スポンサーリンク

星野源・三浦大知・松重豊 渋谷・原宿の思い出を語る

星野源・三浦大知・松重豊 渋谷・原宿の思い出を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

三浦大知さんと松重豊さんが2021年11月23日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。『おげんさんといっしょ』の生放送を終え、車でNHKから有楽町のニッポン放送に移動をしながら通りかかった渋谷の思い出を星野源さんと話していました。

(星野源)あっ、ちなみに今は渋谷でございまーす!

(松重豊)スクランブルッ!

(星野源)スクランボーッ! いつもお世話になっているTSUTAYAさんがね、横にありますけども。

(松重豊)みんな、手を振ってる!

(三浦大知)えっ?

(松重豊)嘘、嘘(笑)。

(星野源)アハハハハハハハハッ!

(松重豊)誰もいないよ(笑)。

(星野源)なんか『ONE PIECE』の看板が。ねえ。いやー、こういう感じでちょっとね、街を抜けて有楽町に行きますよ。

(松重豊)甘栗屋さん、まだあるね。

(星野源)ありますね。あそこね。

(松重豊)買ったことないけど。

(三浦大知)天津甘栗。

(星野源)ここ、すごいっすよね。本当に。ずっとありますもんね。

(松重豊)うわっ、ここを通るの、久しぶりだな。

(星野源)なかなか、しばらく緊急事態宣言も長かったので、僕はあんまり街に出れていなかったので。

(松重豊)ああ、これだ。ミヤシタパーク。

(星野源)ああ、ミヤシタパーク。そうか。ここから来るんだ。

(三浦大知)こっちも開発がすごいですね。もう、別の街のような……すごいですね。

(松重豊)ジァン・ジァンの帰りにこのへんで暴れていたのにさ。

(星野源)ジァン・ジァン。あの地下に降りていくところね。

(松重豊)で、酔っ払ってそのへんの宮下公園で相撲を取って帰っていたんだよね。

(三浦大知)相撲(笑)。

(松重豊)もう相撲、取れないよ。ここ!

ジァン・ジァンの帰りに宮下公園で相撲を取っていた

(星野源)そうですね。今、入れないから。たぶん、夜は。いやー、じゃあちょっと、お疲れかもしれませんが今日、2時間お付き合いいただくということで。よろしくお願いします。なので、みんなでタイトルコールしましょう。今日は、これはもう『おげんさんといっしょ』ではなく『星野源のオールナイトニッポン』でございます。だから星野源と、松重豊と、三浦大知のオールナイトニッポンっていうことで。行きましょう。星野源と……。

(松重豊)松重豊と……。

(三浦大知)三浦大知の……。

(星野・松重・三浦)オールナイトニッポン!

(中略)

(松重豊)さあ、ここはどこですか? ミヤシタパークが終わったぐらいですね?

(三浦大知)ああ、このあたり、そうだ。結構、この近くに自分の縁の場所っていうか。自分がたぶん中学生ぐらいですかね? うちの事務所のスタジオがこの通り沿いにあったんですよ。

(星野源)ああ、なるほど。

(松重豊)中学生から事務所に?

(三浦大知)僕、9歳の時にデビューだったんで。それからずっとなんですけども。ちょうど中学生ぐらいの時にダンスレッスンをしに毎日通ってたところがあって。

(星野源)なるほど。それが渋谷だったんですね。

(三浦大知)そうです。その時、もう本当に人見知りで。友達が全然いなくて。

(星野源)それが中学生ぐらい?

(三浦大知)だから、ダンスレッスンの途中に筋トレみたいなのとかをやるんですけど。その時に1回、腹筋がつったことがあったんですけど、周りの誰にも言えなくて。腹筋がつったままずっとやり続けるっていう(笑)。

(星野源)その頃からストイックだったんですね(笑)。

(三浦大知)言えばよかったんですけども。でも、もう本当に毎日のように通って。で、なんかちょっとケバブ食べて帰るみたいな、そういう感じでそうでしたね。このあたり。あとは今はもうない原宿アストロホールっていうところがあって。そこが一応、三浦大知のソロとして初めてライブを……2曲だったんですけど。させてもらったのがそこで。

(松重豊)すごい思い出いっぱいじゃない? 泣いていいよ?

三浦大知ソロ初ライブをしたアストロホール

(三浦大知)フフフ(笑)。でも本当にその時は……僕、元々Folderっていうグループでやっていたんですけど。そこからソロになって5年ぐらい休業を……喉のために休んでいて。で、それから初めてのライブだったんですよ。三浦大知、1人として。で、出ていったら全体が50人ぐらいだったんですけど。でも、知ってくれているのは5人ぐらいの方だったんですけど。その5人ぐらいの方が「お帰り!」って言ってくれて。それがもう今でも、すごい思い出に残っている感じがありますね。

(星野源)そうなんだ。それがじゃあ、すごく勇気をもらったっていうか、嬉しかったんだね。

(三浦大知)その時の「自分の歌とかパフォーマンスを待っててくれた人がいるんだ」っていうのはなんかすごい愛を感じたし。

(星野源)何年も空いたのに待っていてくれたっていう。

(三浦大知)「ああ、待ってくれていた人がいたんだ」っていう。

(星野源)そこからここまで、もう大活躍をするようにさらになり。素晴らしいですね。

(三浦大知)そのスタートがあったからっていうことですね。

(星野源)原宿の交差点でございます。私はもう渋谷からね、ここらへんの通りはもう本当にお金がない時からずっと歩いてました。もうクソみたいな時代をね、ここで過ごしてましたよね。本当に。

(松重豊)なにをして歩いていたの?

(星野源)もうなんか、「いいなあ」とか思いながら。「いいなー、お金ないなー。売れたいな」ってとか思いながら、ここらへんも歩いてましたよ。なんかその、買い物をしたいけどお金がないみたいな。そういう感じでいろんなのを見たりとか。

(三浦大知)ああ、でもわかります。

(星野源)あとはレコード屋さん、CDショップに行ったら死ぬほど試聴をさせていただきました。もう覚えて帰るみたいなぐらい、試聴をさせていただき、あとで倍返しということで。お金が稼げるようになってから、たくさん買うようになりました。

(三浦大知)素晴らしい!

<書き起こしおわり>

星野源と松重豊 渋谷の思い出を語る
星野源さんと松重豊さんが2020年11月3日のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』でNHKからニッポン放送に向かう社内からラジオを生放送。渋谷の街を車で通りながら再開発で変化していく渋谷やその思い出などを話していました。 今夜...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました