スポンサーリンク

KOWICHI レーベル「Self Made」設立とアルバム『Higher』を語る

KOWICHI レーベル「Self Made」設立とアルバム『Higher』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク

KOWICHIさんが2020年12月21日放送のblock.fm『INSIDE OUT』に出演。自身のレーベルSelf Madeの設立と新作アルバム『Higher』について、渡辺志保さん、DJ YANATAKEさんと話していました。

(渡辺志保)でもね、もう『Higher』がリリースされたばっかりっていうことで。もうすごい制作のペースじゃないですか。アルバム『YOMIURI』も出して、ベストアルバムも出してっていうのが去年から今年の初めの方の動きだったと思うんだけど。

(KOWICHI)そうだね。でも制作量はそんな変わってないよ。いつもと。

(渡辺志保)でも翻って……常に制作してるっていうことでしょう?

(KOWICHI)いつもはそんなことないんだけど、今年に入ってから結構ずっと制作してたかな?

(渡辺志保)そうですか。でね、川崎チッタで大きなライブをやる予定だったのが、コロナのせいで1度、延期になり。で、また日付を再設定したにも関わらず、今はキャンセルっていうところになっていましたけど。

(KOWICHI)そうなんですよ。来年とか、できたらいいんですけどね。そういう話もしていて。

(渡辺志保)でも、今年はいろんなことがあったんじゃないですか? そういう……Ups and Downsみたいな。

(KOWICHI)すごい! もうね、目まぐるしいすぎて。目まぐるしかったね、今年は。

(渡辺志保)なるほどね。『Higher』はいつごろから作り始めたアルバムなの?

(KOWICHI)『Higher』は……最初は今年は出す気は実はあんまりなくて。

(渡辺志保)だってさ、出しても今まで通りライブがバーン!ってできるわけでもないし。

(KOWICHI)そうなんだよね。そういうのも考えてたんだけど、やっぱりリースを止めない方がいいなって途中で……夏とかかな? わかんないけど、ちょっと思い始めて。でも、たくさん手を付けてる曲とかってその時点で結構あって。そうだね。何十曲って曲を今年入って録っていて。もちろんお蔵入りみたいになった曲もあるんだけど。そうだね。出そうって思ったのは結構最近というか。「今年、年内に出した方がいいな」ってなったのは今年の後半かな?

(渡辺志保)その「出した方がいいな」っていう決定的なきっかけみたいなものがありました?

(KOWICHI)やっぱり……何だろうな? でも、何となく肌で感じて。なんか自分を見て……ライブとかもね、今は前みたいにできないし。でもやっぱりリース……うーん。そうだね。せっかく曲を作ってるし、聞かせたいなって。

(渡辺志保)そうだね。逆に言うと出さない理由がないっていう感じなのかな? で、リードシングルとして発表されたのか『Self Made 2』。そしてフィーチャリングがYZERRくんっていうことで。2人でバチバチに決めてますけれども。結構いろいろKOWICHIくんのリリックが何かいろんな勘ぐりを生んでるじゃないかと思いまして。

KOWICHI『Self Made 2 feat. YZERR』

(渡辺志保)まあ……KOWICHIくんのリリックって本当に全部リアルでさ、しかもアルバムを出すごとにやっぱりイントロが面白いじゃん? KOWICHIって。

(KOWICHI)ああ、フリースタイルみたいなね。

(渡辺志保)そうそう。そこで本当に今の自分を語ってくれるからさ。まあ、それでアルバムを出すごとに「今のKOWICHIくんがこういう気持ちなんだな」って思いながら毎回、アルバムを聞くんですけども。なので今回もだから『Self Made 2』で結構赤裸々なことをラップしてたから、今のKOWICHIくんってまた今までのモードとは違うところにあるのかな?って思いながら聞いてました。

(KOWICHI)そうですね。はい。

(渡辺志保)それで、今日ね、実際に身につけていらっしゃるチェーンにも「Self Made」っていう風に書いてありますし。あとは皆さん、わかるっていうか目にする場所だと思いますけど。ストリーミングサービス……SpotifyでもAppleMusicでもリリースされた元のレーベル名とかが出てくるじゃないですか。

(KOWICHI)販売元みたいなね。

(渡辺志保)そう。ユニバーサルとかソニーとか。そこもKOWICHIくんは「Self Made」っていう風になって。端的にはっきり言うと、これまではFLY BOY RECORDSだったけども、今作からはSelf Madeっていうところが出しているということで。

(KOWICHI)そうだね。みんな気になってるところだよね。この経緯をね。

(渡辺志保)まあ、いろいろ気になってると思うんだ。で、正直私もKOWICHIくんと何度か今回、電話で話して。「ああ、こういうことがあったんだな」っていうのを生の言葉で説明してもらえたんだけど。なので今日、ラジオでもやっぱりそういったことは聞きたいかなと思いますね。Self Madeとは何なのか?っていう。

(KOWICHI)そもそも、今年会社を登記したんですよ。

(渡辺志保)それもリリックのまんまじゃない? 本当に。「会社名頭文字はS」って。

(KOWICHI)それは……ちょっとあんまり声を大にして言えないような理由がありまして。まあ、「会社にした方がいい」みたいになって。

(渡辺志保)うんうん。まあまあ、会社にした方がいろいろ便利だよ、スムーズだよっていう。わかります。

(KOWICHI)そうそうそう。で、会社を登記したんですけど。その時に「会社名をどうしようかな?」みたいな感じになった時に、たまたま出てきたのがSelf Madeっていう言葉で。結構好きな言葉なんですけど。

(渡辺志保)「叩き上げ」みたいなイメージの言葉ですよね。

(KOWICHI)そうそう。で、そういう感じだったんですけどで。それをレーベルにするっていうことは当時はあんまり考えてなくて。そうですね。で、今回どうしてそういう風になったかって言うと、ちょっといろいろ考えてまして。いろいろ本当に考えてたんですけど、考えた時にいろんな意味でアーティスト活動も含め、それ以外の自分がやりたいヒップホップというか。それがちょっと、そのFLY BOY RECORDSではできなかった。これは何でかっていうと、まあFLY BOYのカラー、色みたいなものってとっくのとうに出来上がっていたと思うし。

(渡辺志保)まあね。私の中ではTY-KOHくんとKOWICHIくんとヤンハスくんでね、3人でスタートしたっていう。

(KOWICHI)そうそう。で、そういう色ってもうとっくに出来上がってる。スタイルとか見せ方とかもそうだし。で、それが出来上がっていたし。俺が「仕切る」っていう立ち位置でもない。

(渡辺志保)なるほど。3人が、個々のメンバーが集まってできたレーベルですもんね。元々ね。

Self Madeレーベルのビジョン

(KOWICHI)そうですね。で、結構やりたいこととか、いろんなビジョンがあって。まあ若手とか新人とかね、そういう子たちをやっぱりフックアップしたりとか。プロデュースじゃないけど。裏方じゃないけど。そういうことも俺はやっていきたいなってずっと考えてて。で、どうせ新人とか若手をやるなら、俺仕切りの俺のレーベルでやりたいなっていうのがあって。で、今回がその自分の中でそういう次のフェーズに入ったタイミングだったという。で、そこの1発目は俺の名義のアルバムがいいなと思って。というのがまあ、理由なんですけど。

(渡辺志保)まあ、でもすごいポジティブっていうか。KOWICHIくんないがやりたいことが非常に明確だなって私もお話を聞いてて思ったし。たしかに、そのおっしゃる通りFLY BOYって色がもうすでにあれだけ出来上がってるから、そこにまた新しいエッセンスを足していくってよりかは、KOWICHIくんの自分の畑というか、自分の庭というか。そういったものがある方がいろいろスムーズなのかな?っていう。

(KOWICHI)俺の独断で何でも出来るわけじゃないと思うし。そうだね。俺は1ラッパーとしてFLY BOYでやってきたわけだから。うん。

(渡辺志保)なるほど。じゃあ、まあ形式的にはKOWICHIくんは今はもうSelf Madeを自分のレーベルとしてやっていく。で、今後も自分の作品はSelf Madeからリリースしていくっていうことですね。

(KOWICHI)そういうことですね。

(渡辺志保)めちゃめちゃさ、いろんな連絡とか来たんじゃない?

(KOWICHI)いや、意外とね、そうでもなくて。まあ来たりとか、聞かれたりとかもしたけど。あと、ファンの人とかも結構……SNSとかもそうだしさ。すげえなんかいろいろ聞かれて……なんかみんなが気になっていることもあると思うんだけど。

(渡辺志保)まあ、そうでしょうね(笑)。

(KOWICHI)まあ、なんだろうな? 今回のアルバムに入ってる曲、全体を通して……なんかね、「このリリックはどういうことなんですか?」とか、曲に対しての質問がすげえ来るんだけど。

(渡辺志保)でも、まあわかる気もする。そのリスナーの人の気持ちも。だってちょっと勘ぐりたくなるような……。

(KOWICHI)なるほどね(笑)。俺、勘ぐらせに行っちゃった?(笑)。

(渡辺志保)めっちゃ勘ぐらせに行ってるよ、めっちゃ!(笑)。だってさ、そういうトーンってここ最近のKOWICHIくんのアルバム『Value』とか『YOMIURI』とかにはなかったトーンでもあるなって思ったの。その、なんかちょっとフラストレーションをぶつけるようなリリックとか。ちょっとネガティブなことを……その心理的にネガティブなことを歌っている箇所とかさ、そんなに最近はなかったから。

(KOWICHI)まあ、そうかもね。

(渡辺志保)でもこれはさ、ぶっちゃけどう感じ取るかはリスナー次第じゃないですか。で、もちろん全部リアルなことを歌ってると思うけど、もしかしたらKOWICHIくんが自分の言葉で誰か他の人の物語をラップしてる、ストーリーテリングみたいにしてるっていう可能性もあるのかもしれないし……とか思って。

(KOWICHI)まあね。まあ、そうだよね。ただ、みんないろんな気になることとかあると思うんだけど。俺はそのアルバムの曲に対してその曲の内容を質問されても……基本的にずっとそうだけど。俺、リリックの解説は自分でしないし。する必要もないと思っているから。解説付きじゃないとわかんないリリックを書いてるつもりもないし。もうそこは好きに……みんな好きに感じてくれればいいなって俺は思ってるっすね。で、ひとつ言うとしたら、まあ……俺のリリックはもうそこには真実しかないんで。あとはもうみんなで好きに感じてくれれば俺はいいかなと思っているね。

(渡辺志保)間違いないですね。まあ、それこそが真実っていう感じもするしね。

(KOWICHI)なんかね、いろいろ……「みんな、よく見てるな」とかいろいろあるけど(笑)。でも、解説はするつもりないね、本当に。

(渡辺志保)うん、OK、OK。ありがとうございます。で、最初に『Self Made 2』が出た時に、YZERRくんとの曲っていうことで。本当にいろんな意味で勢いがすごかったんじゃないかと思うけどさ。YZERRくんにもさ、「こういう曲にしたいから」ということでもちろんフィーチャリングを頼んだ?

(KOWICHI)そうだね。あのね、あれはもうあの曲もパッションでしかなくて。というか、今回は全曲そんな感じなんだけど。で、あの曲のワンバースができた時に「YZERRにやってほしいな」って思ったの。2バース目っていうか。1バースをYZERRにやってもらいたいなっていうのがあって。なんかね、それの理由も……何て言うんだろうな?

(渡辺志保)T-PABLOWではなくて、YZERRくん?

(KOWICHI)うん、そうだね。なんかね、それも言葉にすると難しいんだけど。「いや、もうYZERRっしょ、これは!」っていう俺の中でのものがあって。で、やっぱり超最高なバースをやってくれたし。予想通りって感じだったし。

(渡辺志保)ちなみにさ、YZERRくんともさ、今回のKOWICHIくんの新しいムーブについて話したりとかもあったんですか?

(KOWICHI)いや、特にそんな深いことは話してないかな?

(渡辺志保)そうかそうか。なるほどね。で、今回いろんな……YZERRさんもそうなんですけど。他のゲストの方も参加してて。で、KOWICHIくんってさ、毎回結構若手のアーティストもフックアップしているじゃないですか。で、ERASERくんなんかもね、もう何度も一緒にやっているけども。私が「おっ!」て思ったのはCandeeさんですね。

(KOWICHI)おお、そうですね。川崎の若い子なんですけども。でもなんかCandeeに関してはZOTがめっちゃお気にで。で、レコーディングとかもよく一緒にやってて。で、ラップを聞いた時に単純に「超いいな」って。で、会って遊んだりもして。「めっちゃいいな!」みたいな。「もう「いい」でしかないな」みたいな感じでしたね。

(渡辺志保)いいですね! このりリックも……『Alien』っていう曲で一緒にやっているじゃないですか。これもユニークっていうか、これまでのKOWICHIくんにない感じのたとえとかを使ってる曲だなと思って。で、最初のバースもCandeeくんがキックしてて。それもちょっと新鮮だったな。

(KOWICHI)なんかね、そう。宇宙人みたいな、宇宙みたいなテーマでちょっとやりたいなっていうのは実際にあって。

(渡辺志保)今回、ジャケットもね、宇宙テイストっていうか。

(KOWICHI)そうそう。で、「宇宙人みたいなラッパーって誰かいないかな?」ってなった時にCandeeが思い浮かんだんだよね。

(渡辺志保)へー! そうなんだ。じゃあ、これもバッチリなコラボっていう感じがしますか?

(KOWICHI)そうですね。めっちゃよかったっす。気に入ってるっすね。

(渡辺志保)じゃあ、せっかくなのでここで『Higher』からの1曲を皆さんに聞いていただきたいと思います。曲紹介をお願いします。

(KOWICHI)KOWICHIで『Alien feat. Candee』。

KOWICHI『Alien feat. Candee』

(渡辺志保)はい。KOWICHIさんの最新アルバム『Higher』から『Alien feat. Candee』をお届けしましたね。でもさ、そのSelf Madeの話に戻っちゃうんですけども。自分の、KOWICHIくんの、KOWICHIくんが耕す庭みたいなイメージがあるんだけど。やりたいことで新人のフックアップみたいなことも言っていたから。今後、だからメンバーが発表されるとか? もう何かしら、決まってることはあるのかな?

(KOWICHI)そうだね。あの……何人かもうやろうと思ってるっていうか、決まってるんだけど。そうだな。うん。ちょっとまだ言えないんですけども。まあ、自分の近くにいる……たとえばZOTとかはもう全然いるんですよ。もちろん。僕は彼がいないとダメなんで。

(渡辺志保)いやー、素晴らしいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました