スポンサーリンク

佐久間宣行とニューヨーク みちょぱと朝日奈央のすごさを語る

佐久間宣行とニューヨーク みちょぱと朝日奈央のすごさを語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

ニューヨークのお二人が2021年4月21日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。みちょぱさん、朝日奈央さんのすごさについて話していました。

(佐久間宣行)今、一周っていうか、いろんなところに出始めた時に、誰と一番一緒になるの?

(屋敷裕政)みちょぱっすね。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! ああ、もう芸人ではなく?

(屋敷裕政)ダントツです。

(佐久間宣行)ダントツでみちょぱ?

(嶋佐和也)1日2現場、一緒の時ありました。

(佐久間宣行)1日に2ちょぱ?(笑)。

(屋敷裕政)もう一歩で3ちょぱ(みちょぱ)だったんですけどね(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(屋敷裕政)みちょぱとの現場があって。で、俺ら、次の現場があるからって飛び出したんですよ。そうしたら、みちょぱはそのまま残ったんですけど、次の現場に行ったらみちょぱがいたんで。「えっ、みちょぱ、2人おるん?」って思って。「ど、どういうこと?」みたいな時もありましたね。

(佐久間宣行)そのみちょぱとたくさん一緒になると、やっぱみちょぱはすごいの?

(屋敷裕政)みちょぱ、だからそのみちょぱとかとこじるりさんとか、そうそうたる先輩とやってきた人たちじゃないですか。だから、もう本当にAV女優さんとエッチするみたいな感じなんですよ。「俺らで満足させれる?」みたいな。もう俺らがやる技なんて全部……。

(佐久間宣行)ああ、もう加藤鷹とかとエッチしているようなAV女優さんたちと初めてエッチすることになっても、もうびびっちゃうみたいな?

(屋敷裕政)もう、めちゃくちゃ満足はさせられへんけど……なんか、先輩の女に手を出してる感じはありますね。

(佐久間宣行)「先輩の女」って言うなよ(笑)。

(屋敷裕政)だから、ちょっと一番緊張せえへん? そのみちょぱとか。

(嶋佐和也)なんかね、やっぱりちゃんとすごいんですよね。

(佐久間宣行)ああ、ちゃんとすごいんだ。

(嶋佐和也)ちゃんと……なんかコメントとか、すごいんですよね。

(屋敷裕政)だし、なんか俺らが滑りかけた時の反応速度とか。滑らさへんためのリアクションとか。

(佐久間宣行)えっ、みちょぱがニューヨークが滑りの沼に入りそうな時に助けに来てくれるの?

(屋敷裕政)傷が浅いところで笑い声をかぶせてくれたり、相槌をかぶせてくれたりして(笑)。

滑りそうな時、みちょぱが助けてくれる

(嶋佐和也)なんかすげえいい感じの振りみたいなのをしてくれるし。

(佐久間宣行)えっ、振り?

(嶋佐和也)逆に俺が変な振り方をしても、ちゃんと答えてくれる。「俺の方が全然下手くそだ!」っていう(笑)。

(佐久間宣行)ああ、もうだから、みちょぱのすごさというか。

(嶋佐和也)すごいっす。でも、不思議な感じです。元々、俺らがそれこそ4年くらい前に、AbemaTVで昼にワンクール、トーク番組をやらせてもらっていたんですよ。K-1の武尊くんと。で、いろんなゲストが来て。それこそ1時間、がっつりトークをするみたいな。そこにまだ売れる前のみちょぱが来たんですよ。

(佐久間宣行)4年前だから本当に売れる直前だね。

(嶋佐和也)で、「なんだ、このギャル?」と思って。「すごいギャルだな」って思っていたら、それがあれよあれよという間にそこから売れていって。

(佐久間宣行)それで今、助けられて。

(嶋佐和也)それで僕らが今、ちょっと出れるようになったらみちょぱと一緒させてもらうようになって。もうはるか上を行っているんですよ。みちょぱは短時間で。なんか不思議な感じっす。

(佐久間宣行)やっぱりあれなんだ。みちょぱもそうだけども。こじるりとかも、俺はそういうタイプの番組をそんなにやってないから。ショットでしか会わないから。レギュラーでは合わないからわからないんだけど。ずっといる感じじゃないから。まあ、ずっといるのは朝日奈央で。朝日奈央は朝日奈央でちょっとクレイジーなぐらいできるから。

(屋敷裕政)そうですね。朝日奈央さんのすごさも感じるんですけど、それはなんか、もうほぼおいでやす小田さんに感じるすごさなんですよ(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(屋敷裕政)なんていうんだろうな? もうボコボコにされた後のカウンターみたいな。小手先の技術というよりは、もう真のすごさみたいな。

(嶋佐和也)朝日奈央さんはそうだったね。そうだね。うん。

(屋敷裕政)芸人にするムチャぶりみたいなのを芸人みたいな顔して返すんで。なんかすごさの種類がちょっと違う感じがしますね。

(佐久間宣行)ああ、そうか。だからみちょぱはテクニックのあるボクサーってことでしょう? それで……。

(屋敷裕政)朝日奈央さんはインファイターです(笑)。

(佐久間宣行)インファイター(笑)。

(屋敷裕政)幕之内一歩ぐらいの(笑)。

(佐久間宣行)朝日奈央は幕之内一歩だな。フハハハハハハハハッ!

インファイター・朝日奈央

(嶋佐和也)なんか『アッコにおまかせ!』、たまに出させていただくんですけど。そこで一緒だった時にコメントを振られていて。なんか、ずっとゆっくりめちゃくちゃ普通のことを言ったんですけど、その間、なんかずっと面白かったんですよ。なんか、あったよね。ヤバい時。

(屋敷裕政)うんうん、あったね(笑)。

(佐久間宣行)普通だったら「浮かんでないのかな?」って思うようなふわふわしたコメントなのにっていうこと?

(嶋佐和也)なんか、ずっと聞けたし、ずっと面白かったんですよね。なんか顔もずっとおもろかったんですよ。

(屋敷裕政)フフフ、それはもう裏に行ってない?(笑)。

(嶋佐和也)あれ、裏やったか?

(屋敷裕政)あれ、裏やな(笑)。

(嶋佐和也)なんかあの時に感じたんですよね。朝日奈央さんのすごさ、狂気を。

(佐久間宣行)俺はね、朝日奈央のすごさはこの間、『ゴッドタン』で5GAPが来てね。ダサいコントをするみたいな企画で、その時にダサいコントの例としてっていうか、まあ5GAPが来て、ホワイト赤マンをやってくれたの。で、それがめちゃくちゃ面白かったんだよ。そういう振りだったから。

(屋敷裕政)センスコントじゃないコントっていうことですね。

(佐久間宣行)そのホワイト赤マンがすげえウケていたら、朝日奈央の顔が変わって。「これはパクれるな……」っていう顔をしているのよ。それ、芸人じゃない限り、しない顔よ? で、その後の……だから「なんかでネタとしてやらされる時に、ホワイト赤マンができるんじゃないか」っていう顔をしていたよ(笑)。

(屋敷裕政)なるほど、なるほど。それはもう、ずっと戦場におった人の戦い方っすね。でも、たしかにそのみちょぱとかとしゃべる時に、今までたとえば何年か前にみちょぱさんとご一緒させてもらう時は、俺らって誰も知らん状態やから、敬語でしゃべるようにしてたんですよ。でも今ってちょっと俺らのことを知ってる人がおった場合、みちょぱと俺らがしゃべった時、俺らが「みちょぱさん、○○っすよね」って言ったら、キモいじゃないですか。35歳のおっさんが。だから、ちょっとタメ口でしゃべるように心がけてるんですよ。そん時、「ちょっと売れたな」と思って(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(屋敷裕政)その、視聴者のこと考えた時、俺らはたぶんタメ口の方がええなとか思いだした時、「ああ、ちょっと売れてきたな、俺」って思いましたね。

(佐久間宣行)「ここでへりくだるのはおかしくなるだろう」っていう。

(屋敷裕政)「見え方として、ちょっと気持ち悪いな」って思ったんですよね。だから、バロメーターです。みちょぱにタメ口を使い出したら、ちょっと売れてますね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました