スポンサーリンク

春日クミとオードリー若林「春日事件」を振り返る

春日クミとオードリー若林「春日事件」を振り返る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

春日クミさんが2021年6月19日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』に出演。若林さん、春日さんとプロポーズ直後に発覚した「春日事件」を振り返っていました。

(若林正恭)ああ、やっぱりクミさんだからこそ気づくっていう。でも、上手いこと合っているんだろうな。2人がね。

(春日俊彰)まあ、そうね。違う……真逆とまでは言わないけど。タイプは違うだろうね。クミさんは友人も多いしね。

(若林正恭)多いもんね。聞いてたら。だから、お家に来るってことでしょう? 友人たちが。サッカーの試合とか、あったりすると。その時、春日はしゃべるの?

(クミ)だから結婚前は、それこそ絶対に顔を出さなかったんですよ。

(若林正恭)ああ、なるほど。そういう場所に。

(クミ)たぶんだから、あの一件があって……。

(若林正恭)フフフ、クミさんから言ってくるんだ。それ(笑)。「あの一件」って、あれですよね?

(クミ)あれですよ。いわゆる、あれですよ。あれがあってから、出るようになってきました。

(若林正恭)足の怪我だよね?

(クミ)違いますよ(笑)。

(若林正恭)あれだ。アフリカで蜂に刺された時だ。

(クミ)違います(笑)。

(春日俊彰)小さいな(笑)。

(若林正恭)あの一件じゃなくて?

(春日俊彰)あの一件に比べたら、足の骨折も蜂も小さいわ!

(若林正恭)じゃあ、どれよ?(笑)。

(春日俊彰)「どれよ?」じゃないのよ。こうね、2年ぐらい前のね、例のやっぱり、件ですよ。「とんバカ」騒動ね。

(若林正恭)土曜日からだね。じゃあ、土曜日から変わっていったわけだね(笑)。春日はね。

(クミ)そうそう。そうです、そうです。

(若林正恭)やっぱりじゃあ、振り返るとそこから変わってくれた感じはあるんだね?

(クミ)そうなんです。だからまあ、今にして思えばよかったなと。あれは。

(若林正恭)なかったら、もしかしたら今も……。

今にして思えば、よかった

(クミ)うん。なかったらもっとえらいことになっていたと思います。たぶん(笑)。こんなところに座ってられなかったと思います。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ! よく考えたら、すごいよね。クミさんもね。あれを超えてるんだもんね。だから、あの時以来だもんね。俺とクミさんが会うのもね。

(クミ)そうなんですよ。

(春日俊彰)ああ、そうか。そうだね。

(クミ)あの日のね、ラジオの前日に集まっていただいて。

(若林正恭)そうそうそう。状況を聞きたくてさ。という感じだったもんね。そうか。それが……(笑)。

(クミ)そうですよね(笑)。

(若林正恭)もうだいぶ昔に感じるね。

(クミ)そうですね。私は全然、身近に感じてますよ?

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(春日俊彰)いやいや、昔に感じてくれねえかな……?

(若林正恭)そりゃそうだわな。

(クミ)最近、ちょっとなんか……。

(若林正恭)また気が緩んできてる?

(クミ)なんか、「打ち合わせが入った」とか。

(若林正恭)あら! ちょっとこれはCMの後に聞いていいですか?

(春日俊彰)ちょっと待って……。

(若林正恭)私に任せてください!

(クミ)お願いします(笑)。

(CM明け)

(若林正恭)あのー、最近、春日は打ち合わせが入ってる?

(クミ)なんか休みとかだったのに急に「ちょっと明日、打ち合わせが入ったので。ちょっと遅くなるかもしれません」と。

(若林正恭)打ち合わせ?

(クミ)「打合せ? 春日が打ち合わせることなんか、あんのか?」っていう(笑)。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(春日俊彰)あるだろうがよ! ナメられたもんだぜー!(笑)。

(若林正恭)基本、ないですよ。

(クミ)ないですよね?

(春日俊彰)なんで現場行ってドンなんだよ、全部!

(若林正恭)「休みだったところにわざわざ」っていうことでしょう? それはだいぶ追い込まれてる……仕事とくっつけないっていうことでしょう? 怪しいね。

(クミ)怪しいんですよ。

(春日俊彰)怪しくはないよ。別に。

(クミ)もう1点。今日も、お子様をね、春日さんのご実家の方に預けさせてもらっていて。

(若林正恭)なるほど。申し訳ない。

(クミ)それで日中も春日さん、ラジオ前はお仕事がなかったので家にいたんですよ。「ちょっと私は日中、作業があるんで」って。

(若林正恭)「作業」!?

(クミ)「作業!?」って思って。

(若林正恭)クミさん、俺は許せないよ!

(春日俊彰)何が許せないのよ(笑)。

(クミ)絶対に作業なんてありゃしないじゃないですか。

(若林正恭)作業なんて……。

(クミ)「作業があるから喫茶店かなんかに行ってやっているので。日中はいません」って言われて。

(若林正恭)いや、春日の作業なんて、エロパソ以外、考えられないよ、俺は。

(クミ)ないですよね? だから作業ってなんなのか?っていう。

春日の「作業」

(春日俊彰)実家でそっちの方の作業はやんないだろう(笑)。

(若林正恭)自分磨きしかありえないんだから。

(クミ)だったら、そう言ってくれればいいのに。

(春日俊彰)いや、おかしいだろうがよ!

(若林正恭)そうだよね。「今日は自分磨きです」って言えばクミさんも「ああ、じゃあしょうがないね」って。

(クミ)「ちょっと今日は磨いてまいります」と言ってくだされば……。

(春日俊彰)なんだよ? 「磨いてまいります」って?

(若林正恭)だから、低めか。(低めのトーンで)「今日、磨いてまいります」って言ってくれればクミさんも「ああ、わかった」って。

(クミ)「じゃあ、行ってらっしゃい。きれいに磨いてらっしゃい」ってなるんですけど(笑)。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(春日俊彰)それ、変だよ? それは、変! それで「行ってらっしゃい」は変だと思うよ(笑)。

(クミ)いや、健康的だよ。あれに比べれば。

(若林正恭)あれに比べれば。あの一件ね。

(春日俊彰)いや、それを言われちゃうと、何も言えないけどね。それを言われると……まあね。

(クミ)その作業っていうのは「アンケートを書いたりだとかをしたいから」っていう。

(春日俊彰)それはあるじゃん?

(クミ)「でもそんなの、いつも家のところでチャチャチャチャチャッて書いているのに。なんで今日に限って喫茶店に行ってやるんだ?」と思って。

(若林正恭)ああ、そうだよね。それは春日、どういう……じゃあ、今日に関して、行こうよ。

(春日俊彰)いや、今日は……別にそれは面白い話でもないよ。

(若林正恭)それはいつも慣れていることだから。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ! たしかにそうだね(笑)。いや、ご実家だったし。子たちがいたりとか、落ち着かないから外でやった方が効率がいいかな?っていうことよ。

(若林正恭)普通のアンケートね。

(春日俊彰)アンケートとか。そうだね。

(若林正恭)春日、アンケートっていうとさ、俺はドトールとかタリーズとかサンマルクとかに行くんだけども。春日も入っていくわけ? タリーズとかドドールとか。

(春日俊彰)それは入っていくよ。喫茶店とか。

(若林正恭)フフフ(笑)。

(春日俊彰)何が面白いのよ? そりゃあ、入っていって作業するでしょうがよ?

(若林正恭)生意気だなー(笑)。

(クミ)そうなんですよ!

(春日俊彰)なにが生意気だよ? アイスコーヒーを頼んで。アイスコーヒーを持ちながらさ。

(若林正恭)道のコンクリの上で書け!

(春日俊彰)それはおかしいだろうがよ!(笑)。だったら家で書くわ! なんでわざわざ家を出て、外のコンクリで……。

(若林正恭)お前、ブラックのアイスコーヒーだろう?

(春日俊彰)そりゃそうだろうよ。

(若林正恭)(低いトーンで)「アイスコーヒー、ひとつください」って。

(春日俊彰)かっこつけないよ! カウンターでかっこつけないだろ?

(若林正恭)で、ストローで飲みながら、あごに手を当てて「うーん。ごんすなー」って(笑)。

(クミ)フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)生意気だな、お前! バウムクーヘン、ケツの穴から打ち込むぞ!(笑)。

(春日俊彰)どういうことなんだよ?(笑)。

(若林正恭)コーヒーで流し込んでやろうか、本当に? で、もう(家では)しゃべらないしね。夜、寝言を言うか、屁をこくかっていうことね? じゃあ、上の口か、下の口か、みたいな。下の口からも寝言を言ってるんじゃねえだろうな? 「新年、あけましておめでとうございます!」って。下の口からも(抑えたトーンで)「新年、あけましておめでとうございます」って言ってるんじゃないの? お前。

(春日俊彰)それはさすがにできないわ(笑)。下の口からは。それは立派な芸だよ。そうしたら。

(若林正恭)まあ、春日さん的にちょっと集中したいから、ぐらいで。やましいことはしていないっていうことね?

(春日俊彰)もちろん、もちろん。

(若林正恭)まあ、あんまりダイレクトにはあれだけども。浮気してないっていうことね?

(春日俊彰)ダイレクトだな!

(若林正恭)ダイレクトボレー! 出ました!

(クミ)フフフ(笑)。

(若林正恭)まだ若ちゃん、まだまだ若いね! これが言えるっていうことは(笑)。

(春日俊彰)トラップしないもんね。そのままぶち込んでくるもんね!(笑)。ワントラップ、入れないもんなー。いや、そういうことじゃなくてね。ちゃんと理由はありますから。打ち合わせだってあるんだし。

(若林正恭)お前、あれだったもんな。スーツで100万持って、土下座してたもんな?(笑)。

(春日俊彰)なんではっきり蒸し返すのよ? はっきり蒸し返すなよ!

(若林正恭)今、聞いたらすごい話じゃない?

(クミ)すごいですよ。これ、本当に怖くて。1回、持ってきたじゃないですか。で、「明日も持ってきます」って言われて。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ! 200万?

毎日100万円を持ってくる春日

(クミ)でも、怖すぎて。「いや、いいから。怖い、怖い。無理、無理、無理!」って。

(若林正恭)怖いよね?

(クミ)「怖いから、やめて?」って言ったら「じゃあ、ポストに投函します」って言われて。「いや、余計に怖いから!」っていう(笑)。

(若林正恭)なんなの? その100万の封筒を持って……(笑)。

(クミ)「会ってくれるまで、それをずっと投函し続ける」って言われて。

(若林正恭)でも、思いつかなかったんだろうね。春日は、それ以外には。

(春日俊彰)思いつかない。そうなのよ(笑)。思いつかないから、思いついた最善策がそれだったのよ。

(若林正恭)でも本当に、どこでも使わないんだけど、再現Vだけ撮らせてくれない?(笑)。

(クミ)アハハハハハハハハッ!

(春日俊彰)なんのためにだよ!

(若林正恭)クミさんと春日、本人シーンで。安島さんとかにディレクターをやってもらって。水口っちゃんにカメラを持ってもらって。ヅカが台本書いて。再現V。どこにも出さないから!

(春日俊彰)なんのために作るんだよ!(笑)。

(若林正恭)監督は俺にやらせて?(笑)。

(春日俊彰)やだよ、そんなの(笑)。

(若林正恭)ああ、そうか。ポストに100万とか、ポコンと入ったところだけ無音で撮りたい(笑)。「はい、OK!」って(笑)。

(春日俊彰)アングルはいいよ! カットは別にそこ、考えなくていいよ!

(若林正恭)でも、そんなことがあって、今や理想の夫婦の1位だっけ?

(春日俊彰)どこで選ばれてるんだよ!

(若林正恭)当たり前だよ、お前?

(春日俊彰)いや、「当たり前」ってなんだよ?(笑)。

(中略)

(若林正恭)クミさん、春日、よく泣くみたいね。入園式とかで。

(クミ)いや、それこそ……すみません。蒸し返して。あの事件以来、泣くんですよ(笑)。

(春日俊彰)ちょっと待って? なんで全部があの事件からなんだよ!

(若林正恭)お前さ、本人からしたらそうだよ。事件以前、以後に分かれてるんだよ。年表が。

(クミ)そういうことなんですよ。初めて言いますけど、あの事件の……だから久しぶりに会った時に春日、泣いたんですよ(笑)。

(若林正恭)どういうこと? だからあの事件があって……。

(クミ)ずっと会いたくなくて。

(若林正恭)そりゃあ、会いたくないわな。

(クミ)でも、100万はどんどん持ってくるから……。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました