スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪と矢口真里 辻希美・加護亜依のハロコン復活を語る

吉田豪と矢口真里 辻希美・加護亜依のハロコン復活を語る SHOWROOM
スポンサーリンク

矢口真里さんが2020年2月25日放送の『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと辻希美さんと加護亜依さんがハロコンでWを復活させた件などについて話していました。

(吉田豪)コメントがすごい勢いすぎて……「加護ちゃん復活について」。

(矢口真里)「加護ちゃん復活」ってずっと復活していません?(笑)。

(吉田豪)ハロコンに復活したじゃないですか。

(矢口真里)ああ、たしかに。

(吉田豪)あれは僕も見に行ったんですよ。最高でした。

(矢口真里)あの辻とやったやつですか? 私も見たかったんですよね。私、その時にミニモニ。で声がかかっていたんですよ。「1曲だけでもできないですか?」って。でもちょうどその時期は妊娠を……産んだばっかりだったかな? あ、妊娠中だ。妊娠中で無理で。「1曲ぐらい、どうですか?」って言われたんですけども。「たぶんそれだとクレームが来ちゃうかな?」と思ってやめたんですよ。本当はもしかしたら共演するかもしれなかったんですけども。まあでもね、加護ちゃんも歌を見ましたけども。全然声が変わっていないですよね。

(吉田豪)最高でしたよ。

当時から全然声が変わっていない

(矢口真里)彼女はね、当時から歌が上手いんですよ。だから、その歌が下手とか上手いっていうよりは声が変わっていないのにびっくりして。だから顔はちょっと大人になったなって思うんですけども。やっぱりなんかあの2人は……変ですね。辻とかもやっぱり全然変わらないし。なのに4人のお母さんってちょっと、ぶっ飛んでますよ。

(吉田豪)娘さんが激似ですよね。辻ちゃん。

(矢口真里)ああ、似てますね。すげえかわいい。

(吉田豪)最近、ちょっと話題になっていましたよね。「あの頃の辻ちゃんに激似」って。

(矢口真里)あの頃の辻よりもかわいいんじゃないかな?

(吉田豪)へー!

(中略)

(矢口真里)そう。(火曜THE NIGHTは)私を称える番組じゃないですから。でも、自分は言いたい時は言います。実は自分の(アイドル)時代はこういうことがありましたよって。でもそれは見ている人が気になる部分だったりするから昔のモーニングの話を出したりとか、お金事情を出したりとか、その恋愛事情を出したりとか、ルールを出したりとかするんですけど。でも、ここでの会話はいらないなっていうのはあるから。

(吉田豪)(コメントを見て)「1ネタあるなら」。そうなんですよ。たとえば僕だったら、僕は本当にタンポポが好きで。加護ちゃんともよく仕事をしていて。で、実は加護ちゃんがある時期からハローの曲を解禁して。ソロで歌い始めた時期っていうのがあって。大阪のクラブイベントの営業を僕、見に行ったことがあるんですよ。

(矢口真里)へー!

(吉田豪)ちょうど近くでイベントやってたので夜中、「加護ちゃんが来るんだ、ヤバえ!」って思って見に行ったら、正直は本当にすごいナンパ箱な感じで。

(矢口真里)なんですか? 「ナンパ箱」って?

(吉田豪)ナンパ目当てEDMとかがかかる感じのクラブで。正直、加護ちゃん目当ての客は10人いないかな、ぐらいの上京で。みんな、本当にひたすらナンパしているんですよ。そんな中で加護ちゃんが出てきてタンポポ『恋をしちゃいました!』とかを歌うんですよ。もう僕、1人でボロボロ泣いて。

(矢口真里)フフフ、ちょっと待って、なんで? 切なくて?

加護亜依の大阪・ナンパ箱営業で号泣

(吉田豪)切ないし、もう「加護ちゃん、頑張れ!」みたいな(笑)。で、『恋をしちゃいました!』とかで煽りとかを入れるんですよ。「オイッ! オイッ!」とか。「えっ、この曲で煽りを入れるの?」とか思いながら、なんとか盛り上げようと頑張る加護ちゃんとかを見ながら……そして僕、関係者枠とかでもないから、加護ちゃんにあいさつもできなくて。ただ1人、ボロボロ泣きながら見ていたっていう。

(矢口真里)ええっ! それは切ない……。

(吉田豪)その後で、加護ちゃんがハローに復帰して歌っているのを見て、また涙が止まらなくなって。「加護ちゃんが……あの状態の加護ちゃんがここに来て、みんなにウエルカムで歌ってる!」っていう。みたいな1ネタがたぶんないと、なかなか言えない話じゃないですか。ということですよね。

(矢口真里)うんうん。たしかに。それはそうだ。いやー、切ないな。私もそれ、見たくなるな(笑)。

(吉田豪)でも、それがあったからサンプラザの復帰が生きたんですよ。僕の中では。より……いろんな苦労をしたら加護ちゃんがあり。

(矢口真里)まあ、あと市井も去年復帰して。二期で。私はめちゃくちゃ感動しましたね。うん。私、やっぱり市井が……あの子ってずっときれいなんですよ。

(吉田豪)そうなんですよね。

(矢口真里)もうね、びっくりします。あんな30代、いるかな?っていうぐらい、すごい若いし。私も若く見られる方なんですけど、すごいきれいなんですよ。スタイルもちゃんと維持してるし。なんなら、保田・矢口はもうそれなりに歳を取ってるのに、市井だけちょっと「あれ? 時間、動いてる?」みたいな、そんな感じ。だから、なんかもっとやりたいなと思いましたけど。まあ、そこはやっぱり違う事務所っていうのもあって、すぐに動けるような話じゃないですけど。まあ今後ね、もっとできたらいいなとは思ってますね。

(吉田豪)本当に思いますね。

(矢口真里)だから今ね、みんなお母さんになっちゃって。実は動けるメンバーがすごい少ないんですよ。

(吉田豪)OGがどんどんね。みんな何かがあるっていう。

OGがみんなお母さんに

(矢口真里)「何かがある」っていうよりかは、お母さんですね。主婦業が多いんで。生まれたばかりの人もいれば、まあ主婦というか子育てに専念するって子もいれば。結構ね、やっぱり「お母さん」の方が強くなってるかな? だから……まあ私なんかはバンバン仕事したい人なんですけど。

(吉田豪)今はもうほぼお母さんですよね。

(矢口真里)ほぼ全員。四期までは全員、お母さん。で、五期はええと……まだ子供はいないかな? それで六期はミキティ。あ、五期もいたわ。紺野が。コンコンが生まれている。だからすごい人数ですよ。この間、数えたら30人ぐらいいましたよ。子供の数。だから結成できるっていう(笑)。子供だけでユニット組めるな、みたいな。

(吉田豪)ねえ。ビジュアルもちゃんとしてる方が多いはずだから。

(矢口真里)そうそう。女の子と男の子のグループ、両方できますよね。そう、だからまたなんかね、面白いことをやりたいなとか思うんですけどね。ドリームモーニング娘。じゃないですけど。「この時だけはみんなでやる。この時期だけみんなでやる」みたいなのをやりたいなとか。

(吉田豪)なんかね、本当に事情がある人たちも何とかね、時間が経てば解決する可能性もあるから。なにかちょっと期待してる部分もあるんですよ。こっちも。前のドリームの時も呼べない人もいたし、とか。それがね、だんだんちょっと雪解けになってる部分もあるし。

(矢口真里)はいはい。もう政治ですね。

(吉田豪)政治ですね(笑)。

(矢口真里)ただまあ「絶対ない」っていうわけではないから。もう今のね、中居正広さんの会見を見ててもそうですけど。「『100%ない』はない」って言っているから。

(吉田豪)そうですね。「1から99の間」っていう。

(矢口真里)そうなんですよ。本当にそうなんですよ。だからいつ、何が起きるかわからない限り、私は絶対に芸能界にいてやろうって思っています(笑)。

(吉田豪)ほう。いい話じゃないですか(笑)。

「何が起きるかわからないから私は芸能界に居続ける」(矢口真里)

(矢口真里)絶対に辞めない!(笑)。もうね、私のことを消そう、消そうっていう人はたくさんいるですよ。

(吉田豪)いるんですか?

(矢口真里)もうアンチと言われる……「いつ、あいつは引退するんだ?」っていう人はいっぱいいると思うんですけども。

(吉田豪)もう今さらしないですよね?

(矢口真里)もう絶対にしない!(笑)。

(吉田豪)あの時期だったらまだしもね。悩むかもしれないけど(笑)。

(矢口真里)やっぱりね、なんだろう? 辞めたらもったいないっすよ。そういう風に私は思っちゃう。やっぱり貪欲だから。1回、こうモーニングっていう名前があって。矢口真里っていう名前も、なぜか知らないけどすげえ知名度が高いんですよ。

(吉田豪)そりゃそうですよ(笑)。

(矢口真里)フフフ、なんででしょうね?(笑)。意外とおばあちゃんとかが知っているっていう(笑)。

(吉田豪)そりゃそうですよ!

(矢口真里)だから、この……悪い方向で名前が売れてたとしても、やっぱり知名度ってすごい大事だったりするんで。それを捨てるっていうのはもったいない。それで私、結婚して名前が変わったんで、「矢口真里」って芸名なんですよ。やっぱり「矢口」っていう名前は絶対に残していきたいと思っていて。それはお父さん、お母さんのためにもなんですけど。それでやっぱり芸能界にいる限りは矢口真里っていうのは生き続けるので、絶対にここは残していきたい。

(吉田豪)死守したいと。

(矢口真里)はい。もう動ける限りやります。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM



miyearnzzlaboをフォローする
スポンサーリンク
miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました