スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐久間宣行 滝藤賢一を語る

佐久間宣行 滝藤賢一を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

佐久間宣行さんが2020年2月12日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の中で滝藤賢一について話していました。

(佐久間宣行)続きましてのカンペ。大阪府の方。「僕は滝藤賢一さんが『踊る大捜査線』でナチュラルに中国人刑事役を演じていた頃から『この人は名優になるね』と思っていたのですが……これは事後諸葛亮ではなく、ガチ諸葛亮です」。フハハハハハハハハッ!

まあ滝藤賢一さん、めちゃくちゃうまいからね。うちの局でも今、ドラマやってるけど。俺、一番最初に「うまい」っていうか、「なんだ、この人?」と思ったのは『クライマーズ・ハイ』っていう映画があって。原田眞人監督の。それ、後で調べたらオーディションなんだって。もう無名の中からオーディションであの役に入ってきたっていうのもあるし。

あとその滝藤さん、すごい面白いのが滝藤さんのウィキペディアとかにもあるんだけど。あのね、呼吸場所まで決めるんだって。もう事前の演技プランで呼吸場所まで決めるっていう……(笑)。だからもう完全なメソッドアクターで。

完全なメソッドアクター

あと、これは噂で聞いたんだけど、『ゴールデンスランバー』あるじゃん?

『ゴールデンスランバー』の映画に……まあ、もうネタバレしてもいいと思うんだけども。整形後の役で出るのよ。主人公の整形後の役。だから堺雅人さんの整形後の役ということね。で、その前の主人公のセリフを全部覚えたんだって。要は整形後だから。それを踏まえた上で演じなきゃいけないから。という、都市伝説みたいなのが載っていたので。これ、滝藤アプローチ。フハハハハハハハハッ! 滝藤アプローチですよ(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました