スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハライチ マクドナルドのダブルチーズバーガーを語る

ハライチ マクドナルドのダブルチーズバーガーを語る ハライチのターン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハライチのお二人が2020年2月6日放送のTBSラジオ『ハライチのターン』の中でマクドナルドの好きなメニューについてトーク。澤部さんが一番好きなダブルチーズバーガーについて話していました。

(澤部佑)前回の放送でマクドナルドの好きなハンバーガーの話でちょっとね、ヒートアップ。エキサイトしてしまいましたけどね。我々2人ね。私が一番好きなのがダブルチーズバーガーで……。

「一番好きなのはダブルチーズバーガー」(澤部)

(岩井勇気)フフフ(笑)。ダブルチーズバーガーって……すごいよね(笑)。

(澤部佑)いや、おい? なにがですか?

(岩井勇気)本当に……今、聞いても笑っちゃうわ。

(澤部佑)岩井さんは1位、なんでしたっけ?

(岩井勇気)僕ですか? マックグリドルです。朝マックのやつです。

「朝マックのマックグリドルが好き」(岩井)

(澤部佑)マックグリドルがまずわかんないんですけど。あんまり。

(岩井勇気)通常の時はマックポークですね。好きなのは。

(澤部佑)ちょっと安いやつね。私はダブルチーズバーガー。

(岩井勇気)フハハハハハハハハッ! ダブルチーズバーガーって……すごいね(笑)。

(澤部佑)やめろよ? 笑いで上に立ってくるやつ?

(岩井勇気)笑いで上に立っていると思っているの? でも、えっ? 好きなの、なんでしたっけ?

(澤部佑)好きなのは、だからダブルチーズバーガー。

(岩井勇気)フハハハハハハハハッ!

(澤部佑)腹立つわ、この笑い方! めちゃくちゃ腹立つんだよ、この笑い方!

(岩井勇気)すごいよ、本当に。そんなに普通に言えるんだね?(笑)。

リスナーから届いたダブルチーズバーガー擁護メール

(澤部佑)それを受けて、リスナーからの意見がね、続々来ました。東京都の方。「岩井さん、ダブルチーズバーガーをバカにした罪は重いですよ。ダブチはマジで美味しい。最強です! テリヤキバーガーと並びます。テリヤキとダブチは期間限定のアレンジメニューが出されたりして世間的に圧倒的人気メニューです」という。埼玉県の方。「僕がマクドナルドで好きなメニューはダブルチーズバーガーです」。

(岩井勇気)フハハハハハハハハッ!

(澤部佑)「ダブルチーズバーガー」ってフルで聞くと笑っちゃうんだ?

(岩井勇気)「好きなのは、ダブルチーズバーガーです!」って、なんか面白くない?

(澤部佑)「ダブチ」では笑っていなかったのに。いやいや。「……僕がマクドナルドで好きなメニューはダブルチーズバーガーです」。

(岩井勇気)アハハハハハハハハッ!

(澤部佑)「……たしかにダブルチーズバーガーはダサいかもしれませんが、マックポークには負けてないと思います」。もう一通。

(岩井勇気)あ、いっぱい来てるんだね。

(澤部佑)東京都の方。「僕もダブルチーズバーガー派です。口の中でお肉がいっぱいになるあの幸福感は……」。

(岩井勇気)フハハハハハハハハッ! アハハハハハハハハッ! すごいな(笑)。

(澤部佑)「お肉がいっぱいになるあの幸福感は普通のチーズバーガーでは得られないんですよ。去年、期間限定でトリプルチーズバーガーが発売された時は脳汁が吹き出しました!」。

(岩井勇気)アハハハハハハハハッ! ああ~(笑)。

(澤部佑)どうですか?

(岩井勇気)すげえな……(笑)。

(澤部佑)トリプルチーズバーガーもなんか、あったね。もうたまんなかったんじゃない? この方。脳汁が吹き出したって……。

(岩井勇気)ダブルチーズバーガーっていう響き、やっぱり面白いね。うん。

(澤部佑)なにが? トリプルチーズバーガーは?

(岩井勇気)トリプルよりもなんかダブルの方が面白いね(笑)。

チーズバーガー2個 VS ダブルチーズバーガー

(澤部佑)そのへんがちょっと我々、わかんないんですけども。ダブルバーガー好きは。そしてね、もう一通。こんなメールも来ています。「チーズバーガー2個とダブルチーズバーガーの違いを調べてみました。まず値段ですが、チーズバーガーは1個140円。ダブルチーズバーガーは1個340円」。

(岩井勇気)高い(笑)。

(澤部佑)「……チーズバーガーを2個買った方が60円お得です。次に材料ですが、なんと使っている材料は同じ。ではなぜ、値段に違いが出るのか? それはお得感を感じてもらうためにチーズバーガーを特別に安く提供している。ここまで来るとチーズバーガー2個を買って合体させた方がいいように思います。しかし、素人が合体させたチーズバーガー2コよりもマクドナルドの定められた手順で作られたダブルチーズバーガーの方が美味しい状態で食べられるそうです。つまり、ダブルチーズバーガーは『よりおいしい状態で食べられる』という質を買っていると言えるのではないでしょうか? そう考えるとダブルチーズバーガーを買う澤部さんは大人だなと感じました」という。

(岩井勇気)技術に60円払っているんだ(笑)。いやー、もうわかんない(笑)。

(澤部佑)「技術に60円を払う」という大人の食通たちの選ぶバーガーという。

(岩井勇気)いや、本当にマックの店員は「バカだなー」と思ってると思うよ(笑)。マックの店員が一番思っていると思うよ(笑)。

(澤部佑)マックの店員さんは全バーガーをおいしく提供してくれてるよ!

(岩井勇気)「嘘でしょう? チーズバーガーを2つ買えばいいのに。間のパン、少ないのに!」って。怖い怖い……。

(澤部佑)いや、マックの店員さんはそこは「いや、60円も我々の技術に払ってくれているんだ!」って喜んでくれているでしょう、むしろ。

(岩井勇気)なんか、違うんだよ。別に俺はダブルチーズバーガーを否定しているわけじゃないの。ダブルチーズバーガーがうまいっていうことは。そうじゃなくて「チーズバーガーって言えばいいじゃん?」っていうことなんだよ(笑)。

(澤部佑)違う。チーズバーガーじゃ味わえない肉の幸福感があるのよ! この肉のジューシーさと……。

(岩井勇気)なんか、違うんだよ(笑)。「幸福感」ってなに?

(澤部佑)口いっぱいに……。

「チーズバーガーじゃ味わえない肉の幸福感」(澤部)

(岩井勇気)「吉野家で牛丼、なにが好き?」って言われて、「ああ、俺は特盛が好き」って言っているように聞こえるのよ(笑)。

(澤部佑)「何丼が好き?」って。

(岩井勇気)「いやいや、牛丼でいいじゃん?」って。すごい食いしん坊に聞こえるんだよ、なんか。みんなわんぱくリスナーなんだな!

(澤部佑)「わんぱくリスナー」というか、そっちの方がおいしいんだよ、味が!

(岩井勇気)よかったね、わんぱくリスナーたち。1人、わんぱくパーソナリティーで(笑)。

(澤部佑)ダメだ、もうこいつは。こいつとマックの話、できないよ!

(岩井勇気)すごいな、やっぱり。

(澤部佑)岩井さんが好きなのは?

(岩井勇気)俺はマックグリドルです(笑)。

(澤部佑)我々が好きなのは、ダブルチーズバーガー!

(岩井勇気)フハハハハハハハハッ! わけがわからないよ……(笑)。

(CM明け)

(岩井勇気)トリプルチーズバーガーの方がいいでしょう? 結局。

(澤部佑)いや、違う違う! 肉が3回来ちゃうじゃん!

(岩井勇気)「ダブルチーズバーガー」って言ってるやつが「トリプルチーズバーガーは……」って言っている意味がわからないのよ。

(澤部佑)多いじゃん。ダブルチーズバーガー好きは……。

ダブルチーズバーガー VS トリプルチーズバーガー

(岩井勇気)ダブルチーズバーガーの存在があるんだったらトリプルチーズバーガーもあるじゃん。

(澤部佑)だから多いの!

(岩井勇気)「でっかいハンバーグが入っているやつがいい」っていうことでしょう?(笑)。

(澤部佑)だからダブルチーズバーガーの……あなた、なんかさっきCM中に言っていましたけども。

(岩井勇気)だから、トリプルチーズバーガーがあるっていうのに「ダブルチーズバーガーが一番好き」って言っている意味がわかんないのよ。トリプルチーズバーガーでいいじゃん? だって、いっぱい食べたいんでしょう?

(澤部佑)その「いっぱい食べたい」っていう風に思っているのはあなたの見解だから!

(岩井勇気)だから町おこしとかで、町中で作ったでっかいハンバーガーがあったら一番いいんでしょう?(笑)。

(澤部佑)そういうことじゃないんだよ! 校庭に集まってでっかいハンバーガーを作るのが一番いいっていうわけじゃないの! 二段がちょうどいいっていう。

(岩井勇気)すごいよね。

(澤部佑)もうダメ、ダメ。終わらなくなっちゃう。

(岩井勇気)「お腹が減っている」っていうこと? 「ずっとお腹が減っている」っていうことだよね?

(澤部佑)そうじゃないの!

(岩井勇気)だからその「でっかいケーキを食べたい」っていうことでしょう?

(澤部佑)そういう……そういうことじゃないの! もういいです!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする
スポンサーリンク



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました