スポンサーリンク
スポンサーリンク

町山智浩 ロックダウンから3週間後のアメリカの暮らしを語る

町山智浩 ロックダウンから3週間後のアメリカの暮らしを語る たまむすび
スポンサーリンク

町山智浩さんが2020年4月7日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中でロックダウンから3週間が経過したアメリカ・カリフォルニアの状況について話していました。

(赤江珠緒)もしもし、町山さん?

(町山智浩)はい。町山です。よろしくお願いします。

(赤江珠緒)あ、お元気そうで。お声が明るくて何よりです。

(町山智浩)ああ、空元気ですね(笑)。

(山里亮太)まだ、ずっと出れない状態ですもんね?

町山智浩 ロックダウンから2週間が経過したアメリカの暮らしを語る
町山智浩さんが2020年3月31日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中でロックダウンから2週間が経過したカリフォルニアの状況についてトーク。ロックダウンが1週間遅れたニューヨークとの違いなどを話していました。

(町山智浩)そうなんですよ。3月17日からずっと外出禁止令が続いてるんで。5月13日まで続くんですよ、これ。

(赤江珠緒)ああー、もうほぼ2ヶ月。そうか。

(町山智浩)でも、おかげでね、カリフォルニアはすごく……アメリカで一番早く外出禁止令を出したんで、感染者もそんなに増えてないし。死亡者もすごく少なくて、その間に病院の体制がかなりできてきてるんで。軽症者用の隔離施設とか、あとは検査もすごく進んでいますから。だからすごくみんな落ち着いてます。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。

カリフォルニアは落ち着いている

(町山智浩)あとね、お金もね、ある程度なんとかなりそうなんで。州知事が2ヶ月間の家賃の猶予を決めたんですね。支払わなくても立ち退かせたりすることはできないという風になったので。

(赤江珠緒)うんうん。それは落ち着きますね。

(町山智浩)あと、失業保険も結構ちゃんと出てるし。失業保険というか、アメリカは一時解雇っていう形になって。ただ単に給料が出なくなるだけなんですよ。仕事自体を失ったりクビになったりするという状態じゃないんですけど。はい。「ピンクスリップ」というものが出て、それを使うと給料の半分ぐらいがもらえるんですよね。これがね、結構長い間ずっともらえるんですよ。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。

(町山智浩)だから、業者が結構大変で。レストランとかをやってる人たちは……給料をもらってる人たちはそれで何とかなるけれども。家賃も払わなくてもいいんだけども、レストランとかをやってる人たちは結構大変なんですよね。今、テイクアウトしかないんですよ。出前とテイクアウト以外は全部……店の中で感染しちゃうからやっていなんで。トランプ大統領が「レストランに関しては、これは何とかする」とはっきり言いましたね。「レストランとエンターテイメントビジネスは国家が救済する」という風にはっきりと言ってますので。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。へー!

補償をアナウンスすることで落ち着く

(町山智浩)だから先にそう言っちゃうから、具体的にそれがどういうものかは分からなくても、とりあえずみんな安心するんで落ちつくんですよ。

(赤江珠緒)それはそうですよね。だいぶ違いますよね。

(町山智浩)それで家賃に関しても、やっぱりずっと収入がないまま……猶予をされていてもいつかは払わなきゃならないわけじゃないですか。でもそれも、免除する方向に向かうかな?っていう感じなんですよ。それもちゃんと一応、「その方向で進める」っていう風にいろんな政府関係者とか州知事とかがみんなどんどん言ってくれるから、みんなものすごくきっちりと外出禁止令を守っています。すごい守っていますよ。あと、犯罪もすごい少ない。

(赤江珠緒)ああ、そうか。そうなりますね。

(町山智浩)空き巣ができないっていう問題もあるんですけどね(笑)。みんな家にいるから。あと、そういうことをやってると、誰も外出してないから目立っちゃうっていうのもあるんですよ。だから夜、歩いてる人はいないんですよ。基本的に夜間は完全に外出禁止なんで。だから、歩いてたらもう犯罪者以外にいないっていう。だからね、日本でもやるかもしれないですけれども。ただ、すごく警察が強制的にやってるわけでもないし。一応、そういう人がいたら捕まえるんですけど。本当に全ての人たちは自主的にこの外出禁止令に従っているという状態ですよ。

(山里亮太)うんうん。理想ですよね。そうなっていけばいいなって。日本でも今夜、出されるようですけども。

(町山智浩)だから「強い権力で押さえつけている」っていうわけじゃないんですよ。会社も全て出勤はゼロですから。今の状態は。

(山里亮太)やっぱり「補償をする」っていうことがわかっているから、そうできるんでしょうね。

(町山智浩)まあ、その補償が具体的にどうかはわからないけども「補償をするよ」って言ってくれるから誰も騒がない。守るっていう感じですね。あと、学校もね、全部オンラインになりましたね。小学校から大学まで全部、オンラインですでに授業が始まっています。

(山里亮太)はー! 早いな! アメリカは何もかも。

すでに完全オンライン授業に移行

(町山智浩)早いです。あと、ネット環境とか端末がない人たちのために、教育委員会がタブレットを支給したりだとか、Wi-Fiをつけたりとかして、もうどんどんと進んでいます。早いですよ。

(山里亮太)そういう動きを参考にして、日本もね。

(町山智浩)そうですね。とにかく1日遅れるだけでもう大変に状況は変わってしまいますんで。次から次に新しいことが決まっていくという状況ですね。アメリカは。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました