スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪と矢口真里 手島優を語る

吉田豪と矢口真里 手島優を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

矢口真里さんが2020年2月25日放送の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと手島優について話していました。

(矢口真里)それでやっぱり芸能界にいる限りは矢口真里っていうのは生き続けるので、絶対にここは残していきたい。

(吉田豪)死守したいと。

(矢口真里)はい。もう動ける限りやります。

吉田豪と矢口真里 辻希美・加護亜依のハロコン復活を語る
矢口真里さんが2020年2月25日放送の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと辻希美さんと加護亜依さんがハロコンでWを復活させた件などについて話していました。

(吉田豪)音楽もできればやりたい?

(矢口真里)そうですね。今は本当に何が起こるかわからないですから。手島優がCDを出して、オリコン1位になるとかあるんですから!

(吉田豪)爆笑しましたよね(笑)。

(矢口真里)あるんですから、この世の中!

(吉田豪)しかも、あの曲で。おっぱいを揺らして(笑)。

(矢口真里)そうなんですよ。それでいいんですよ、あれ(笑)。

(吉田豪)「NYOUTUBER」って(笑)。

(矢口真里)いや、私あれは衝撃的でしたね。

NYOUTUBER(手島優)

(吉田豪)というか、なんで手島さんと仲良くなっているんですか?

(矢口真里)テジーはやっぱりね、闇が深いから(笑)。

(吉田豪)フフフ、あの人、本当に闇が深いですよね。

(矢口真里)深いです。私より全然深いです。もう深海まで行ってます(笑)。

(吉田豪)うん。びっくりしました。

(矢口真里)私はまだ地底ぐらいなんですけど(笑)。

(吉田豪)それで現在進行系でまだ深い人じゃないですか。まだ悩んでいるっていう。

(矢口真里)しかもテジーって別になんにもないんですよ。なのになんか深いっていう(笑)。

(吉田豪)「私なんかが……」みたいなのがすごい基本にある人で。

(矢口真里)そう(笑)。なんか勝手にね、深海の方に行くんですよ。

手島遊の闇の深さ

(吉田豪)そうですよね。大した……たぶん前の事務所とかでちょっといろいろ大変だった時とかの話を聞いたんですけど。でもたぶん矢口さんのトラブルを比べたら全然屁でもないレベルだと思うですよ。

(矢口真里)いや、ないない。だってあれでしょう? スキャンダル処女って言っていましたよ。

(吉田豪)ないです、全然ないです。

(矢口真里)でしょう? なにを、そんな深いところまで行ってんだ?っていう。

(吉田豪)あの「ファンを食った」発言がちょっとニュースになったぐらいですよ(笑)。

(矢口真里)ああ、自分で発言したんだ。でもそれも嘘の可能性ありますよ。だから自分で深海に潜るとしてんですよ。だってそのロンハーでこの間、「月に2回しか働いてないです」みたいな発言をしてたんですよ。絶対にないんですよ。なんなら、忙しいんですよ。彼女。「何でそんな嘘をついたの?」っていう。その後、めっちゃ説教しました。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ!

(矢口真里)なんか連絡が来て。「矢口さん、私、『月に2回しか働かない』っていう風にテレビで言っちゃいました」「なんでその嘘、ついた?」ってなって。すげえ説教して。「その暇なアピール、なんなの? だったら『働いていて忙しい。月に2日しか休みがない』って言った方がよくない?」「いや、なんか面白いと思って……」って。

(吉田豪)「手島優」というキャラを何とか守らなきゃっていう思いが本人にもあるわけですね。

「手島優」というキャラを守ろうとする

(矢口真里)そうなんですよ。「昔の元カレのものは全部取ってある」みたいなのもあったじゃないですか。あんなのももう、全部ほぼ嘘!

(吉田豪)作りですよね(笑)。「彼氏の家の近くに引っ越した」とかいろいろ言ってましたけども(笑)。

(矢口真里)多少はありますよ。多少はあるし、それを本当にもういっぱいカスタマイズして話してることはあるんですけど。「何でそこまで言うの? 私生活にも支障があるでしょう?」みたいな。近寄ってくる男の人だってそのロンハーを見たら……。

(吉田豪)警戒をしますよね(笑)。

(矢口真里)そう。だから……何なんですかね?

(吉田豪)あの人、変なプロ意識があるんですよね。

(矢口真里)だから面白いですけどね。

(吉田豪)そうそう。ものすごいいい子だった。本当に。

(矢口真里)めっちゃいい子です。だから私はテジーは結婚をするまであたたかい目で見守っていこうと思って。

(吉田豪)フフフ、なんでそこが親友になっているんですか、本当に(笑)。なにでわかりあえたんだろう?っていう(笑)。

(矢口真里)なんだろう? でも親友っていうか、私にとってはちょっと妹っぽいんですよね。年齢的には同い年で、何なら向こうの方がちょっと早く生まれてるんですけど。いや、なんかほっとけないんですよね。

(吉田豪)そう。なんか僕も気になりますよ。

(矢口真里)ですよね。だからそれが彼女の作戦なのかもしれない。気にしてもらいたい。もう究極の構ってちゃんかもしれないです。でもそれにまんまと私はやられてますけど。

(吉田豪)でも、それは本人も言ってましたね。「構ってほしくていろいろ言ってる」みたいな。

(矢口真里)ただね、すげえいい子なんですよ。

(吉田豪)本当、そう。

すげえいい人・手島優

(矢口真里)すげえいい人ですよ。会ったら驚くと思います。なんかもう本当、テレビのイメージとちょっと違う部分があって。

(吉田豪)ものすごくちゃんとしてるんですよ(笑)。

(矢口真里)ご両親を見たらすごい分かるんですよ。すごい柔らかいね、もう本当に雲の感じなんですよ。

(吉田豪)というか、ご両親とも交流があるんですね、ちゃんと(笑)。

(矢口真里)あります。すごいいい両親! かわいらしい、もうふわっふわのいいご両親の下で育ってるから、やっぱり性格がいいし。やっぱり礼儀とかちゃんとしてるんですけど。まあ1個言えるだったら、酒癖が悪い(笑)。そこですね。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ! なるほどえん。いろいろストレスがね、たまって。

(矢口真里)そうそう。それをね、どうにか直せば彼女はもっとモテるんじゃないかっていう。結構お酒で失敗してるんじゃないかな?って思うから(笑)。それぐらいです。

(吉田豪)そう。インタビューした時も面白かったんですよ。その闇の深さというか、ネガティブさを掘り下げていって。

(矢口真里)はいはい(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました