スポンサーリンク
スポンサーリンク

町山智浩 株価暴落とアメリカ国内のコロナウィルス問題を語る

町山智浩 株価暴落とアメリカ国内のコロナウィルス問題を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

町山智浩さんが2020年3月10日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中で3月9日に発生した株価の暴落についてトーク。暴落の理由や大統領選挙への影響、そしてアメリカ国内のコロナウィルスの問題について話していました。

(赤江珠緒)いや、でもちょっとね、町山さん、アメリカでももうコロナウィルス騒ぎになってきてますね。

(町山智浩)そうなんですよ。まだね、トイレットペーパーパニックとかは起きてないですね。ただ、ハンドサニタイザーっていう、あの手を消毒するやつ。あれはもうどこにもないですね。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。

(町山智浩)あとはね、コンサートとかが全部、次々中止ですね。

(赤江珠緒)うーん、アメリカもか。

(町山智浩)そうそう。だから家の周りっていわゆるIT企業がいっぱいあるんですけど。アップルとかフェイスブックとかね。ああいうところはみんなね、在宅勤務ですね。

(赤江珠緒)ああ、そういうのはテレワークできそうですね。

(町山智浩)うん。とりあえず今週は……っていう感じですけど。でも、それよりやっぱりひどいのは株価暴落ですよ。ものすごいですね。今日だけで、なんかもうとんでもなく落ちてますけども。

(赤江珠緒)うん。急落ですね。

株価急落の原因

(町山智浩)なんかね、いろんな理由が重なっていて。ひとつの要因……コロナだけじゃないんで。もうこれはちょっとなかなか立ち直るのは難しいかな?って言われてるんですけど。まずアップルがドカンと落ちたでしょう?

(赤江珠緒)ああ、そうなんだ。

(町山智浩)あそこはiPhoneとかを全部中国で作っているじゃないですか。

(赤江珠緒)ああ、そうか!

(町山智浩)もう全部中国でやってるから。中国がもう国内で移動もできないし、工場とかも閉鎖してしまっているから、もうしょうがないですよね。

(赤江珠緒)中国の工場に頼ってる国、多いですからね。それはコケますよね。うん。

(町山智浩)中国がまた、生産もしてるけど消費もしてるから、その両方がダメになっちゃっているから。相当ひどいですよ。アメリカへの影響は。それで工場が止まっちゃっているでしょう? だから、石油を使わないんですよね。だから需要が減ってその原油の価格が下がるわけですよ。

(赤江珠緒)うん。原油も急落してますね。

(町山智浩)そう。あれね、その原油を生産する量を減らして値段を調整すれば暴落しないで済んだらしいんですけど。株価とか全部ね、引っ張られないで済んだらしいんですけども。なんかね、プーチンさんがあえて生産量を減らさなかったんですね。

(赤江珠緒)ええっ?

(町山智浩)サウジアラビアもそうらしいんですけども。それはね、プーチンはわざとやったんじゃないか?っていう説もありますけどね。

(山里亮太)なんでわざとそんなことを?

(町山智浩)アメリカの株価を落とすために。という、そういう説もありますが、とにかく原油価格が暴落したんで、それに全部引っ張られて落っこちちゃったですね。それで、特に投資信託をしてる人はね、石油関係……エクソンモービルとか、そういうところに投資をしている人が多いので。投資信託の割合が。原油関係は安定しているっていうことで。だからそれもドカンと下がりましたよね。うーん、今、すごい事態になっていますよ。

(山里亮太)これ、アメリカの景気が悪くなると、この大統領選挙とかにも結構影響が出るって言うじゃないですか。トランプさんが不利になってくるっていうのはあるんですか?

(町山智浩)トランプさんははっきりと「これは俺のせいじゃねえ!」って言ってますけどね(笑)。

(赤江珠緒)早々に(笑)。

「これは俺のせいじゃねえ!」(トランプ大統領)

(町山智浩)俺のせいじゃないかどうかはあんまり関係ないんですけども(笑)。地震で国が調子悪くなったってね、その対応の仕方で判断をされるから。だから今後、これをどのように乗り切っていくか?っていうところでドランプさんも評価されることになると思うんですけど。とりあえず、いつも通りギャーギャーと騒いでおりますが。

(赤江珠緒)そうかー。

(町山智浩)ただね、もうお金をたくさんぶち込んで、被害が出てるところにお金を入れていくっていうこと以外にないのと、あとはまあ「減税をする」という風に言ってますが。ただ減税は結構限界なのと、トランプさんは貧乏な人よりも企業とかお金持ちに減税する傾向でやってきたので。まあ今回もそうだろうと思いますけど。まあ企業の株価が下がってるのでね。まあ庶民には全然影響がなくてあんまり良くないんですけど。ただ、このままある程度下がると、ちょっと今、はっきり言ってバブルだったので。前にもお話をしましたが。もうすでに家賃が異常に高いんですよ。不動産とか。だから「これで下がれば少しは暮らしやすくなるかな?」って言っている人も多いですね。

(赤江珠緒)おお、なんか皮肉ですけどもね。状況が悪くなった方が住みやすくなるという。

(町山智浩)そう。そのワーキングホームレス問題っていうのがあって。サンフランシスコはもう全然家賃が安くて住めるところがないので。テントとかを張ってそこから職場に通ってる人もいるので。ウエイトレスさんとかそういう最低賃金労働の人たちはね。でもね、最低賃金ってね、こっちは1600円ですからね。

(山里亮太)ああ、そうか。日本より全然多いんだ。

(赤江珠緒)あと町山さん。バーニー・サンダースさんが追い上げられちゃって。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました