スポンサーリンク

小手伸也とナイツ アンタッチャブル10年ぶりの漫才復活を語る

高田文夫 アンタッチャブル10年ぶりの漫才復活を語る ナイツのちゃきちゃき大放送
スポンサーリンク

小手伸也さんがTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』の中で『脱力タイムズ』でのアンタッチャブルの10年ぶり漫才復活の舞台裏について話していました。

(塙宣之)さあ、ということでここからは今週のヤホートピックス! まあ、やっぱりあの話を聞きたいなというのが我々、ありますけども。あの、アンタッチャブルさんのお話をうかがってもいいですか?

(小手伸也)はい。

(土屋伸之)小手さんあってのアンタッチャブル復活ですから。やっぱり。

(小手伸也)いや、そんなことはないんですけどもね。

(塙宣之)小手さんはもちろん知っていた?

(小手伸也)僕は、知らなかったんです。

(土屋伸之)ええっ!

(塙宣之)ああ、知らなかったの?

(小手伸也)はい。

(土屋伸之)だから、「ザキヤマさんとして柴田さんと漫才をやる」っていう?

(小手伸也)一応、構成台本でいただいたものではアンタッチャブルさんのM-1のネタを前半、完コピしてくれみたいな感じになっていて。それでちょっと覚えて。でも、なじませすぎると上手くなっちゃうから、そこそこ下手な感じで……っていう。それでやって、うまくできなくて、有田さんに切れられて、僕がしょげて帰っていくっていうくだりまでは構成台本にあったんです。で、そこで新しく連れてこられる人が台本では、別の芸人さんだったんですよ。

(土屋伸之)ええっ!

(塙宣之)それ、誰なんですか?

(小手伸也)コウメ太夫さんなんですけども(笑)。

(土屋伸之)俺の時と一緒じゃない(笑)。俺もやりましたよ、コウメ太夫と(笑)。

(塙宣之)困った時のコウメ太夫(笑)。

コウメ太夫のはずが……

(小手伸也)僕はコウメさんが来るって思っていたので。一旦はけて控え場で座っていたら、目の前を通り過ぎたんですね。で、コウメさんにしてはめちゃめちゃクオリティの高い……「ザキヤマさんに寄せたな!」っていう(笑)。

(土屋伸之)フハハハハハハハハッ! コウメさんがザキヤマさんっぽくしているって(笑)。

(小手伸也)で、「あれ?」って通り過ぎたのを見て。

(土屋伸之)だって小手さんもザキヤマさんの服を着ているわけですもんね。

(小手伸也)まさか本物とは思っていなくて。コウメさんか、もしくは僕にシークレットで世界一似ている人を連れてきたのかな?って。

(土屋伸之)なるほどね(笑)。

(塙宣之)だから「ザキヤマさん本人だ」なんて頭には1ミリもないんだ。

(小手伸也)1ミリもなかったですね。

(土屋伸之)まさかあそこでって思いますもんね。

(小手伸也)だから、有田さんとはなぜか結構な回数、共演させて頂いていて。その都度、いろいろとお話をさせていただいて。あと、脱力タイムズのオファーも実は去年から何度もいただいていたんですね。

(塙宣之)ああ、役者の枠で?

(小手伸也)ただ、ちょっとどうしてもスケジュールが合わなくて、お断りをしていたんですけども。9月ぐらいですかね? 別の現場でお会いした時にスタジオの前室で有田さんから直接、「小手さん、ちょっと本当にひとつ、お願いがあって。お願いだから10分だけ、僕に時間をくれないか?」って。

(塙宣之)そんな早い段階から言われていたんだ。

(小手伸也)そうですね。だから僕も脱力タイムズのあのくだりを知っていたので。「ああ、僕はザキヤマさんの真似をするのかな?」程度に思っていたんですけども。「どうしても小手さんじゃなきゃダメなんだ」っていう有田さんのあの熱量がちょっと、「なんだろうな? なにをやるんだろうな?」っていう風に思いながらのあの日でしたね。

(土屋伸之)なるほど! そうか。いままでちょっと断っていたけども、スケジュールが合わなかったけども、どうしてもって。

(小手伸也)直接言われちゃったので、これはもうどうにかしないとって思って、マネージャーに相談して。

(塙宣之)「小手さんからのザキヤマさん」っていうのが一番、有田さんの中では?

(小手伸也)その青写真がもうできていたんでしょうね。

(土屋伸之)そうか。そこは小手さんじゃなきゃいけないって有田さん、思ったんだ。小手さんが絶妙なんだろうね。そこは。

(小手伸也)僕の出演自体も柴田さんに対するシークレットではあったので。当日もすごく厳戒態勢の中、柴田さんと入りがかぶらないようにとか。すごく隔離されていて。その時点で「僕がシークレット」っていう意識がすごく高まっていたので。まさかその上があるとは……そこまで考えが及ばなかったですね。

(土屋伸之)小手さんにも隠していたという(笑)。

(塙宣之)それは面白い話だね!

(小手伸也)本当に有田さんと数名のプロデューサーの方しか知らないっていう。

(塙宣之)スタッフでも知らなかった人がいたっていう。ネットで書かれていましたしね。

(出水麻衣)その後の現場の雰囲気ってどうだったんですか? ネタとかは……。

(小手伸也)なんか、やっぱりネタが始まった瞬間に人がすごい増えて。みんながそれを見守っていて。なんか熱い感じ……柴田さんとかが「よっしゃー!」ってジャケットを脱ぎ捨ててバーン!ってやって。そこからアドリブ満載の2人の漫才が始まって。それをなんかもう、温かい目で見守るスタッフとか有田さんの笑顔とか。すごく感動的な瞬間でしたね。

(塙宣之)あれ、雰囲気もよかったんだ。感動的な雰囲気だったんですね。

(小手伸也)僕、エアフリスクとか事前にやっていて。あれ、完全にアドリブだったんですけども、それをザキヤマさんが拾ってくれたり。

(土屋伸之)使ってましたね。うん。

ザキヤマさんが小手さんに寄せる

(小手伸也)ザキヤマさん自体も僕に寄せていくっていう(笑)。ちょっとややこしいモノマネの感じが(笑)。

(土屋伸之)ちょっとね、アンタッチャブルのネタに入り込んだ感じがね。小手さんのそこが。エアフリスクね。

(塙宣之)いやー、ありがとうございます。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナイツのちゃきちゃき大放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました