スポンサーリンク

吉田豪 2014年8月おすすめ新譜特集

吉田豪選曲 おすすめスタジオジブリ楽曲特集 bayfm with you
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪さんがbay fm『with you』で2014年8月12日に購入した新譜の中から、おすすめの楽曲をチョイスして特集していました。

(松本ともこ)今日はどんな特集でしょうか?

(吉田豪)はい。昨日買ったばかりの新譜特集!っていうざっくりした感じね。ほぼフラゲ!

(松本ともこ)昨日(8月12日)買ったんですね。フラゲね。今日が水曜日だから。

(吉田豪)そうなんですよ。水曜日がチャートでいちばんベストなタイミングだから、火曜日に発売されがちなんです。で、いろいろ買ってきたというね。

(松本ともこ)本当に普通に自転車乗って買いに行くんですか?

(吉田豪)当然ですよ。

(松本ともこ)なんか話しかけられたりとかないんですか?

(吉田豪)ガンガンかけられますよ。

(松本ともこ)そうすると、どうするの?

(吉田豪)話しかけられるよりも目撃証言が多くて。『吉田豪がものすごい大量のCDを買っていた』っていうのはよく。『カゴにごっそり入れてた』って。

(松本ともこ)(笑)。じゃあ今日はそんなごっそりの中から。

(吉田豪)いま、さっそく流れているのが元アイドリング!!!遠藤舞さんの『Baby Love』っていう素晴らしい曲なんですが。

スポンサーリンク

遠藤舞『Baby Love』

(松本ともこ)遠藤舞さん。はい。

(吉田豪)これだけ先週買っていたのを特別枠で。BGM扱いになっちゃうんですけど。最高ですよ、これ。ええと、アイドリング!!!からソロデビューしてから、ファーストがBase Ball Bearの小出さんで、セカンドが赤い公園の津野米咲さんで、今回がOKAMOTO’Sのオカモトショウ作のモータウン歌謡というね。

(松本ともこ)このね、曲調がモータウンっていうね。

(吉田豪)素晴らしいのがきましたよ。しかし、先週だったので残念でした!っていう(笑)。

(松本ともこ)だから毎週来ればいいじゃないのって思うんですけどね。

(吉田豪)先週、タイミングがね。先週用の特集も考えたんですよ。実は。先週用にCDも焼いていたんですけど。それ、いつでもいいので今度。次回以降に回します。新譜を流したいんでね。

(松本ともこ)そんな用意をしていただいて。じゃあ、いきましょうか。

(吉田豪)そんなわけで昨日デビューしたばかりのガールズユニット、ななのんっていうのがいまして。

(松本ともこ)ななのん?平仮名で『ななのん』。

(吉田豪)ええとですね、つんくさん作の超名曲『クネクネ☆ブラボー!!』でデビューした、なあ坊豆腐@那奈さんっていう、まあネットの有名人の人ですね。この人と、彼女と身長と体重、髪の長さが同じで親友のモデル前田希美さんで組んだユニットがななのんっていうね。

(松本ともこ)(笑)

(吉田豪)舞台で共演きっかけで仲良くなって、それからこういう形になって、それが小西康陽さんのプロデュースでデビュー。で、タイトル曲の『ななななのんのん』っていうのが実に小西さんらしい自己紹介ソングなんですけど。

スポンサーリンク

『ななななのんのん』

(吉田豪)カップリングがピチカート・ファイブのカバーなんですよ。

(松本ともこ)ええーっ!?

(吉田豪)それを小西さんが自分が作った曲だからって勝手に歌詞まで変えたすごいバージョンになってるんで、聞いてみましょうかというね。

(松本ともこ)お願いします。

(吉田豪)ななのんで、『ななのんのベイビィ・ポータブル・ロック』。

スポンサーリンク

『ななのんのベイビーポータブル・ロック』

(松本ともこ)本当にたぶんね、with youのね、ピチカート・ファイブ世代・・・

(吉田豪)ええっ!?って思いますよね。

(松本ともこ)なんかもう、おかしくて(笑)。

(吉田豪)『知ってる歌詞と違う!?意味がわからなくなってる!』って(笑)。

(松本ともこ)『ななななのん♪』(笑)。

(吉田豪)これ、発売記念イベントに行ったら、運営の人が声をかけてきていろいろ聞いたんですけど。これ、編曲別の人がやってるんですよ。小西さん、ボーカルとかアドバイスをやってるんですけど、あと、作詞とかもするんですけど。レコーディングになって急遽小西さんが歌詞を変えてきたらしいんですよ。で、知らなくて。編曲家の人。自分の知ってる曲が全く違う歌詞になっててびっくりしたけど、小西さんだからなにも言えないみたいな(笑)。

(松本ともこ)(笑)

(吉田豪)自分の曲だから自分勝手にやっている。破壊的でやっぱりさすがですよね。そんな感じの曲です。

(松本ともこ)クセになります(笑)。ななのん。

(吉田豪)続きまして、RYUTistのニューシングル。RYUTistという新潟のローカルアイドルなんですけど。『Wind Chime!』っていうシングルが出るんですが。それのカップリングで『チュララ』っていう曲があるんですけど。このRYUTistっていうのはマリスミゼルからフジファブリックからセイントフォーまで、雑多なカバーセンスで知られるグループで。

(松本ともこ)すごいですね。新潟のアイドル。

(吉田豪)新潟のアイドルです。で、変わったカバーばっかりやってるんでいいなと思って、僕が新潟で杉作J太郎先生とトークイベントやる時にいつもライブやってもらってるんですよ。

(松本ともこ)あ、そういうつながりがもうあるんですか。

(吉田豪)その関係で彼女たちにカバーしてほしい曲を僕がリクエストするっていう関係になって。で、前にこの番組でも流した東京パフォーマンスドールの八木田麻衣さんの『恋のトレモロマジックダーリン』っていうROLLYさんと永井ルイさんの曲があるんですけど。それを選曲してカバーしてるんですね。

(松本ともこ)うん。

(吉田豪)それきっかけで彼女たちが永井ルイさんとつながって、永井ルイさんが曲を作ることになり、っていうことで誕生した曲を聞いてみましょうという感じです。

(松本ともこ)お願いします。

(吉田豪)RYUTistで、『チュララ』。

スポンサーリンク

RYUTist『チュララ』

(松本ともこ)四人組なんですね。歌が上手い!

(吉田豪)そしてね、いわゆる二期タンポポと言われるね、ハロー!プロジェクトのあのグループによく似た素晴らしい曲が完成。さすが永井さんっていう。永井ルイ節。完璧!

(松本ともこ)いい!もう、すごく。でもそこに吉田豪がつなぎ役として。

(吉田豪)微妙に関わっていたというね。

(松本ともこ)あなた、玉子のような人ですね。

(吉田豪)玉子?

(松本ともこ)玉子。つなぎだもん。だって。吉田豪は玉子だ。

(吉田豪)はい。行きましょう、次(笑)。

(松本ともこ)まだいっぱいあるの?行きましょう、次。

(吉田豪)続きまして、ふぇのたすっていうグループがいまして。そこのボーカルのみこさんっていう人がいるんですが。彼女、高校時代にオーディションを受けに来た時に、僕が審査員をやっていて。大絶賛をしたことがあって。とにかく声からなにから素晴らしいという。その彼女がふぇのたすっていうバンドに入って。いま徐々に成功しつつある感じで。そんな彼女が本日発売のゲーム太鼓の達人のサントラに、ガールズポップマニアっていう太鼓の達人のサントラが出たんですが。

(松本ともこ)あの太鼓の達人のサントラ。

(吉田豪)そうです。だからまあ、その曲を聞いてほしいなという感じで。いきますか。

(松本ともこ)ぜひ。ぜんぜんわかんない。ぜひ、聞きましょう。

(吉田豪)じゃあ、ふぇのたすで『電子ドラムの達人』。

スポンサーリンク

RYUTist『チュララ』

(松本ともこ)一度聞いたら彼女の声はね、たしかにね。

(吉田豪)本当に才能のあるボーカリストですよ。で、これがゲーム用に太鼓の音が追加されたバージョンがいくつかこの盤の中に入ってるんで。ちょっと後ろで流したいんですが。『電子ドラムの達人 むずかしい譜面MIX』っていうのが。

(吉田豪)オープニングだけじゃなくてドラムの音がずーっと鳴り続けていて。

(松本ともこ)そこで彼女が歌っていくんだ。

(吉田豪)そうです。ボーカルがちょっと小さめになってますけど。

(松本ともこ)で、歌っていくんだ。へー。でも縁があって、そうしていろんなところで活躍。あ、来た。

(吉田豪)来ました。ドンドン鳴っています。

(松本ともこ)ドンドンドン!ゲームだからね(笑)。

(吉田豪)もっと激しいミックスも入ってますよ(笑)。ドラムうるさすぎるぐらいの(笑)。

(松本ともこ)むずかしい譜面MIX。これが今日発売。楽しいですね(笑)。

(吉田豪)家で練習しても良し!っていうね(笑)。

(松本ともこ)えっ、今日は実はもう1曲あると。

(吉田豪)もう1曲あります。これも実は今日発売じゃないんですが。8月6日にリリースされた猫好きによる猫コンピ。『ベストオブハバねこポッセ』っていうのがありまして。椎名純平さんとか、SHAKKAZOMBIEのTSUCHIEさんとかが参加してるんですが。この中になぜか、しまおまほ feat.オカダダの『NEKO NEKO WAR』っていうね、明らかに猫愛と米米クラブ愛がミックスされた1曲が入っていまして。

(松本ともこ)(笑)。おふたりとも、猫好きなんだ。

(吉田豪)しまおまほさんっていうのがTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』でお馴染みのゆるふわ漫画家。イベントとかにも出てもらいましたけど。で、オカダダさんっていうトラックメイカーの方と組んで作った曲です。ちょっとこれ、聞いてみましょう。

スポンサーリンク

『NEKO NEKO WAR』

(松本ともこ)ちょっとね、猫好きの世界がうらやましいなって思いました。この、ふわっとした。いいですよね。

(吉田豪)このコンピには、猫に変身できる手ぬぐいがついてますからね。

(松本ともこ)これ、どうやって巻けばいいか。

(吉田豪)2222円。ニャンニャンニャンニャンですので。ひどい(笑)。

(松本ともこ)ひとつひとつが面白いですよ(笑)。ええと、昨日買ったばかりのと、そしてあとひとつ。気になるというね。これはちょっと前ですけども。新譜作品特集ということでお送りしました。いろいろかけられて良かったです。

(吉田豪)はいはい。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました