スポンサーリンク

佐久間宣行と平成ノブシコブシ 霜降り明星を語る

佐久間宣行と平成ノブシコブシ 霜降り明星を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

平成ノブシコブシの吉村さん、徳井さんが2021年2月17日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。霜降り明星について佐久間さんと話していました。

(佐久間宣行)そのさ、俺も聞かなかったんだけど。やっぱり後輩とかどんどん抜いていくとか、いろいろ葛藤しながら。まあ、別に2人も売れてると思うけど。霜降りの登場に関してはやっぱり、どういう受け止め方なの?

(吉村崇)私ですか?

(徳井健太)たしかに。どう思ったの?

(吉村崇)いや、テンパりました。「参ったな」と思って。「これはかならず天下を取る人たちが……」って。もう確実な人が出てきたわけじゃないですか。

(佐久間宣行)そうね。どっちも面白くて。

(吉村崇)どっちも面白くて、ちゃんとしっかり大会でも優勝する。人もいいんですよ。意外と。

(佐久間宣行)そうね。仲もいいしね。

(吉村崇)仲もいい。今、このバラエティで売れる要素が全部詰まった最終形が出てきちゃったんで。もう、やっぱり早いうちに戦うのを諦めましたね。「どう迎合するか?」っていう。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)「どう頼られるか?」っていう。それを考えましたね。

霜降り明星にどう迎合するか?

(佐久間宣行)「いい人だな」って思われるエピソードトークをあいつらとの間にどんだけ作れるのか?っていうね(笑)。

(吉村崇)どんだけ作れるのか(笑)。「バラエティで優しいんですよ」っていうようなエピソードをどんだけ与えられるか。

(佐久間宣行)売れきる前にね(笑)。

(吉村崇)売れきる前に(笑)。ここの戦いが始まってる気がしますね。

(佐久間宣行)でもまあ、たしかにね。もう明らかに……まあまあ、誰かと比べられるじゃないけど。ものは違う。1個エンジンは違うもんね。

(徳井健太)いやー、芸人が笑いますからね。そこがデカかったですね。僕の見立てでは。

(佐久間宣行)だってさ、よく考えたのさ、俺は『オールザッツ漫才』が昔から好きで、結構見ていたんだけど。粗品ってだって20代前半ぐらいで……あ、19で『オールザッツ』で優勝しているんだもんね。『オールザッツ』ってさ、今は全然違う番組だけど。結構。その、ガヤを入れるネタ番組みたいな感じだったじゃない? だからあの、荒れた場で10代が優勝するなんて、信じられないもんね。

(徳井健太)しかもフリップネタですからね。なんか、「まあまあ、こんなもんでしょう」っていうのが多いじゃないですか。フリップネタって。でも、それで笑いを取って優勝するって、本当にケタ違いな。しかも「こいつが突っ込むの?」っていう恐怖感っていったらなかったですね。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)それでプライベートもね、ギャンブルでグッと行ったり。そういうのとかも全部、持ってるんですよね。

(徳井健太)しかもその童貞チックな感じといい。それで、あのせいやの1人ギャグみたいなの、見ました?

(佐久間宣行)見てる。あのインスタのやつね。俺、大好きよ。

(徳井健太)あれとか……あれとか出る前は俺、せいやはそんなに怖くなかったんですよ。

(佐久間宣行)なるほどね。粗品の才能が引っ張ってるっていう。

(徳井健太)「ポップな感じね。まあまあ、5年に1度出てくるタイプかな」と思ったら、せいやが……見たことある? 10分間ぐらい、なんか狂気の沙汰をずっと続ける時があるんだよ。まあ、オールナイトニッポンでも……。

(佐久間宣行)やっている。「ポケひみ」っていうコーナーがあってね。

(徳井健太)やっているんだけど。それがもう、恐怖なのよ。だから俺らに思いつかないけど、笑わなきゃいけないみたいなのをやっていて。「ああ、2人とも天才タイプか。これは……千鳥以来だな」って思って。千鳥もそう思いましたけど。「ああ、なるほど。千鳥以来でダブル天才か」って思って。

千鳥以来のダブル天才

(佐久間宣行)ノブコブが2人とも、違うアプローチでちゃんと負けを認めてるっていう(笑)。

(徳井健太)いや、あれはもう本当、バンザイですよ。万歳三唱ですよ。

(佐久間宣行)わかるわかる。すごいよね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました