スポンサーリンク

ニューヨーク 第7世代のしんどさがわかるようになってきた話

佐久間宣行とニューヨーク みちょぱと朝日奈央のすごさを語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

ニューヨークのお二人が2021年4月21日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。テレビなどの出演が増えたことによって第7世代の苦悩や孤独がわかるようになってきたという話をしていました。

(佐久間宣行)俺、なんかのインタビューでマヂラブとか霜降りが話していたんだけど。今、一緒においでやす小田が呼ばれることが結構あって。で、そうするとおいでやす小田いじりになっちゃうから。だから一番大変なのはおいでやす小田だっていう。まあ、「おいでやす小田包囲網」みたいなことを言っていて。それって、ニューヨークは一緒になったりするの?

(嶋佐和也)全然ありますね。

(屋敷裕政)多々ありますね。おいでやす小田さんタイムみたいになった時はもう普通にこっちは笑ってるしかないみたいな。

(佐久間宣行)そのフィーバーが始まるとね。

(屋敷裕政)でも、それに関して言ったら俺らはずっとそれに慣れてんるで。厚切りジェイソンとかの時代から。そいつが今日はフォワードだっていう時にずっと、ミッドフィルダーみたいな顔をしてる人生やったんで。そこまで無理しないっす。

(佐久間宣行)それは厚切りジェイソンとか夢屋まさるとか、そういうやつらが……。

(屋敷裕政)もう数々。サンシャイン池崎さんとか。もうずっと、ネクストブレイクの時にブレイクしていく様を見てきたので。いまさら、おいでやす小田さんぐらいであたふたしないというか。そういう時はじっとするしかないし……っていう感じですね。

(嶋佐和也)じっとしておいた方がいいし。

(佐久間宣行)フフフ、フィーバータイムが始まっている人に無理やり行っても……。

(嶋佐和也)行かない方がいいですね。やっぱり。

(屋敷裕政)ちゃんとフィーバーの邪魔をせん笑顔をしとかんとな、ぐらいの感じですね。

(佐久間宣行)なるほどね。

フィーバータイムは無理をしない

(屋敷裕政)それは、マヂラブさんとかは思うんですね?

(佐久間宣行)なんかね、最近見たネットのインタビューで言っていた。特にマヂラブがおいでやす小田と一緒に出ることが多いから。

(屋敷裕政)盛山さんも言うてましたね。「その間、キツい」みたいなことを。ロンハーで言うてましたね。

(嶋佐和也)ああ、言っていたね。

(佐久間宣行)なるほどね。他に一緒に出る芸人で、「この人と一緒にいるとやりやすい」とか、あるの? ニューヨークって。

(屋敷裕政)「やりやすい」って言うとおこがましいですけど。やっぱりオードリーさんはマジでやりやすいです。

(佐久間宣行)ああ、そうなんだ(笑)。

(屋敷裕政)はい。オードリーさんがMCやったら本当に何を言っても大丈夫な感じは……。

(佐久間宣行)たしかにね。オードリーがMCの時の嶋佐、普通の番組の時の緊張の顔が全然ないもんね(笑)。

(嶋佐和也)フフフ(笑)。

(佐久間宣行)嶋佐って正直さ、ちょっと緊張しいじゃん? そんなことないのかな?

(嶋佐和也)ああー。そんなこともないんすけど……たしかに。全然、緊張はそんなにしないですけど。でも、やりやすいっすね。若林さん。なんなんだろう?

(屋敷裕政)懐っすかね?

(佐久間宣行)なんなんだろうね?

(屋敷裕政)いい意味で、そうっすね。ナメれるっていうか。

(佐久間宣行)みんな、そうなんだよね。オードリーと絡む人って。

(嶋佐和也)あと、やっぱり最近はそれこそおいでやす小田さんとかマヂラブさん、見取り図さんとかが同じひな壇にいると、なんか気持ちが違いますね。

(屋敷裕政)単純に楽しいっすね。

(佐久間宣行)ああ、そう? もう、だからちょっと同期に近いからっていうこと?

(屋敷裕政)あと、ライブに近くなるというか。今までやってきた。

(嶋佐和也)なんかやっぱり全然違うんですよ。ひな壇がそういう近いところだけのメンバーと、やっぱり僕らと結構上の先輩とか、また違う人がいるのだと、気持ちが……本番のに向かう気持ちというか。

(屋敷裕政)なんかわくわく、楽しいなって。

(佐久間宣行)ああ、「楽しいことが起きるな」っていう気持ちのまま行けるってことね。

(嶋佐和也)なんかいい意味で楽みたいな。最近、すごい思いますね。そういう現場が結構多くて。今までにない感じというか。

(佐久間宣行)だから、そういう意味で言うと大きいよね。前はさ、売れた人だけが1人で頑張んなきゃいけなかったじゃん? それが今、ちょっとお笑いブームも来ていて。ライブでやった人たちと一緒に出てるから。それはシソンヌとかマヂラブも言っていた。ほら、近いじゃん? シソンヌ、マヂラブ、チョコプラとか。それが一緒とかっていう。

(屋敷裕政)だから、なんていうんですかね? 俺らがたとえばこの間もあったんですけども。見取り図さんとかおいでやすさんとかマヂラブさんとかとキャッキャやるところに四千頭身がポツン、みたいな。ぼる塾もおるみたいな。それで俺らがキャッキャやっている時に「うわっ、これ、俺らがロンハーとかで居心地悪い時の空気になってないか?」みたいな。四千頭身からしたら……。

(嶋佐和也)スライドしてるんだよな。結局。

(屋敷裕政)そう。だからなんかね、その時に思ったんですよ。俺らはめっちゃ楽しいんですけども。なんか、ロンハーとかで有吉さんとかが……。

(佐久間宣行)ジュニアさんとかフジモンさんとかが。

(屋敷裕政)そう。キャッキャやっている時に俺ら、もう指をくわえて見るしかないみたいな。「四千頭身、居心地悪くないか?」みたいな。「第7世代よ、おじさんがはしゃいでもうているのか、今……」みたいな感じはありましたね。

(佐久間宣行)そうね。だって1年前の時点では第7世代に当てる材料として、結構呼ばれていたじゃん?

(屋敷裕政)はい。もう本当に汚い出方で。

(佐久間宣行)いわゆる「汚い出方」って自分たちで言ってたけど。

(嶋佐和也)本当に、恥の多い人生です(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! その第7世代に嫉妬するポジションで結構出てたんだけど、最近は見取り図とかと一緒になって。グループでメインをやれるようになると、ちょっとなんか気になるわけでしょう? 昔の自分たちを見るようで。

第7世代の苦悩、孤独が想像できるようになる

(屋敷裕政)そうですね。あと、単純にテレビに出だすようになって、第7世代の苦悩とか、孤独とかがなんとなく想像できるようになったんですよ。それまでは俺らが出れてなかったんで、ただただ羨ましがる存在やったんですけども。なんとなく、その景色が見られると、「これはずっとつらかったんやろうな」って。ほんで、俺らみたいなやつにやつには下から「悔しい」とか「お前ら、ええな」とか言われで。で、戦場では上の兄さんと戦って。

(嶋佐和也)「お前ら、最近いい感じなの?」みたいに言われたりして。「それはしんどいよな……」っていう。

(屋敷裕政)だから、いつ、どのタイミングで出だすかによってですよね。

(佐久間宣行)そうだね。わかる、わかる。だから、ほら。やっぱり売れないのは大変だけど、売れない期間がそこそこあって、30ぐらいからドンッて出る人って結構長続きしやすいもんね。へこたれずにやれるもんんね。

(屋敷裕政)そうですね。筋トレとかした状態で試合に出ているんで。そうでないと、試合の中で筋肉つけていかなアカンじゃないですか。第7世代とかって。

(佐久間宣行)しかもネタ番組のさ……正直、俺もやっているから言えないけど。新ネタを作らなきゃいけない番組が異常にあるでしょう?

(屋敷裕政)それこそ、四千頭身なんか信じられんぐらい、ネタパレに出ているじゃないですか。だから都築くんとかと『有吉の壁』の合間に話したら……一発、「大変やろう?」っていうパスを出したら、もう15分ぐらいノンストップで(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(屋敷裕政)俺もずっと相槌を打ってましたよ。

(佐久間宣行)だから今、お笑いでネタを作んなきゃいけない人たちがたくさん出てきてるから。番組が増えているから、大変だよね。

(屋敷裕政)そうですね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました