スポンサーリンク
スポンサーリンク

星野源と三浦大知 カラオケを語る

星野源と三浦大知 カラオケを語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

三浦大知さんが2020年2月18日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演。星野源さんとカラオケについて話していました。

(星野源)千葉県の方から。「先ほど、大知くんが出演されていた『うたコン』を拝見しました。大知くんが歌った久保田利伸さんの『Missing』最高でした」。

(三浦大知)ありがとうございます。

(星野源)歌ったんだよね。俺、聞けてないんだけど。「楽しみ!」みたいな。

(三浦大知)緊張しました!

(星野源)緊張しそうー!

(三浦大知)やっぱりもう久保田さんの楽曲はドキドキします。

(星野源)やっぱりそうなんだ。すげえな。

(三浦大知)一度、KREVAさんのライブで久保田さんとKREVAさんが歌われてて。そこに僕が……。

(星野源)うんうん。前に話を聞いたね。

三浦大知、久保田利伸と共演

(三浦大知)KREVAさんが「歌ってくださいよ!」って久保田さんに言って。「俺、もう帰らなきゃいけないから」っていうところに僕が「まわれ、まーわれ♪」って『LA・LA・LA LOVE SONG』を本人の目の前で歌いながら出てくるっていう演出があって。それも死ぬほど緊張したんですよ(笑)。

(星野源)フフフ(笑)。

(三浦大知)その時にも、2番から久保田さんが歌ってくださった時の「これだ!」っていう感じがすごくて。僕も歌わせていただいたんですけど、そこに来た久保田さんの歌声が……「久保田利伸だ!」っていう。

(星野源)「本物だ!」っていうね。

(三浦大知)「これだ!」っていう。それがあったんでちょっと緊張したんですけども。貴重な経験をさせていただきました。

(星野源)しかもね、テレビで生放送でNHKホールで……あれはNHKホールだよね?

(三浦大知)そうですね。でも、楽しかったです。

(星野源)お疲れさまでした。

(三浦大知)いえいえ。ありがとうございます。

(星野源)「……あまりの素晴らしさにぜひ、源と大知の2時間ぶっ通しカラオケパーティーをやっていただきたいと思ったのですが」。これはもう僕的には「大知の2時間ぶっ通し」っていうことで。僕はもう歌いたくないです(笑)。

(三浦大知)いやいや、それは……藤井隆さんとのやつにずっと混ぜてほしいなって思っていたんで(笑)。

(星野源)じゃあ「隆と大知」でいいですよ(笑)。僕はMCを担当しますから(笑)。それはちょっとでも、聞きたいな。大知くんのカラオケは。

(三浦大知)ぜひ!

(星野源)「……お二人でカラオケに行ったことはありますか?」だって。

(三浦大知)ないですね。

(星野源)ないよね。

(三浦大知)プライベートで行かれます?

(星野源)僕はね、全然行かないけどたまに友達に誘われて行ったりとか……この間は僕のマネージャーがカラオケに行っていて。で、それに急に行ったことがあって(笑)。

(三浦大知)フフフ、それは呼ばれたわけとかでもなく?

マネージャーたちのカラオケに参加

(星野源)僕のマネージャー、男女のマネージャーが2人で行っていて。そこでお疲れ様会みたいなのをやっていて。それで「俺も行く!」っつって行って。

(三浦大知)3人で?(笑)。

(星野源)あ、4人で。もう1人、スタッフの人がいて。そう。すごい面白かった。僕の歌とか歌ってくれるんだけど。

(三浦大知)ああ、そうなんですね。それはすごい!

(星野源)あと、その僕のマネージャーの本気のRADWIMPSとか。もう爆笑(笑)。モテようとしている歌声っていう(笑)。なんていうの? RADWIMPSを歌ってモテようとする時の歌声みたいな。

(三浦大知)フフフ、もう下心があふれた?(笑)。

(星野源)しかもね、上手いのよ。すっごい上手くて。「ああ、こういうことか! カラオケでラブが生まれるって、こういうことか! なるほどね」って思いました。

(三浦大知)あるんでしょうね。きっとそのカラオケでの選曲術みたいなのが。

(星野源)だからそういう曲を僕は1曲も書いてないので。「そういう曲も書かなきゃいけないのかな?」ってちょっと思いましたね。

(三浦大知)全国で皆さん、歌われていると思いますよ。

(星野源)いやいや、なんかその口説く時には使わないっていうか。

(三浦大知)フフフ、口説く時用の曲ではないと?

(星野源)そう。口説く時用の曲をなんか作ろうと思いました。

(三浦大知)カラオケでみんながそういう雰囲気になった時に、誰かに向けてみたいな?

(星野源)そうそうそう。「好き~♪」みたいな。なんかわからないけど(笑)。すごい普通だけど。すごいストレートだけど。「好き~♪」みたいな(笑)。

(三浦大知)すごい一番シンプルな(笑)。でも、愛の歌はたくさんあるから。

カラオケで口説く時の歌がない

(星野源)そうだね。でも、その愛というものを歌うまでに結構僕は時間がかかったので。「愛ということを歌うには愛じゃないものを描かないとな……」みたいな。なんかそういうのがあって。だから口説くにはね、いわゆる世知辛さが多いというか。僕の歌は……。

(三浦大知)ちょっと重みが……(笑)。

(星野源)そう。重みが(笑)。ちょっとそれはね、反省というか……反省はしなくてもいいんだけども。

(三浦大知)フフフ、素敵な曲、いっぱいありますよ。

(星野源)もうちょっとなんか、こういうことをやっても面白いんだなって思ったんだよね。そういうのって。

(三浦大知)いろんな方向からいろんなものを。

(星野源)そうそうそう。じゃあ、ちょっとカラオケ行きましょう。

(三浦大知)ああ、もうぜひ。お忙しいと思いますが、スケジュールを合わせて。行きましょう。

(星野源)そうですね。いいですねー。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました