スポンサーリンク
スポンサーリンク

上出遼平 旅先で食べた一番美味しい料理と最も称賛された瞬間を語る

上出遼平 旅先で食べた一番美味しい料理と最も称賛された瞬間を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

『ハイパーハードボイルドグルメリポート』の上出遼平さんが2020年4月8日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間さんと旅先で食べて一番美味しかった料理や、旅先で最も称賛された瞬間について話していました。

(佐久間宣行)メールが来ています。東京都杉並区の方。「上出さんに質問です。海外で食べたもので一番美味かったものを教えてください」。そうそう。こういうのも聞かないと。『ハイパーハードボイルドグルメリポート』だからね。

(上出遼平)はいはい。純粋な味で言うと、ロシアのシベリアのカルト教団の村っていうところがあって。そこの飯はめちゃめちゃ美味かったですね。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! 何がどう美味いの?

(上出遼平)やっぱり外界と隔絶されているんですよ。外の世界と。それで全部自給自足なんですよ。だからその北海道的な肥沃な大地で育った野菜と、ヤギの乳と……すごいんですよ。ロシアって結構マズいものが多いんですけど。モスクワとかになると。

(佐久間宣行)まあ、そうね。ロケに行ったスタッフとかも結構、「ロシアのメシはそんなに美味くないですよ」って言うもんね。

(上出遼平)結構ハズレのことが多いんですけども。

(佐久間宣行)その教団の中で食ったメシの中で一番美味い料理はなんなの?

(上出遼平)ボルシチですね。もう本当に美味いっすよ。

(佐久間宣行)ということで、味として一番美味かったのはロシアのカルト教団のボルシチ?(笑)。

(上出遼平)間違いないです、はい(笑)。

ロシアのカルト教団の村のボルシチが一番美味い

(佐久間宣行)皆さん、これはぜひ食べに行ってください。ロシアのカルト教団のボルシチがめちゃくちゃ美味いです。それでじゃあ、味じゃなかったらなんなの?

(上出遼平)それで言うとやっぱり、その「一口やるか?」って言ってくれて食べるメシが美味いんですよ。

(佐久間宣行)ああ、なるほど。関係性を築けた証としてのメシっていうことね?

(上出遼平)それこそ、ケニアのゴミ山に住んでる青年と出会って、1日そのゴミ集めの仕事にくっついて行かせてもらって。それで稼いだ数10円で赤飯みたいなのを作ってくれて。

(佐久間宣行)なるほど。まあ、その人たちにとってはそれが1日の大事なご飯だもんね?

(上出遼平)そうです、そうです。それを本当に一口くれて。それで「もう一口、食うか?」みたいなことも言ってくれるんですけど。味はもちろん、分からないですよ。皆さんが食べて美味しいと思うかはわからないですけども、やっぱりその物語が一番美味しいっていう。

(佐久間宣行)おい? カッコつけてんな!(笑)。

(上出遼平)やめてくださいよ(笑)。1個ぐらいちゃんと言っておかないと……(笑)。

(佐久間宣行)いや、正しいよ。「契を交わした」に近い、自分のやっていた……その撮影自体が暴力に近いところがあるもんね。ズケズケと踏み込んでいるから。でも、それを許してくれたメシっていうことだよね? なるほど、なるほど。それはわかるよ。面白いわ。それと、ほっこりした話をどれかひとつさ。今、危険な話とかさ、メシの話とかしてたから。海外であった、ちょっと変わったエピソードみたいなの、ある?

(上出遼平)スリナム共和国ってご存知ですか?

(佐久間宣行)スリナム共和国……一応、説明してください。僕は知っていますけども(笑)。

(上出遼平)南米の一番北側にある結構マイナーな国なんですけど。そこに1人で行ったことがあって。一番安い車をチャーターして。ドライバーさんもいてくれるような車で。なんかもう全然もう隅から隅までタトゥーが入っているような方で。それで乗り込んでロケしようと思ったら、「お前、日本人か?」って言われて。「そうですよ」「本当に日本人か?」って。ものすごく興奮してるんですよ。

(佐久間宣行)「日本人に会えた!」みたいなこと?

日本人に会えて興奮するスリナム人のドライバー

(上出遼平)みたいなことなんですよね。たぶん。で、おもむろに車のナビをいじりだしたんですよ。「お前、日本人なんだよな?」って。そのチャーターした車のナビをいじりだして、ピッて音楽の再生ボタンを押したんですよ。そしたらまあ、長渕剛さんの『乾杯』が流れはじめて。「ああ、長渕さんファンなんだ! それで日本人に興奮しているんだ!」って思ったら……「これを、消してくれ」って言われて(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(上出遼平)「これがこの車を買って6、7年消せないんだ。ずっと流れているんだ」って言っていて。というのも、その国で走っている車のほとんど日本からの中古車なんですよ。それでまあ、窃盗車とかも結構あって。で、ナビに入っている曲がそのまま来ちゃう。全部日本語なんで誰も消せない。車屋さんも消せないっていう。

(佐久間宣行)ああ、なるほど。ナビを扱えないっていうことね?

(上出遼平)だから、どう頑張っても長渕さんしか聞けないっていうことで。それでまあ、僕がそれを消すわけですよ。いとも簡単に3タッチぐらいで消せるわけですよ。「削除」ってやったらもうその人が電話をし始めて。それでもう車が集まってくるわけですよ。

(佐久間宣行)それって……「長渕を消せるやつがいるぞ!」っていうこと?(笑)。

(上出遼平)「ついに長渕を消せるやつがいた!」って(笑)。

(佐久間宣行)「あの忌まわしい歌を消せる呪術師が来たぞ!」みたいになって(笑)。

「救世主が来たぞ!」(スリナム人)

(上出遼平)「救世主が来た!」ってなって。で、もう僕はそこから、もうひたすら何台も何台も。もう賞賛の嵐で。「お前、これで食っていけるぞ!」っつって。もう本当に。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! 「お前はスリナムで長渕の曲を消す仕事で食っていけるぞ!」って?(笑)。

(上出遼平)まあでも、長渕さんだけじゃないですから。いろいろと入っているんで。まあ、僕の中でも良心みたいなのがあったので。たまに……松たか子さんの『Let It Go』とかは残しちゃったりとかして(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! それ、お前の好みじゃねえかよ!

(上出遼平)ちょっと選曲とかも始めちゃったっていうお話で。ほっこりするお話っていう(笑)。

(佐久間宣行)ああ、大丈夫。ほっこりしたわ。本当に今、テレビの仕事で困ったらじゃあスリナム共和国に行けば、もうカーナビから長渕を消す仕事で生計を立てられるんだね。

(上出遼平)立てられますね。

(佐久間宣行)やっぱりいろんな国に行ってみるもんだね。生き方が見つかるもんね。

(上出遼平)見つかる。本当にありますよ。

(佐久間宣行)フフフ、ああ、おもしれえな(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました