スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保 Kanye West『Jesus Is King』上映会&トークショーを語る

渡辺志保 Kanye West『Jesus Is King』上映会&トークショーを語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でカニエ・ウェストの『Jesus Is King』の池袋グランドシネマサンシャインIMAXシアターでの上映会とトークショーを振り返っていました。

(渡辺志保)で、まずは私からみなさんにご来場のお礼を申し上げたく思います。先週の金曜日、なんとカニエ・ウェストの映画『Jesus Is King』の上映会(トークショー付き)が無事に池袋のグランドシネマサンシャインで執り行われまして。なんと540席ぐらいあるでっかい劇場なんですけども、約2日でチケットが売り切れちゃったの。やったー!

(DJ YANATAKE)やったー! 満席!

(渡辺志保)満席! 満員御礼、ありがとうございます。で、私が司会進行を務めて、そしてジェーン・スーさんをこれまた赤坂からグググッと引っ張ってきて。ジェーン・スーさんにも参加していただいて、カニエについてだいたい2、30分ぐらいトークをするという。

(DJ YANATAKE)TBSラジオにおんぶに抱っこですね。

(渡辺志保)おんぶに抱っこですよ、本当に。

(DJ YANATAKE)もうどんだけ乗っかれるか、みたいなね(笑)。

(渡辺志保)そうそう。コネクションを駆使して……みたいな。でも、その甲斐があって、かつなんといってもあのカニエのカリスマ性。あのアイコニックなカニエの映画作品ということで満員御礼という。それで先週の金、土、日で1日に1回ずつの上映だったので、まだ日本で3回しか上映されていないんですけども。なんとその「好評である」というニュースを受けまして、今週も追加の上映が決まりました!

(DJ YANATAKE)最初は先週の金、土、日の3日間だけという感じの予定でしたけども、志保さんが満席にしちゃったがために、今週も3日間?

(渡辺志保)今週も金、土、日。なので13、14、15ということになるのかな? その3日間、1日に1回限りの上映になるんですけども、あと3回は見れるというね。

(DJ YANATAKE)やった! これ、いいね。いい傾向じゃない!

(渡辺志保)詳細は池袋グランドシネマサンシャインさんのホームページでお確かめくださいっていう感じなんだけども。ぶっちゃけ、私もどんな内容なのかよくわからないまま見たっていうところ、あるんですよ。でも、あのIMAXの劇場で初めて見て。それで初めて腑に落ちるというか。「ああ、カニエ・ウェストはこういうことがやりたかったんだ!」って。「だから、コーチェラの時もあんな丸い、トイレットペーパーの芯から覗くみたいな、ああいうアングルでの中継をコーチェラでもしていたんだ」とか。

渡辺志保 カニエ・ウェストのコーチェラ・サンデーサービスを語る
渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でコーチェラ・フェスティバル2019の第二週に行われたカニエ・ウェストによるサンデーサービスのパフォーマンスについて話していました。

(DJ YANATAKE)フフフ(笑)。

(渡辺志保)「ジェームズ・タレルって本当にすごい!」とか。そういうことが全部IMAXで……そして池袋グランドシネマサンシャインのIMAXの劇場ってスクリーンが本当にデカいんですよ!

(DJ YANATAKE)いや、びっくりした。本当にびっくりした!

IMAXシアターで見ることでカニエの意図がわかる

(渡辺志保)びっくりしたでしょう? で、私もマジか!って。初めて行って気づいたんですけども。で、日本最大級のスクリーンなんですって。それで映写機も2台あって、レーザーがあって。なので音響的にも視覚的にも本当に日本一の設備でカニエの『Jesus Is King』の世界観にどっぷりと浸れるという、すごく贅沢な時間という感じでしたね。

(DJ YANATAKE)僕も土曜日に行かせてもらったんですけども。まず第一印象はそれだよね。劇場が最高! 本当に素晴らしい。IMAXレーザーっていう、そのIMAXレーザーのCMの時点で全員がやられるからね!

(渡辺志保)ああ、やっぱりね。

(DJ YANATAKE)「うわあ!」って思うよね。

(渡辺志保)その予告編だけでも見る価値があるという。

(DJ YANATAKE)僕、いままで宇多丸さんにおすすめされた品川のIMAXの劇場でずーっと最近映画は見ていたんですよ。そういう映像が凝った作品とかは。だけどちょっと次からはね、ここだわ!

(渡辺志保)池袋に行っちゃう(笑)。

(DJ YANATAKE)ここだわ、本当に。

(渡辺志保)チケットブースとかもすごいスペイシーな感じでね。もういろんなところに興奮しちゃってね。

(DJ YANATAKE)劇場がまず最高だった。

(渡辺志保)その上映会の時にはね、AwichさんとkZmくんとか、いまいろいろとテレビにも出ているヨシくんとかも見に来てくださっていて。ヤナタケさんが見られた土曜日の回も、結構私もInstagramを見ていると、いろんな方が……。

(DJ YANATAKE)ELIONEとBilly Laurentとかね。あとはDJ CHARIとZOT on the WAVEとかね。

(渡辺志保)そうそう。だから「あ、みんな見に行っている!」って思って。なので、先週行けなかったという方は今週も金、土、日と1日に1回ずつ上映がございますので。ぜひ、もうサンデーサービスの疑似体験をしてほしいなと思います。

(DJ YANATAKE)僕、でもやっぱり本当にシンプルな映画ではあるし、今回のアルバムもそうだけども。本当にすごいなと思ったのはただの青に金の文字を乗せるだけでなんでこんなにフレッシュに見えるのかとか。

(渡辺志保)たしかに、たしかに。

(DJ YANATAKE)こう、丸くくり抜かれたの、あったじゃないですか。目で見ているみたいな。たったそれだけの、そんな簡単なアイデアをなんでいままで誰も……まあ、やっている人はいたのかもしれないけども。

(渡辺志保)あれだけでも、シグニチャーっていうかね。なんかね。

(DJ YANATAKE)そう。だから今回、そういうアングルとか……「えっ、こんなアングル、見たことない!」っていうのって、もうアイデアだけじゃん? カメラの置く場所なだけじゃん。だからそういうのって本当にすごいなって思いましたね。

(渡辺志保)ねえ。本当ですよね。だから余すところなくカニエ好きな人には体験してほしい。体感してほしいなって思う出来事でした。

(DJ YANATAKE)でも、これを見に来ているやつら全員がカニエファンかと思うとさ……(笑)。

(渡辺志保)そうなのよ(笑)。だから私も金曜のね、いちばん初日の初回のトークショーをやらせてもらったから。スーさんともトークで話したんですけども。「ここに来ているということはみんなね、いわば志が同じというか。500何人が一斉にカニエを見るためだけに集まっているというのはなかなかすごいことよ!」っていう風にね、思いました。

500人超のカニエファンが一堂に会する

(DJ YANATAKE)なのでまあ、本当に今週までチャンスが延びたということで。機会を逃しちゃった人は絶対に行った方がいいかなと思います。

(渡辺志保)ねえ。お願いいたします。私も今週もう1回、ちょっとね。

(DJ YANATAKE)ああ、もう1回、行く?

(渡辺志保)もう1回、行きたい。やっぱりね、ディズニーランドのアトラクションみたいな感じで。もう1回、見てみたいみたいな。

(DJ YANATAKE)ああ、わかる気がする。そのぐらいの感覚で行くといいね。たしかに。

(渡辺志保)そんな感じでね、また『Jesus Is King』を鑑賞しに行きたいと思います。

(DJ YANATAKE)あとね、1個だけ。いちばん前の席がフラットシートというか、横になって見れる席で。意外と混んでいたりしても、映画館のいちばん前って空いていたりするじゃん? もし、ギリギリ間に合わなかった人は意外とそこがいちばんいいかも。マジで。

(渡辺志保)そうかも、そうかも。映画の内容的にももしかしたらね、下から見るというのが面白いかもしれない。

(DJ YANATAKE)なので、いつもと違う体験がさらにできるかもしれないから。ちょっとね、実はいちばん前をおすすめします。2回目の人とかね、特にね。

(渡辺志保)チャレンジしてみてほしいですね。というわけで『Jesus Is King』上映会、ありがとうございました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました