO)そう。だからその全てを変えちゃったじゃない?

(渡辺志保)超ゲームチェンジャーってことですよね?

(AKLO)だからやっぱりこれ、この10年を見ていくと結構、この楽曲は光っているなってなったの。

(渡辺志保)あと結構、CHERRY BROWNくんも早くリミックスを……なんかすぐに作ってたような気がしますね。当時ね。

(AKLO)だから10年経って今でこそ思うけど。たぶん、そのウィークリーとかでも選ばなかったかもしれないんですよね。だけどその後のラップに与えた影響を考えたり、あとはそれこそドレイクのリミックスとかが出たりとか。なんかこれがもっともっとビッグな楽曲になっていくにつれて……で、久しぶりに今日、選ぶで聞いてたんだけど。もうね、フロウの宝の山だったね。いつ戻ってもいいぞっていう。

(渡辺志保)でもこのAKLOくんが……だって今、『ラップスタア』の審査員をやってるAKLOくんがここまで言うミーゴスの『Versace』、相当ヤバいね。

(AKLO)相当ヤバいよ!

(渡辺志保)でも、たしかに今で言うトラップ……ちょっとその音数の少ないトラップソングとかもやっぱりなんか、この2013年あたりからグッとより主流になってた感じもしますし。そのミーゴスがもたらしたもののデカさっていうのはすごいね。

(AKLO)そうですよね。

(渡辺志保)ありがとうございます。AKLOさん、めっちゃ悩みました?

(AKLO)だからそういう風によく考えた結果、「これだ!」ってなったんだよね。

(渡辺志保)ありがとうございます。じゃあちょっと皆さんにもその「これだ!」を聞いていただきたいと思いますので、AKLOさんから曲紹介をお願いできますでしょうか?

(AKLO)では皆さん、聞いてください。ミーゴスで『Versace』!

Migos『Versace』

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました