スポンサーリンク
スポンサーリンク

東野幸治と佐久間宣行『ワイドナショー』を語る

東野幸治と佐久間宣行『ワイドナショー』を語る ニッポン放送
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東野幸治さんが2020年2月20日放送のニッポン放送『佐久間宣行の東京ドリームエンターテイメント』に出演。佐久間宣行さんと吉本興業の仕事のやり方などについて話していました。

(佐久間宣行)メールが来ております。「吉本の序列ナンバー5がここまで本音をしゃべってくれるなんて、なんだか感動しました。それに秋元康さんから気に入られ、ダウンタウンの松本さんから目をつけられた佐久間さん。これから先のタレント人生は安泰ですね」。いやいや、違う違う。松本さんも別に俺にタレントとして興味があるわけじゃないよ(笑)。

(東野幸治)フフフ、そうですよね。いやいや、だからどっかでまた特番とかやってたらもう笑いますけどね(笑)。「ええっ!」って。

(佐久間宣行)フフフ、ちょっと待ってください。先に絶対に東野さんのオファーしますよ(笑)。

(東野幸治)いやいや、俺もその間に入るの嫌ですから(笑)。

(佐久間宣行)「間に入る」というか、松本さんと一緒にやるのは『ワイドナショー』で十分っていう?(笑)。

(東野幸治)もうお腹いっぱいです(笑)。「松本さん、まだまだ若いな。気持ち、若いな!」思って。

(佐久間宣行)ワイドナショーって毎週、撮ってるんですもんね?

(東野幸治)毎週撮ってます。

(佐久間宣行)で、ほぼ生放送みたいな感じですよね?

(東野幸治)いや、でもなんか10分オーバーぐらいですよ。15分オーバーとかぐらいでやってるんで。まあ、スタッフさんが大変ですけど。まあまあ、それはしょうがないですよね。ああいう独特のシステムで撮ってますから。

(佐久間宣行)そうかそうか。

(東野幸治)でも、好きなんですよね。昔からああいう、だからその時事ネタみたいなの。松本さん。意外と。

昔から意外と時事ネタが好きだった松本さん

(佐久間宣行)だから最初、松本さんが引き受けた時に「興味、あるのかな?」って。松本さんってゼロイチで自分で作りたい人かなって思っていたから。

(東野幸治)そうです、そうです。なんかそういうのも、やっぱり年齢かも分かりませんし。自分の意見を意外と言いたいと思うんですよ。何か年齢になってくると。で、たまたまそういう番組の出会いがあってっていうことで。久しぶりですから。松本さんとやるのも。

(佐久間宣行)そうですよね。『ワイドナショー』が始まった時、東野さんも数年ぶりとか?

(東野幸治)そうです。もう10何年ぶりっすよ、一緒にレギュラーやるのなんて。ホンマにほとんどやっていませんでしたから。だから、ありがたいっちゃありがたいんですけども。だからあれのおかげもあって、どんどん言うたらただのフリーのアナウンサーみたいな感じになってくるんですよ。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! 仕切りをやるっていう?

(東野幸治)ただ粛々と仕切りをやる(笑)。あと、サブで言うてるようなことをなんとなく言うっていう(笑)。

サブのスタッフが聞きたがっていることを聞く

(佐久間宣行)ああ、なるほどね。「サブでたぶん……」って。

(東野幸治)「たぶんあの人にこんなこと聞いてほしいんやろうな」って。

(佐久間宣行)インカムが聞こえてくるんですよね(笑)。

(東野幸治)もうなんか勝手にノイローゼインカムが聞こえてきて(笑)。「サブでこんなことを聞いてほしいんやろうな」っていうのを聞くような仕事をしていますから。

(佐久間宣行)ああ、なるほど。だから的確なんだな。

(東野幸治)いえいえ、そんなことないですよ。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニッポン放送
miyearnzzlaboをフォローする
スポンサーリンク



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました