スポンサーリンク
スポンサーリンク

三浦大知 一番好きな星野源の楽曲を語る

星野源と三浦大知 カラオケを語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

三浦大知さんが2020年2月18日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演。星野源さんの楽曲の中で一番好きな曲について話していました。

(星野源)ちょっとメールが。「三浦大知さんの『COLORLESS』ツアー、埼玉公演に行きました。本当に幸せでした。特に星野源さんの『くだらないの中に』をカバーしたのが最高でした」。ありがとうございます。していただいて。

(三浦大知)ライブの直前ぐらいですよね。メールさせていただいて。「実はちょっと歌わせていただきたくて。ぜひ……」みたいな。

(星野源)許可なんていりません(笑)。大知くんに関しては。大知くん以外は、いります!(笑)。

(三浦大知)アハハハハハハハハッ! そうなんですか? すごい、特別枠に入れていただいて(笑)。いや、でも本当にそうなんですよ。歌わせていただいて。

(星野源)それ、僕も聞きたいんです。聞かせてください……聞かせてくださいっ!

(三浦大知)フフフ、そうですね。世に出回ることはないですけども。一応、同録的なものはありますので。

(星野源)ぜひ、こっそり……。

(三浦大知)そうですね。恐れ多いですけども、納品します(笑)。

星野源『くだらないの中に』

(星野源)嬉しい。楽しみ。ちょっと聞いていいですか? そのメールに質問があって。「……大知くんが一番好きな星野さんの曲は何ですか?」。これだ! これは聞きたい。

(三浦大知)いやー……。

(星野源)これはね、ちょっと聞きたいですよ。

(三浦大知)好きな曲ですか? もうたくさん……本当にたくさんあるので。でも、『くだらないの中に』はもちろんも大好きなので。

(星野源)うんうん。ありがとうございます。歌ってくれて嬉しかったですよ。しかもね、僕の故郷というか、埼玉でね。

(三浦大知)そうですね。でも、やっぱり一番最初っていうか、ミュージックビデオを見て。「ああ、この方はやっぱりダンスがすごく好きなんだ」って思った『夢の外へ』はやっぱりすごく好きですね。なんかあのミュージックビデオがとってもダンス愛にあふれていたっていうのもありますし。楽曲もそうですし。

星野源『夢の外へ』

(星野源)うんうん。ダンスはできないけどやるっていうコンセプトの(笑)。

(三浦大知)でもなんか、その振り付け師の方と2人でっていう。ちゃんとそのクリエイターの方をフォーカスしてっていう。それはすごく愛を感じていたので、それは好きですね。でもこの、『くだらないの中に』……星野さんの歌詞で大好きな歌詞はいっぱいありますけども。やっぱりその、「時代のものじゃなくて あなたのものになりたい」っていう、あのフレーズが……僕はたぶんテレビ番組であれを歌われているのを聞いて。

(星野源)ああ、うんうん。やったね。

(三浦大知)その時にもう、グサッと刺さって。その通りっていうか。それこそ、『POP VIRUS』とかでもたぶんやられていることですけど。その、いつの時代になってもっていうか、その時に届いた1対1というか、その君っていうか。好きな人だったりとか、その聞いてくれた人に対しての音楽だったりとかっていう。なんかそのワードはもう大好きなので。

(星野源)うんうん。

(三浦大知)そういうのもあって、選ばせてもらってカバーさせてもらったっていう感じですね。

歌詞を書いている時に考えていること

(星野源)嬉しい。ありがとうございます。なんか、歌詞とか特に書いてる時って、解説しなきゃいけないことが多いんで解説をするですけども。やっぱり書いてる時って別に何も考えてないですよ。なんて言うのかな? 意味ってなんとなく後からついてくるっていうか。「これはどういうことなんだろう?」って思いながら書いてたりするんですよね。で、それがなんていうか、詞の作業なのかなっていう風に思うというか。「なんで今、僕はこれを書いてるかはわかんないんだけど、これだと思う」っていう。で、それは年月を経て、その答えがわかってきたりするんですよね。

(三浦大知)ああ、輪郭がはっきりとしてくるというか。

(星野源)そうなんですよね。それってすごく面白いなって思うのと、なんかこういう風にいろんな人に聞いてもらえるようになってから歌う『くだらないの中に』って、「なるほど。ここで歌う曲なんだ」って思ったと言うか。

(三浦大知)ああ、たしかにそうですね。

(星野源)「この時に向かって僕がすごく遠投をして。すごい遠くからこっちに着地にしてきた曲なのかな?」っていう風にも思うし。

(三浦大知)たしかに。だからそのテレビ番組で、たしか『恋』とセットで歌っていたんで。

(星野源)ああ、そうそう。そうだ、そうだ。

(三浦大知)たしかに、そう言われたみたいに。その『恋』とセットだからこそ、よりそのフレーズがさらに別の意味を持った瞬間だったのかなっていうのもあって。

(星野源)ありがとうございます。嬉しい。

(三浦大知)大好きです。はい。

(星野源)じゃあ、そんな大知くん。新曲、この間もかけさせていただきましたけども。今日もかけさせていただいてもよろしいですか?

(三浦大知)いいんですか? ありがとうございます。

(星野源)1月15日にリリースされたばかりの新曲です。曲紹介をお願いします。

(三浦大知)はい。聞いてください。三浦大知で『I’m Here』。

三浦大知『I’m Here』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする
スポンサーリンク



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました