スポンサーリンク

高田文夫 小島一慶を追悼する

高田文夫 小島一慶を追悼する ラジオビバリー昼ズ
スポンサーリンク

高田文夫さんが2020年4月27日放送のニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』の中で亡くなった小島一慶さんを追悼していました。

(高田文夫)そんな最中、ほら。コロナでいろんな人が亡くなっていてさ。いろんなニュースがあるけどさ。俺なんかさ、実はさ、小島一慶さん。亡くなったんだよ。肺がんで。

(松本明子)私もびっくりしました。

(高田文夫)この人らしいなって。みんなコロナで死んでいるのに肺がんで死んでいるからね。この人、俺よりも4つ上なのかな? 日大芸術学部の先輩なんだよ。それでさ、俺は実を言うと言わないけども、この人に憧れて放送界に入ったようなもんでさ。この人はさ、しゃべりが軽くて面白いのよ。最高なのよ。

(松本明子)すごいですよね。もうDJの先駆者で。『パック・イン・ミュージック』とか。

小島一慶に憧れて放送界を志す

(高田文夫)だから日大の芸術の放送学科っていうところで。俺もそうなんだよ。日大芸術学部の放送学科。だから俺なんか、卒業をしているからさ。学士様だからね。ブロードキャスティングの。わかる、お前ら、バカにしているけど。俺、学士だよ。放送学の学士様だからな!(笑)。

(松本明子)学士様!

(高田文夫)もうブロードキャスティング、わかっているんだよ。全部、実は(笑)。だから、そうなんだよ。小島一慶さん、尊敬してね。だから吉田照美さんとかあのへんの世代はみんな、そうだと思うよ。『パック・イン・ミュージック』でね。

(松本明子)面白くて軽くて早くてね。

(高田文夫)面白かった。本当にね、実は憧れていたね。

(松本明子)DJですよえん。

(高田文夫)そう。まあ、ちょっとスキャンダルでもってパッと仕事がなくなってから、そのままなんかね、なかなか仕事に恵まれなくて。気の毒なこと。最後はなんか俳句を作ったらしいけどな。いやー、小島一慶さんはね、俺はちょっとショックだな。

(松本明子)そうですか。ねえ。若々しくて。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラジオビバリー昼ズ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました