スポンサーリンク

宇多丸 ukka『恋、いちばんめ』を語る

宇多丸 ukka『恋、いちばんめ』を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク

宇多丸さんが2020年6月30日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中でukka『恋、いちばんめ』を紹介していました。

(宇多丸)まず最初はukkaっていうグループ。これukkaって聞くと「何だ?」って思うんですけど、これ元々は桜エビ〜ずという名前でずっと活動してきたグループがありまして。桜エビ〜ずがukkaという風にグループ名を改名して出したシングルがありまして。『恋、いちばんめ』というシングルなんですけど。これがまたさ、収録曲がどれもめっちゃ良かったよね。

(森田秀一)そうなんですよね。Aバージョン、Bバージョン、両方が完璧にいい感じで。

(宇多丸)カップリングの曲とかもすごい良くて。たとえばラップチューンで『can’t go back summer』っていうこの曲とかもすごく良くて。

(森田秀一)これ、良かったですね!

ukka『can’t go back summer』

(宇多丸)だからこれ、「1個選ぶ」っていうの難しさにいきなり最初の一作品目から「あれ? 1曲選ぶとか言うんじゃなかったな?」みたいな(笑)。急に思っちゃったんだけど。やっぱりね、まずはですねこのリード曲が素晴らしくて。要するにその再出発にふさわしい、すごく力の入った曲でもあって。ヤマモトショウさんというね、このコーナーでもすごくおなじみです。ヤマモトショウさんが作曲。宮野弦士さんが編曲という、この布陣的には間違いない感じ。フィロソフィーのダンスとかもやられている布陣でもあるし。

(森田秀一)はい。

(宇多丸)あと、ヤマモトショウさんが組んでいた、ふぇのたすっていうユニットのMICOさんという方と共同で作詞されているんだけども。歌詞がすごくよくて。特にサビのちょっとね、それこそトラップみさえあるような「ホニャ、ホニャ、ホニャ……」って切る譜割り。ちょっと今っぽい譜割りが入ってくるのも含め、僕はちょっとこの曲の弾けるような感じ。そして曲としてのクオリティーの高さ。僕はね、松浦亜弥さんの『ドッキドキ!LOVEメール』を思い出しました。

(森田秀一)ああ、なるほど!

(宇多丸)あの松浦亜弥さんのデビュー作。あれを聞いた時の「うわっ、クオリティー、高い!」みたいな。ちょっとそれを連想したぐらいでございました。それでは早速聞いてだけましょう。ukkaに改名して第一段目のシングル。リード曲です。『恋、いちばんめ』。

ukka『恋、いちばんめ』

(宇多丸)はい。6月24日にリリースされました。桜エビ〜ず改めukkaの『恋、いちばんめ』を聞いていただいております。いいよね、これね。

(宇垣美里)うんうん!

(森田秀一)いやー、もうこれ、クラシック感ありますね。

(宇多丸)なんかこう、すでに名曲感というか。古典としての風格があるっていうか。これからずっと先に、何年後に聞いても同じくいいだろうなっていう感じで。こういうちょっとビートルズ調というかな? こういう曲の特徴、ありますよね。

(森田秀一)そうですね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフター6ジャンクション
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました