町山智浩 2018年カリフォルニア州山火事被害を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 71

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でカリフォルニア州で起きている大規模な山火事について話していました。

(町山智浩)はい。町山です。音声は大丈夫ですか?

(山里亮太)聞こえております。大丈夫です。

(町山智浩)ちょっとセキが出るかもしれません。

(赤江珠緒)風邪引いちゃってますか?

(町山智浩)いや、うちの周りが全部火事で大変なんです。

(赤江珠緒)ああ、煙でね。山火事が。

(町山智浩)史上最大・最悪の火事になっていて。もう緊急事態ですでに80人ぐらい死者が確認されているんですけども。まだ1000人以上が行方不明ですね。

(赤江珠緒)ええーっ! もうかなりの方が避難されているとはいえ……。

(町山智浩)いや、避難できなかったんですよ。夜の間に火が広がったのと、ものすごいスピードで火事が広がって。で、パラダイスという名前の街がほとんど完全に消滅しましたね。

(赤江珠緒)ええーっ!

(町山智浩)そのぐらいですね。で、死者の確認が遅れているのは、完全に焼けてしまって骨も残っていないので。わずかに残った細胞からDNAで判定していくしかないっていう状態なんです。

(赤江珠緒)ええーっ!

(山里亮太)町山さんのところは大丈夫ですか?

(町山智浩)煙がすごいんですよ。こっちは。もうモヤーッとかかっている状態なのと、やっぱりみんなマスクして外を歩いている状態で。この世の終わりみたいな雰囲気ですよね。

(赤江珠緒)いや、もう非常事態ですけども。乾燥で結構この時期になると燃えちゃうっていうのは……。

(山里亮太)毎回、そういうニュースは聞きますけども。

(町山智浩)そうなんですよ。毎年ですよ。で、1回燃えると、普通延焼って火がくっついているところに広がっていくじゃないですか。そうじゃなくて、火の粉が風で飛んで、自動車のスピードよりも早く燃え移っていくんですよ。で、消防士さんたちの頭の上を超えて火がどんどん延焼していくから、もう大変なんですよね。

(赤江珠緒)鎮火の目処は立っていないんですか?

(町山智浩)いや、少しずつ少しずつ……気温が下がったり、今度雨が降るかもしれないんで。そしたらやっとっていう感じで。だから自然現象に任せるしかないっていう状態なんですよ。

(山里亮太)毎年毎年、そうやって起こるのに、なんで的確な対策みたいなのはないんですか?

スポンサーリンク

地球温暖化の影響か?

(町山智浩)だから州知事がドナルド・トランプ大統領にはっきりと「これは自然災害だけども、具体的にはこれは地球の温暖化の証拠なんだ。トランプ大統領は『地球の温暖化はない』という風に言っているけど、あるじゃないか! これで大変な死者が出ているんだから、なんとかしてくれ!」っていう風に非常に激怒して記者会見を開きましたね。

(赤江珠緒)本当よ。トランプさん、環境のことをちゃんと考えてくれないと。

(町山智浩)いや、彼は利益があるから。たとえば石炭業界とか石油業界の利益を守るためにやっていることなんで。それはしょうがないというか、そういう利益集団のためにやっている政治なんですよ。

(赤江珠緒)困ったもんですよ。

(町山智浩)そこはまあ難しいんですけどね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする