スポンサーリンク

ロバート秋山とナイツ塙 熟女の魅力を語る

ロバート秋山とナイツ塙 熟女の魅力を語る ナイツのちゃきちゃき大放送
スポンサーリンク

ロバート秋山さんが2021年6月19日放送のTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演。熟女好き仲間の塙さんと熟女の魅力について話していました。

(塙宣之)一番初めに会ったのって、わかんないですけど……僕は熟女芸人?

(秋山竜次)熟女芸人。完全に。

(土屋伸之)ああ、『アメトーーク!』の。

(塙宣之)2008年に。

(出水麻衣)お仲間ですね(笑)。

初めて会ったのが『アメトーーク!』熟女芸人

(秋山竜次)毎回、すごい渋いところを出してくるんだよね。本当に師匠方とかを……(笑)。

(土屋伸之)師匠をね(笑)。

(秋山竜次)「ジャンル、違うだろ?」っていう。

(土屋伸之)小円歌師匠とかね(笑)。

(秋山竜次)本当に劇場の渋い本格的な熟女を出してきたから。

(塙宣之)はいはい。

(土屋伸之)秋山さんはどういう系でしたっけ?

(秋山竜次)その時は僕は女優さん……余貴美子さんとか。かたせ梨乃さん。あとは由紀さおりさんとか。そのへんですね。

(塙宣之)なんかその「熟女の好きな」とかって言われた時、そんなにテレビにも出たことなかったし。正直、なんていうか、放送で言えないようなことしかなかったんですよ。「AVを見ています」とかね。そんなの、あんまり言えないじゃないですか。

(土屋伸之)ぶっちゃけたら、そこなんだな(笑)。

(塙宣之)その時に秋山さんがすごいなと思ったのが、「くるぶしが……」とか。そういう表現がいっぱいあるから。さすがだなと思って。

(土屋伸之)やっぱり褒め方をいろいろ変えることによって。

(秋山竜次)そのエロはもうこっちで見つけるから。勝手にこっちで……っていう。「美魔女」とかなんかあるじゃないですか。その、向こうがきれいにしようとしてる時に「なにもしなくていい! こっちが勝手に探すから! じっとしてて」っていう感じだよね。

(塙宣之)だから、なんにもしない方がいいの。我々は「アンチ・アンチエイジング」って言っていますから。

(土屋伸之)アンチエイジングのアンチね(笑)。

(塙宣之)余計なことはしなくていい。

アンチ・アンチエイジング

(土屋伸之)熟女好きっていうのはそこなんですね。まずね。

(秋山竜次)そこなんです。ただ、もうそこの方に行ったら抜け出せないよね?

(塙宣之)抜け出せないですよ。

(秋山竜次)ちょっともう、たまらんもんな。

(土屋伸之)でも、やっぱり見ていたらウドさんだけ飛び抜けていますよね?

(秋山竜次)あの方はもう本当に……師匠だね。

(塙宣之)我孫子にいる老人のことを好きになりかけましたからね。我孫子でロケした時、背中の丸まった老人に。

(秋山竜次)そうそうそう。本当に。

(土屋伸之)なんだっけ? 「18歳から灰になるまで」でしたっけ? 基準がね(笑)。

(塙宣之)「18歳からなんかい!」って思ったけどね(笑)。

(出水麻衣)アハハハハハハハハッ!

(土屋伸之)熟女好きじゃないんだ?っていうね(笑)。

(秋山竜次)あの人、本当にヤバいよね。

(塙宣之)49ぐらいからにしてほしいけどね(笑)。

(土屋伸之)そっち、引っかかるもんね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナイツのちゃきちゃき大放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました