スポンサーリンク

オークラ バナナマンと東京03のネタ作りの違いを語る

オークラ バナナマンと東京03のネタ作りの違いを語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

オークラさんが2020年11月25日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間さんとコント村のバナナマンと東京03のネタ作りの違いについて話していました。

(佐久間宣行)続いて、メールが来てます。東京都の方。「バナナマンさんと東京03さんのネタを作る時の違いってありますか?」っていう。

(オークラ)まあ全然違いますよね。

(佐久間宣行)もう全然違う?

バナナマンのネタ作り

(オークラ)バナナマンはとにかく、単独ライブの時にネタを作るんですけども。バナナマンに関してもう、とにかくネタ自体を書いてきて。普通ネタ案じゃないですか。でも、設楽さんの場合はもう台本なんですよ。

(佐久間宣行)ああ、そうか。というか、要はバナナマンのコントって説明してもわかんないもんね。だからいきなり台本で持ってくるんだ?

(オークラ)それで、今でこそそんなじゃないですけど昔はもう20本ぐらいバーン!って持ってきて。それで信じないぐらいボツにされるっていう(笑)。「はい、ボツ、ボツ、ボツ……3本!」みたいな。それで、そのネタで「これだったら面白くなりそうだな」ってそこから設楽さんが手を加える場合もあるし、手を加えている途中で「オークラ、書いてみて」みたいな。結構台本をキャッチボールするんですよ。

(佐久間宣行)ああー、じゃあオークラさん、設楽さん、日村さんでキャッチボールして作っていくことが最近は多かったっていうことですか?

(オークラ)そうですね。まあ、僕と設楽さんの間でキャッチボールするのが多くて。日村さんも書くんですけども。それも結構設楽さんが直すみたいな感じで……とか。

(佐久間宣行)そうなんだよね。バナナマンって日村さんもネタを書けるんだよね。

(オークラ)書けるんですよ。あの人の書くネタって面白いんですよ。すごいバカバカしいコントなんですけど。

(佐久間宣行)バカバカしいし。面白いもんね。

(オークラ)で、一応最終的に演出が設楽さんなんで。設楽さんが「これで行く」っていうのでOKって出したものが決定稿ですね。

(佐久間宣行)で、それが03の場合は……バナナマンの場合はベースが設楽さん。総合演出で設楽さんが見えているお笑いをどう具現化していくか?っていう感じ。

東京03のネタ作り

(オークラ)それで、東京03の場合は単独ライブでだいたい毎回7本するんですけども。そのうちの6本をまずは飯塚さんと角ちゃんで書くんですよ。

(佐久間宣行)ファミレスで話し合ってでしょう?

(オークラ)そうそうそう。それで書き上がった台本が俺のところに届くですよ。で、そこから、「じゃあ、これを全体のパッケージ化するのはどうしたらいいか?」って。それで僕が幕間のコント、ネタみたいなを。で、東京03のネタって結構人間のああいう……。

(佐久間宣行)醜いところとか、あとは逆にカッコつけている部分とか。そういう、ちょっとスケッチを膨らませた感じだよね。

(オークラ)で、それとはかぶらないシステマティックなネタを東京03のVTRで作るんですよ。で、その後に、最後にいわゆるトリを飾るネタを書かなきゃいけない。大団円を向かえるみたいな。

(佐久間宣行)ああ、そうか。繋がってきたものが。少しストーリー性が長いもの。

(オークラ)そう。だから東京03のネタって1個の……「人間のこういうところがあるよね」って部分いう部分を切っていくというか。で、それがもう一転する時もありますけども。それとは違う、「人間、こういうところがありますよね」って書きながらも、そこから事件が転がって。要するにストーリーが転がってるようなネタを一応意識して、03では書くようにしていますね。

(佐久間宣行)なるほど、なるほど。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました