スポンサーリンク

爆笑問題 星野源の爆笑問題への言及に反応する

星野源『そしたら』CD音源化と英語タイトル『Tomato』を語る爆笑問題カーボーイ
スポンサーリンク

爆笑問題のお二人が2021年6月8日放送のTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』で星野源さんが爆笑問題について話したことに反応。星野源さんや阿佐ヶ谷についてトークしていました。

(太田光)あの……星野源がさ。

(田中裕二)あ、聞いた、聞いた。オールナイト。聞いちゃった、やっぱり?

(太田光)聞いちゃうよな(笑)。どうしても聞いちゃうよな?

(田中裕二)聞いちゃうよ。だってニュースになってるんだもん。「爆笑問題を語る」って。

(太田光)ネットニュースになっていたからさ。「ええっ?」って思ったら……。弱いな、本当に。人気者に弱いんだよ(笑)。

(田中裕二)「語ってくれたの? 源ちゃんが?」なんて(笑)。

(太田光)「嬉しい! キュン! キュンです!」みたいな(笑)。すっかり……タイムフリーで聞いちゃってさ(笑)。情けないよね。でも、嬉しかったね。

(田中裕二)嬉しかったよ。だってタイタンの事務所の前で……って。すごくない?

(太田光)だから星野源って、俺は前からすごいなと思っていたんだけども。

(田中裕二)もういいよ(笑)。

(太田光)本当にすごい人だなと思ってたんだけど。

(田中裕二)わざとらしい(笑)。

(太田光)埼玉出身で阿佐谷に住んでたって、ほぼ俺なんだよ!

(田中裕二)いや、「ほぼ俺」ではないよ。

(太田光)だから俺、ほとんど星野源!

(田中裕二)全然だよ(笑)。

(太田光)ということは、お前はほとんどガッキー!

(田中裕二)フハハハハハハハハッ! 全然でしょう、それは(笑)。

(太田光)『逃げ恥』、ちょっと練習しようかなと思って。ダンスを。恋ダンス。

(田中裕二)1回、やったでしょう? 爆チューで。

(太田光)完璧にしなきゃ。

(田中裕二)できなかったじゃないの。

(太田光)だったら、俺はもうちょっと一生懸命に……「だったら」っていうか前から俺、本当にすげえ役者だっていうかさ。

(田中裕二)阿佐ヶ谷に住んでたの、知らなかったでしょ?

阿佐ヶ谷に住んでいた星野源

(太田光)知らなかったけど! そしたら、ねえ。いつもバイトに行く時……パールセンターに行く時に「ああ、ここがタイタンなんだ」って。しばらく自転車を止めて見てたって言うんだよ。だからツギオはなにをやってたんだ?っていう。その時に出ていって「うちに入りませんか?」って言えばよかったなと思うよ。本当に。

(田中裕二)言えないでしょ、それは。

(太田光)なにをやっているんだろう、あいつらは。本当に、ツギオは。バカだよな、本当に。

(田中裕二)おかしいでしょ? 自転車で通りかかった青年に向かっていきなり「入りませんか?」って。おかしな話だよ。

(太田光)「うちに入りませんか?」って言えばよかったんだよ。

(田中裕二)すごいね。そしたらそれはそれでね。その時ってもう、あれかな? 大人計画だったのかね? でも「バイトしてた」って。どうなんだろうね? もっと前かな?

(太田光)でもさ、聞いていたら要するにさ、俺が怖かったって言っていたでしょう? その、敵意があるんじゃないかって。そんな、誤解じゃないのよ、そんなのさ。俺とか横山とかさ、そんなの星野源に敵意なんか持っているわけないじゃない? 俺とか横山とかさ。

(田中裕二)なんでそれで横山を出すんだよ? 敵意を持っているみたいじゃないのよ?

(太田光)でも横山がちょうどギャラクシー賞を取った次の年が星野源さんだったんだよ。それで横山が司会でバトンタッチだったんだよ。だからそういう間柄なのよ。

(田中裕二)間柄があるのね。

(太田光)それで……だからさ、俺が言っていたのは『太田上田』とかで俺がくりぃむがたまに裏をやる時に上田に「お前な、うちの裏でやるんじゃねえよ、バカヤロー!」って。そうしているのを見て、「自分が裏になっちゃったから、そういう風に敵意を持たれているんじゃないか」っていう風に言っていたんだけども。それは全くの誤解で。星野源さんが……。

(田中裕二)なんで「源さん」なんだよ(笑)。

(太田光)星野源さんが、なんていうの? 火曜日になった時点で俺は上田に「お願いだから火曜日、やってくれ」って……(笑)。

(田中裕二)上田にね(笑)。「くりぃむ、戻ってきてくれ」と(笑)。

(太田光)「戻ってきてくれ。こっちはもう大変なんだ」って。そう言っているんだから。そんな、だから敵意もなにもないですよ。

(田中裕二)しかも作家は寺坂くんだって。

(太田光)寺坂がまたさ、「田中さん、どんな人?」って聞かれて「紅白について詳しいんですよ」って、お前だよ! 「お前だろ? お前が一番詳しいだろ!」っていう。「いろいろと教えられました」なんて。

(田中裕二)全然よ。もう紅白とデパートに関しては寺坂くんはすごいんだよ。日本一だからね。絶対に。

(太田光)デパートと寝た男だよ? 向こうでそういうこと、言っているのかな? あれ、隠しているのかな? デパートに興奮してオナニーした男だぞ? 向こうも、結構星野源さんも下ネタが好きだっていう話らしいから。

(田中裕二)でも寺坂くんはわからない。作家だから。そんなしゃべんないんじゃないの?

(太田光)とはいえ、オフの時とかにさ。デパートで勃起しちゃってって……。

(田中裕二)爆チュー問題の、ポンキッキーズの楽屋でそんな話をしているから。すごいよね。

(太田光)好きなデパートに入ったら勃起して……って。そんなやつなんだよ? 星野さん。本当に。

(田中裕二)いいじゃねえかよ(笑)。寺坂くん、すげえ純粋でいい人だからね。だからもう本当……嬉しかったね。聞いてね。

(太田光)本当に嬉しかった。それで、なんか噂に聞くと俺が銃でバンバン撃つってことで。「怖いじゃない」なんて言うからさ。で、「今度もし会ったら、僕もエアガンが好きなので。銃を持っていこうと思っていて。所さんからもらったやつで……」みたいなことを言っているんだけどもさ。上田も所さんからもらったやつで俺に撃ってくるんだよ(笑)。

(田中裕二)お前はさ、所さんと戦ってんの?(笑)。

(太田光)所さん、武器商人みたいな感じなんだよ(笑)。で、『ニッポンの教養』とかも見てくれていたって。嬉しいじゃない? で、俺を見ると切なくなるっていうんだよ? そんな芸人、ダメだろ?(笑)。

(田中裕二)フハハハハハハハハッ!

(太田光)見てて切なくなる芸人ってなんだよ?っていうね(笑)。

(田中裕二)でも、人気なのはわかるよね。話を聞いていて。

(太田光)いや、だって俺は知っていたよ? 俺は知っていたし、俺は大人計画、阿部サダヲにしても、本当にすごい劇団、楽団だなって……。

(田中裕二)楽団じゃないよ(笑)。

(太田光)俺、小劇団だと思っていないから。大人計画。大劇団だと思っているし。大人計画は。もう大劇団。クドカンとか。

(田中裕二)それは大劇団よ。松尾スズキさんも『バク天!』でずっとお世話になったし。

大劇団・大人計画

(太田光)本当に素晴らしいよね。劇としてさ。そういうさ……誤解が多いよね。本当に、阿部サダヲにしてもさ。

(田中裕二)阿部サダヲは誤解じゃないから! お前、はっきり言っていたから!

(太田光)大人計画っていうだけで俺は好きだから。劇団の人たち。

(田中裕二)大劇団としてね。

(太田光)小道具の人も、だって「大人計画の小道具なんですか? それは大道具ですよ?」みたいな。

(田中裕二)それは違うよ(笑)。小道具は小道具。劇団が大きかろうがなんだろうが。それこそ、高橋洋二さんだって大人計画、みんな知り合いですから。旗揚げの頃から。

(太田光)旗揚げメンバー。

(田中裕二)メンバーではない(笑)。と、知り合い。

(太田光)だから俺は高橋さんに頼んだんだよ。作家やってもらえませんか?って。

(田中裕二)その頃は大人計画、たぶんあんまり知らなかったと思うよ? 最初の頃。『GAHAHA』の頃だろ?

(太田光)『タモリ倶楽部』の台本を見た時に「これ、もしかして大人計画の?」って。

(田中裕二)違うわ!

(太田光)「大人計画の知り合いの人がもしかして書いてるんじゃないか?」って思って。俺は。

(田中裕二)そうなの?(笑)。そこまで大人計画、詳しくなかったでしょう?

(太田光)詳しいよ。ただ、言ってないですよ。言ってないけども。だって、同期ですからね。ほぼ大人計画って。

(田中裕二)だいたいね。そうそう。深夜番組とかね、TBSの深夜とかでもね。

(太田光)やってましたよ。『新しい波』。スズナリとか出てましたよ。劇場、出てましたから。で、俺らは駅前で。そういう仲だから。大人計画とはね。

(田中裕二)知らないじゃない、当時。

(太田光)知ってますよ。下北。

(田中裕二)下北は知ってるよ! 通っていたから!

(太田光)「本多劇場には行けないな」って。本多の舞台、野田さんの踏んだ舞台を夢見て。俺は純粋に小劇団の人間だったから。だから大人計画……。

(田中裕二)スターライトカンパニーでしょう?

(太田光)スターライトカンパニー。そっちは赤堤通りの変な汚いスタジオでやっていたんだけども。一通だらけのところで。

(田中裕二)楽屋が天井裏だったよな?(笑)。

(太田光)天井裏から降りてくるんだよ。もうひどい話だよ。100人入れば満杯みたいな。だから俺はそういうのが好きだから。でもありがたいよ、本当に。

(田中裕二)ありがたいよね。今日も裏でやっているんだろうけどね。

(太田光)裏じゃないよ。表だって言ってるでしょ?

(田中裕二)俺らにしてみたらでしょう?

(太田光)違う、違う。俺らにしてもても表だから。だってあれが表で俺は裏なんだから。

(田中裕二)それもダメだよ?(笑)。

(太田光)ダメですよ、そりゃあ。

(田中裕二)今、何を話してるんだろうな?(笑)。

(太田光)今、だからたぶんガッキーの時間じゃない?

(田中裕二)これとかもきっと聞いたわけでしょう? 源ちゃん。さっそく聞いてくれたって言っていたからね。

(太田光)ありがたいよ。そういう……だから本当にね、なんというか今後のスターを……スターと言えば源みたいなことでやっていくわけだからさ。ねえ。そういうことだから。うん。

(田中裕二)だからさ、パールセンターの惣菜屋でバイトをしていたんだよ? すごくない、それ?

(太田光)すごいよね。喜べっつーんだよ、パールセンターも。もっと! 

(田中裕二)そうだよね。

(太田光)なにがパールだ、バカヤロー!っていう話じゃない? お前のばあさんだって。

(田中裕二)俺のおばさんがつけたパールセンターっていう。

パールセンターも喜ぶべき

(太田光)だって、あれだもん。グループ魂はタイタンライブに出ているから。もう、ただもんじゃないなと思ったよ。あの時な。

(田中裕二)ソミドホールね。

(太田光)ソミドホールの時にグループ魂が出た時、「これはもう……」って思ったよね。「魂の叫びだな」って思ったからね。

(田中裕二)打ち上げも来たんだっけ?

(太田光)打ち上げも来たんだっけ? そうだ。あの時、光っていたもん。

(田中裕二)どうせ太組不二雄かなんかをいじめていて覚えてないんじゃないの? わかんないけども。

(太田光)覚えているよ。打ち上げ、いたもん。

(田中裕二)なんかしゃべったのかな?

(太田光)いやいや、俺は申し訳ないんで。話しかけちゃいけないなと思ったから。俺みたいなもんが。ちょこざいに。だから「ああ、食べてるな。食べてるなー」みたいな感じだったよ。見守ってたね。「あ、今、クドカンが食べた。阿部サダヲが食べた。もう1人が……」って。

(田中裕二)「もう1人」とか言うんじゃないよ! ひどいな……(笑)。

(太田光)あの時はまだ、だから星野さんは入ってないよね?

(田中裕二)たぶんね。入っていたかどうか、わからないけども。

(太田光)その時、だからちょうどバイトをしてて。タイタンの前に立たずんでいたっていう。だからさ、なあ。タイタンライブとかやってる場合じゃなかったんだよ。みんなでタイタンの前に行かなきゃダメだったんだよ(笑)。

(田中裕二)ということは、あのタバコ屋の前にいたってことだね。カウボーイのすぐそばに。

(太田光)だからほら、不動産屋のオヤジもさ、なにやってんだ?って話だよ。

(田中裕二)二幸さんね。

(太田光)二幸の社長もさ、「君、なに? タイタンに興味、あるのかい?」とかって言えないのかね?

(田中裕二)言えないよ! 逆に言わないでしょ? そんなの。タイタンの人でもなんでもないのに! 「興味あるのかい?」なんて。

(太田光)わかりそうなもんじゃない? 「この子は将来、すごいんだろうな」ってさ。一目見ればわかるだろ? そういうさ……みんな、わかってないな。

(田中裕二)ねえ。gionとか行ったことあるのかな? 源ちゃん。

(太田光)gion、どうだろうね? 行ったらウエイトレスが大騒ぎだろうね。

(田中裕二)当時よ? 今じゃなくてね。

(太田光)gionの女が……(笑)。

(田中裕二)京都の祇園は行ったことがあるかもしれないけどね。あの喫茶店ね。

(太田光)どうなんだろうね。

(田中裕二)阿佐ヶ谷、結構いろんな人が住んでたりするんだよね。

(太田光)本当だよね。だから高円寺、阿佐ヶ谷っていうのはだいたいね、そういう劇団だ、バンドマンだ、芸人だっていうのが多いですからね。

<書き起こしおわり>

星野源『バイオハザード ヴィレッジ』と爆笑問題への思いを語る
星野源さんが2021年6月1日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で今、ハマっているゲーム『バイオハザード ヴィレッジ』についてトーク。さらに同じ時間帯でラジオをやっている爆笑問題への思いなども話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
爆笑問題カーボーイ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました