スポンサーリンク

オードリー若林 憧れの石川佳純をゲストに迎える緊張感を語る

オードリー若林 憧れの石川佳純をゲストに迎える緊張感を語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

オードリー若林さんが2021年9月4日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で次週のゲスト、石川佳純さんについてトーク。以前から大ファンであることを公言している若林さんがその緊張感について話していました。

(若林正恭)(石川佳純さんにゲスト出演をお願いするにあたって)「じゃあ、聞いてみる時も本当に失礼のないように。『難しいと思いますが……』で頼むよ?」って言ったらその次のLINEで「石川佳純さん、OKが出ました」って……おいおいおい! もう断られるもんだと思ったから。それで俺、言ったの。「石川さんに聞いてみるのはいいけど。絶対ないと思うけど、それで万が一OKだったら俺、機能しないからね? 石川佳純さんを目の前にしたら何もしゃべれなくあるから。もう春日がやるしかない。俺はもう、だって無理だから」って。だって、その会いたい人の本当に一番だけど……でも、憧れ過ぎてるとさ。

(春日俊彰)何を聞いていいかもわからんしね。

(若林正恭)そう。自分が機能しなくなるじゃない? だから「もう無理よ」って言っていたら「決まった」って……これ、どういう感じなんだろうね? 石川佳純さんサイドからどう、話が入っていって……だからつまりその「第2のカスミン」っていうか、ポストカスミン」っていうか(笑)。

(春日俊彰)まあ、そうだね(笑)。

(若林正恭)ナンバー2ですもんね? カスミンになる……ジェネリックになるわけですからね。カスミンの(笑)。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)向こうが本物、お前がジェネリックだからな?

(春日俊彰)こっちがジェネリックなの?

(若林正恭)効き目は一緒だけどね?

(春日俊彰)じゃあ、まあいいか。うん(笑)。

ジェネリックカスミン=春日

(若林正恭)それで、ねえ。それは石川佳純さんが「いいです」って言ってくださったっていうことなのかな?

(春日俊彰)それはそうでしょう? 事務所さんもだからOKで。で、一番のOKはご本人ですよ。そういうもんでしょうよ。

(若林正恭)それ、すごくない?

(春日俊彰)ちゃんと、だからの説明はしたのかい? 嘘ついてないだろうね? 番組のさ、なんかすごいいい感じで……なんかお堅い番組みたいな感じで嘘をついてオファーはしてないだろうね? ちゃんと言ってる? くだらねえ番組だって。ちゃんと言った上で?

(若林正恭)そうだよね。だから石川さんもその、なんていうの? この番組のテイストがさ……。

(春日俊彰)そうよ。そこをちゃんとさ。ちゃんとヒロシのコーナーもやってくれるわけ?

(若林正恭)いや、ヒロシのコーナーはやらないであろう? 石川佳純さんが。

(春日俊彰)でも、やっぱりゲストの方が来てくださったらね、やるっていうのは……それこそ、いろんな名だたる方々が……。

(若林正恭)梅沢富美男さんのケツバットじゃないんだよ、お前(笑)。

(春日俊彰)何バットをしてくれるんだよ? 石川選手は?(笑)。

(若林正恭)いやいやいや……でも俺、本当にもう何も機能しなくなる。マジで。本当にずっと「あのー、あれ、あの……感動しました。本当にあのー、しびれました。何回も『プロフェッショナル』、見てます。うっす……」って(笑)。いや、もう本当にこれ! 春日……カスミンにかかっているよ。これ、Wカスミンに!

(春日俊彰)なるへそ。カスミン対決になるわけだな。

(若林正恭)いや、これは……銀メダリスト。卓球女子団体。石川佳純さん……来週、来るんだよね? ここに。というか、アスリートの方で1時・3時って起きてていいのか? あそこまでのアスリートの人で1時・3時ってさ。なんか、きっとあるんじゃないの? 体の、なんかこう、回復なんとかとか。タイムとか。

(春日俊彰)だから普段はもちろんね、この時間は起きていらっしゃらないでしょう? だからゲストに来てくれるから、特別になんかいろいろと1週間のスケジュールをうまいことさ、合わせて来てくれるんでしょう? 調整してくれて。体の調子とかも。

(若林正恭)一番緊張するかもしんない。今、会う人で。世界で。

(春日俊彰)それはでも、そうだろうね。ずっとやっぱり若林さん、言ってるしね。

(若林正恭)言ってて。どうしよう? どうしよう? で、「感動しました」って言って……。

(春日俊彰)聞きたいことはいっぱいあるわけでしょう?

(若林正恭)『プロフェッショナル』の副音声とか、『プロフェッショナル』自体もそうだし。なんかね、たまに見る画像で中国の会見の時とかに中国のファンの方に唐突に「スマホカバーください」って言われて。「あ、いいですよ」とか言ってそのままプレゼントしたりするのとか、なんか気さくで明るくて。で、結構ね、しゃべれる人っていうのは知っているのよ。『プロフェッショナル』の副音声とかでも。ただ、俺がしゃべれなくなるからね。もう本当に「きれいですね……」って(笑)。

(春日俊彰)なんだ、それ? しょうもない!

(若林正恭)いや、そうなっちゃうよ!

(春日俊彰)それはもう、聞きたいことを聞いていただきたいよね。そりゃあね。そういう感じでぼた餅も声をかけたんでしょう? 若林さんが聞いてもらうっていうさ。

(若林正恭)いや、まいったな。こりゃあ、まいったな。本当に。でも、ほら。卓球のことはいろんなところでおしゃべりになられてるけど。なんか、普段ね、その練習の後になにをしているとか。テレビを何を見ているとか……ねえ。ちょっと、そういうのはわかんないよね。

(春日俊彰)そうだよね。バラエティとか、見るとか。

(若林正恭)でも、機能しないよ。だから、『あちこちオードリー』みたいな感じは無理だからね?

(春日俊彰)なんでよ? ああいう感じ、行けるじゃないの?

(若林正恭)「本当に、感動しました。いつも見てます。きれいっすね」って(笑)。

(春日俊彰)なんだ、それ? しょうもない!

(若林正恭)しょうもなくはないだろうよ! 「美しいですね」って。この4連コンボのずーっと続くリフレイン(笑)。

(春日俊彰)それはでも、普段聞きたいことを普通に聞いたらいいんじゃないですか?

(若林正恭)いや、これは若林、オードリー始まって以来の熱い1週間になるね! Gen Hoshino(星野源)のところにも出ることになって。源ちゃん。「源ちゃん」とはまだ呼んだことはないけどね。

オードリー若林 星野源との距離を詰めきれない理由を語る
オードリー若林さんが2021年9月4日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で星野源さんのラジオにゲスト出演する件についてトーク。星野源さんと波長が合うことは感じつつも、仲良くなりきれないでいる理由を話していました。

(中略)

(若林正恭)いや、しかし今までDJ KOO、ルシファー吉岡、あばれる君と来て、石川佳純さんですよ!

(春日俊彰)いやー! もうね……。

DJ KOO→ルシファー吉岡→あばれる君→石川佳純

(若林正恭)これ、どうするよ? マジで。来週、来てくれるの? 本当に来てくれるのね? ヤバい、ヤバい、ヤバい……。

(春日俊彰)しかもこのタイミングでだぜ? 東京オリンピックが終わった後にだよ?

(若林正恭)だからヅカと席を代わってもらう? でも、横も緊張するしな。斜めだと、目が合う可能性もあるもんな。

(春日俊彰)いや、あるでしょう? 話すんだから。

(若林正恭)いや、俺はもうだから「どうするの?」って青銅さんに怒ったんだから。

(春日俊彰)青銅さん、関係ないでしょうよ?

(若林正恭)「青銅さん、知ってるでしょう? 春日回しでうまくいったスペシャルウィークなんてないじゃないですか? 箱根コナキンズみたいになりますよ? 唯一、改変を乗り越えられなさそうだったあのスペシャルウィーク。これ、どうすんの?」って。ぼた餅と青銅さんにも言ったもん。

(春日俊彰)そしたら、なんて?

(若林正恭)「春日さんがやってくれます」って。

(春日俊彰)……どうすんだよ!

(若林正恭)フハハハハハハハハッ! いや、俺はマジで機能しないわ。どうしようかな? どうしようかな?

(春日俊彰)まあ、だから聞きたいことを聞けばいいんじゃないですか? だから、それを持っておいてっていうかさ。

(若林正恭)でも聞きたいことを聞いたらオードリーのラジオじゃなくなるよ? でもね、俺もね、石川佳純さんの副音声とかを聞いたりね、バーッとしゃべっているのとかを見たりしたけどね、3人の中では一番しゃべれるんじゃないかな? 明るいんだよね!

(春日俊彰)じゃあ、もう最悪、石川選手に回してもらうっていうことでもいいんじゃないですか?

(若林正恭)アハハハハハハハハッ! お前、チームの移動じゃねえんだぞ? 日本の選手団じゃねえかよ、それ!(笑)。

(春日俊彰)卓球チームでやっている感じで。

(若林正恭)あの開会式、あのプレーを見て。でも、よくOKしてくれたよね。

(春日俊彰)本当だよ。どういう……なんでなんだろう? まず、そこを聞きたいよね。

(若林正恭)かすみんカレー、ちょっと記念に、お祝いに食べようと思ったら奥さんが全部食べてたけどね(笑)。

(春日俊彰)うん。それは自分の分、取っておかないと(笑)。食べられちゃうね。

(若林正恭)ヤバいよね。石川佳純さんが来てくれるって。

(春日俊彰)ヤバいよ。だから他の番組とかに比べても我々……だからようやく戦えるよね。もう1位でしょう? ゲスト。毎回毎回さ、バカにされては来たけどさ(笑)。

(若林正恭)「誰なんだよ?」っていうこともさ……そしたらDJ KOOさんとかに失礼だけど(笑)。

(春日俊彰)ねえ。「他のところ、いいな」とか言ってきたけど。

(若林正恭)逆にTAIGAさんとかにも来てもらって、バランスを取ってもらうとかね。

(春日俊彰)ああ、なるへそ。そしたらちょうどフラットぐらいになるかもね。

(若林正恭)俺、もうね、聞いた時からずっと緊張しているのよ。うん。

(春日俊彰)まあ、するでしょう。 また違うもんね。

(若林正恭)あれ、知っている? ビッグ佳純っていう石川佳純さんのオブジェがどこだったっけな? ある場所に作られたことがあって。写真を撮りたくて。空き時間だったかな? 遠いんだけど、行ったのよ。あそこの場所で合っていたのかな? で、行っている途中で調べてわかったんだけど。ご時世だから人が集まらないように「いつ、展示します」とかは言わずにゲリラ的に出してはしまっていたっていうのだったから、撮れなかったんだけども。ビッグ佳純とかじゃないレベルよ。本人が来るんだから。

(春日俊彰)ビッグとかじゃない、等身大の。もうリアル佳純だから。

(若林正恭)いやー、トークをチキータで返せるかね?(笑)。

(春日俊彰)返してもらわないとね。うん。回転をかけて(笑)。

(若林正恭)大丈夫かな? もうフォアで取られまくるだろうね(笑)。

(春日俊彰)それはね、勝てはしないだろうけどね。

ビッグ佳純ではなく、リアル佳純

(若林正恭)そうそう。ビッグ佳純がね。スポーツ用品メーカーが作られて。本社の前に……だから本社を調べて。写真を撮りに行こうと思ったら、なくてさ。

(春日俊彰)常にあるわけじゃないんだね。なるへそ。

(若林正恭)なんか昔、あったよね? 春日がなんか好きな女性タレントが来てるテイで録音をしといて、ドッキリっていう……なんか、あんなことをやるんじゃないのか? 篠崎さんの時。

(春日俊彰)ああ、なんかあったね。

(若林正恭)でも、それを石川佳純さんでやるのはちょっとひねり過ぎてるもんな。手首、やってるもんな。それはな。

(春日俊彰)いや、もうそういう感じもないでしょう。

(若林正恭)そうだよね。俺、ちょっと……春日さんも「なんだ、それ!」ってなるかもしれないけど(笑)。

(春日俊彰)それはそれで楽しみですけどね?(笑)。

(若林正恭)でも、プライベートの時間とかね、休みの日とかで……『プロフェッショナル』でも試合が終わってインタビューするじゃん? で、ホテルの部屋に入ってく映像で終わって「次の日」みたいな時に「ずっと部屋にいました」みたいな時とか、あるのよ。ずっと部屋にいる時とか、なにをしているのかな、とか。

(春日俊彰)何の番組を見てるんだろう、とかね。だってずっと座ってるわけじゃないでしょう? テレビは見ているわけでしょう?

(若林正恭)あれだよね。試合の時、オリンピックの時、リトルトゥースのリストバンドとかしてなかったよね? そしたら、ラジオを聞いてるなとかは思うんだけども(笑)。

(春日俊彰)してないよ、それは(笑)。

(若林正恭)ピンクのをね、していましたけども。ということで石川佳純さん、本人が来週、来てくださいます。

<書き起こしおわり>

オードリー若林 石川佳純『プロフェッショナル仕事の流儀』を語る
オードリーの若林さんが2020年8月29日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』石川佳純スペシャルの素晴らしさを話していました。 (若林正恭)俺ね、新幹線に乗る時に本屋に寄る...
オードリー若林 東京五輪の石川佳純を見て泣いた話
オードリー若林さんが2021年8月7日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で東京オリンピックでの石川佳純さんについてトーク。石川佳純選手の試合を見た後、『プロフェッショナル 仕事の流儀』などを見返して涙を流した話をしていました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました