スポンサーリンク

R-指定 マボロシ『ナーヴァス』を語る

R-指定 マボロシ『ナーヴァス』を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

R-指定さんが2020年4月28日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でマボロシ『ナーヴァス』を紹介していました。

(R-指定)じゃあ、曲紹介に行きましょうか。

(DJ松永)そうですね。Rさんの日本語ラップ紹介のコーナーです。

(R-指定)まあ、さっき松永さんもね、家で仕事するって言ってたやんか。それで私なんかもラッパーですから、歌詞を書くのもほぼ家なんで。この家でラッパーが歌詞を書く時、曲を作る。トラックメイキングもそうやけど、作業をする時のこのナーヴァスになっている状況をヒップホップの曲で聞いてほしいなと思って。

(DJ松永)そんなばっちりシチュエーションの曲、あります?

(R-指定)あります! ライムスターのMummy-Dさんがギタリストの竹内朋康さんと2人でやっているマボロシというグループ。このセカンドアルバム『ラブシック』に入っている曲でズバリ、『ナーヴァス』という曲があります。

マボロシ『ラブシック』

(R-指定)これはDさんがサンプリングしてトラックを作ったり、歌詞を書く。それを家でやっている。「ああ、思い浮かばない。でも、思い浮かびそう……ちょっと今日はやめておこうかな? 酒でも飲んで降りてくるのを待とうかな? よっしゃ、出てきた、行くぞ!」っていうような、このマジで歌詞書いているやつ。トラックを作って煮詰まっているやつ全員が「うわっ、この感情あるわ!」ってわかる曲なんで。まずは一旦、聞いてもらってから歌詞の説明にしましょうかね。

(DJ松永)はい。

(R-指定)じゃあ、まずは聞いてもらいましょうか。マボロシで『ナーヴァス』。

マボロシ『ナーヴァス』

(R-指定)この気持ち、痛いほどわかるんですけども。この、やっぱりね……これ、Dさんの曲作り。忙しいけどちょっと彼女かな? 奥さんとかに家で苛立たれているような。だから今、まさにこの状況みたいな人たち、たぶん多いと思います。

(DJ松永)多いだろうな!

(R-指定)家庭で仕事をして。お互いがナーヴァスになるっていう。でもそれを乗り越えて、この仕事が一山越えそうな時の「今宵は絶好調 I got a baby 掲げる血統書」とかここらへんとかもね。このへんのカタルシスとかは曲を作っていたらいまだにこの曲のここを思い出しますね。で、これがさらに進化してライムスターの『Bitter, Sweet & Beautiful』では『サイレント・ナイト』っていう曲でまたこの夜中に家で作詞する状況をDさんとウタさんが歌っているんですけども。その変化とかもぜひ、聞いていただきたいなと思うんですけども。

RHYMESTER『サイレント・ナイト』

(R-指定)まあ、こんな状況で俺も松永さんもナーヴァスになりながら仕事をしているということでした。

(DJ松永)わかるわー!

(R-指定)マボロシで『ナーヴァス』でした。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました