スポンサーリンク

R-指定 三四郎・相田とリアル脱出ゲームに行った話

R-指定 三四郎・相田とリアル脱出ゲームに行った話 Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

R-指定さんがニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中で三四郎の相田さんに誘われてオールナイトニッポンとコラボしたリアル脱出ゲームに行った話をしていました。

(R-指定)昨日なんですけども。昨日ね、ちょっと遊びに行って来て。久しぶりの休みやったから。

(DJ松永)いいじゃないですか。

(R-指定)で、三四郎の相田さんとなんですけども……(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハッ! 誰と行ってるのよ?(笑)。

(R-指定)いや、「誰と行ってるのよ?」って失礼やろ? 一流芸能人やろが!

(DJ松永)よりによって……誰と行ってるのよ!(笑)。

(R-指定)おいおい、言うな。あのね、相田さんから普通に「R、脱出ゲーム行こうよ」みたいな連絡が来て。で、俺も普通に脱出ゲーム自体、やったことがないから。「ああ、じゃあ行きましょうよ」って。それで「なんのやつですか?」って聞いたら「いやいや、オールナイトのやつに決まってるじゃん」って。

(DJ松永)フハハハハハハハッ!

(R-指定)おかしいやろ? いまね、オールナイトニッポンと脱出ゲームがコラボしてやっているじゃないですか。で、まあ東京ミステリーサーカスで三四郎さんのオールナイトニッポンとのコロボで脱出ゲームをやっていて。で、我々オールナイトニッポン0組も先輩パーソナリティとしてゲームの中に参加しているじゃないですか。声を出したりする。だから「えっ、自分らが作り手側のコンテンツに自分らで遊びに行くの?」っていう。

(DJ松永)あの人、飛んでんな……。

スポンサーリンク

飛んでいる男・相田周二

(R-指定)いや、飛んでんねん。しかもまだね、それこそオードリーの春日さんも行ったっていう話、していたじゃないですか。まあそれはわかるやん?

(DJ松永)まあ、別にそこのコンテンツには関わってないからね。オールナイトニッポンのパーソナリティではあるものの。

(R-指定)だからそこの、ちょっと近しいっていうのもあるやん? でも今回のはメインで三四郎さんがやっているやつにメインの三四郎さんが行くのよ。そして参加しているR-指定を連れて。

(DJ松永)もう収録物、本人が録ってるじゃん。

(R-指定)録ってるのよ。

(DJ松永)で、Rも録ってるでしょ?

(R-指定)録ってる、録ってる。録ってるけど、まあまあ脱出ゲームもやったことないし、全然ルールもわからん。初体験やから。で、そんな感じで誘われて「行ってみよう」と。言うても、その東京ミステリーサーカスはいろんな脱出ゲームがあるから。まあ三四郎がやっているやつをちょっと見て。「ああ、やっているな」「どんなんなんでしょうね?」とか言って。「でも結構お客さんが入っててよかったっすね」とか言って隣の別の脱出ゲームとか。いっぱいそのブースにいろんな脱出ゲームがあるから。別のやつに行くのかなって思ったら、ホンマにその集合場所に行ったら相田さん、1人しかいなくて。俺も1人で。

(DJ松永)えっ? あれって4人じゃないの?

(R-指定)「脱出ゲームってこれ、何人でやるんですか?」「えっ、4人だよ?」「2人しかいないじゃないですか」「全員誘ったんだけど誰もつかまらなくてさ」「えっ、2人でできるんですか?」「まあ4枚分、ちゃんとチケットを買ったからね」「えっ、えっ? でもじゃあ、2人で4人分の謎を解かないとダメっていうことですか?」「そうだよ。しかも俺、全部やったこともあるし、クリアもしたから」って相田さんが言っていて。

(DJ松永)えっ?

(R-指定)「だからまあ、基本的にはRが1人でやってもらうことになるよね」って。「なに言ってるんだ、この人は?」っていう。

(DJ松永)あの人、なに言ってんの?

(R-指定)様子がおかしいんですよ、相田さん。

(DJ松永)えっ、シラフ?

(R-指定)全然シラフよ。

(DJ松永)本当に? ノット・ケミカルだよね?

(R-指定)ノット・ケミカルよ。ヘラヘラしながら。

(DJ松永)マジで?

(R-指定)「俺、全部知ってるんだ。R、1人で4人分の脳を使ってさ、やってよ。できるでしょう? フリースタイルとか上手いんだから」って。

(DJ松永)フハハハハハハハッ! 雑!

(R-指定)そこ、関係ないのに。で、会場に入ったらさ、当然お客さんも普通におるわけ。で、普通におるお客さんの中で俺はいっつもの通り、この格好やん? 相田さんもテレビに出てるそのまんま。全くの変装なしなのよ。

(DJ松永)すごいな。ご本人じゃん! ご本人登場じゃん。

(R-指定)いや、そうなのよ。で、「どういう心境で相田さん、行ってるんすか?」って。俺はその、恥ずかしさもあるから。「どうするんすか?」って。そしたら普通のお客さんも気づくやん? それでスタッフの人も「相田本人が来てるやん」ってもう半笑いなのよ。全員。

(DJ松永)相田さんってなに? どんだけチヤホヤされたいの? かわいそうになってきたんだけど……。

(R-指定)フハハハハハハハッ!

(DJ松永)「あっ、相田だ! 相田だ!」って言われたいの?

(R-指定)で、「相田だ! 相田だ!」ともならないし……。

(DJ松永)フハハハハハハハッ! マジで? なんないの?

スポンサーリンク

チヤホヤされたい芸人・相田周二

(R-指定)スタッフも半笑いで「来てるやん」って感じで笑っているし。で、お客さんもそりゃ当然気づかれる。相田さんですから。で、お客さんも「あれ? えっ、相田さんじゃないですか」って。そりゃあ当たり前。だってポスターにむちゃくちゃデカい顔で相田さんが写っている横にそのまんまの本人がおるんやから。で、「えっ? なんですか、これ? 普通にやりに来たんですか?」とかってお客さんに聞かれていて。「ああ、そうですよ」って。で、当然横におる俺も写真とか載っているので気づかれて。「えっ? あ、R-指定ですか?」って。それの人はたぶん俺のことを聞いてないやろうね。普通に呼び捨てなんやけども。「R-指定ですか?」って言われて「ああ、そうです」「ちょっと写真撮ってもらっていいですか?」って。そんなん、言われるやん?

(DJ松永)まあ言われるわな。

(R-指定)それで「ああ、いいですよ。もちろん」って写真を撮って。で、ちなみに相田さん、よせばいいのに……そのオールナイトニッポンの脱出ゲームは三四郎さんがメイン。で、その助っ人みたいな感じで『0』のパーソナリティを二組選べるんですよね。だからたとえば、我々Creepy Nutsと佐久間さんを選んでお助けしてもらうみたいなことができるんですけども。よせばいいのに、相田さんがその来ていたお客さんに「ちょっと、誰を選んだんですか? 二組」って聞き出したんですよ。「もう、ええって……」って。

(DJ松永)ああー! ちょっと待って……それ、なんか不安だよ。その感じ。

(R-指定)「ちょっと、相田さん。相田さん……」って俺は横で。で、そのお客さんも聞かれたから答えるやん? でも「ちょっと本当に申し訳ないんですけど」「いや、いいよいいよ。二組、誰を選んだの?」って相田さんが聞いたら「すいません。ちょっと……伊藤健太郎さんと霜降り明星です」って。そらそうや!

(DJ松永)そりゃそうよ(笑)。そこになるよ。本当に……さすがだね。これが出待ち大好き芸人だよね。

(R-指定)いや、そう! 出待ち大好き芸人!

(DJ松永)出待ち大好き芸人といえば相田さんでしょ? 出待ちにオラオラするんでしょう?

(R-指定)そう。オラオラする。で、自分のリスナーとか自分のことを知ってくれているファンの人がおるかも……?っていうようなところ、俺らはあんまり行かんようにするやん?

(DJ松永)普通、そうでしょう?

(R-指定)相田さん、むちゃくちゃ堂々と当たり前のように……。

(DJ松永)無敵じゃん!

(R-指定)無敵やねん、あの人。

(DJ松永)なんなの?

(R-指定)俺、横でどんな顔をしたらいいのか……で、とりあえずゲームが始まりますみたいになって。で、そのゲームの内容自体は最高に面白かったんです。やったことがないから。俺があたふたしていたら、時間が経過してタイムオーバーになる寸前ぐらいで相田さん、ちょうどいいヒントとかをくれるのよ。やっぱり知っているから。「いま流れているやつ、これ聞いた方がいいんじゃないの?」とか(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハッ! なんなんだよ(笑)。

(R-指定)「いまのトークの中になんか……あるっぽいな?」とか言っていて。「なるほど、なるほど……」って聞きながらやっていて。

(DJ松永)本当に1人でやっているんじゃん(笑)。

(R-指定)そう。1人。で、結局、相田さんのアシストで全部クリアできて。それで最後にね、ラジオ新人パーソナリティというテイでオープニングをやるんですよ。

(DJ松永)へー!

(R-指定)最後、脱出できた暁には新人パーソナリティとして「◯◯と◯◯のオールナイトニッポン!」ってその一般の方が言って番組が始まるっていう。

(DJ松永)そうなんだ。

(R-指定)で、クリアしてどうするのかな?って思ったら「R、やろうよ。これ、やりたかったからさ」って。で、バーッと幕が上がってビタースウィート・サンバが流れて。「相田周二と野上恭平のオールナイトニッポン!」って言って始まったのよ(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハッ! なにやってんの?(笑)。

(R-指定)「相田さん、これ、なにしてんすか?」っていう(笑)。

(DJ松永)えっ、「野上恭平」なの?

(R-指定)うん。「本名で言って」っていう風に言われて。わけわからん(笑)。

(DJ松永)わけわかんない(笑)。「R-指定」でいいじゃん?

スポンサーリンク

脱出ゲーム後のご飯

(R-指定)で、ずっと相田さん、ヘラヘラしているし。で、まあまあ楽しかった。「ありがとうございます。楽しかったですけど……ここからどうするんですか?」「ちょっとじゃあ、ご飯に行こうよ」みたいな感じで、そのまま新宿でご飯に行って。で、中華屋でご飯を食べていて。「じゃあちょっと、友達を呼ぶわ」っつってSUPER BEAVERの渋谷さん。

(DJ松永)ああ、渋谷さん来たの? マジで?

(R-指定)そう。相田さんね、交友関係が謎にミュージシャンやから。「なんでなん?」っていう(笑)。

(DJ松永)なんなんだよ?

(R-指定)で、渋谷さんが来て。俺は渋谷さんとスペシャのヨルジュウっていう番組で一緒になっているから。

(DJ松永)Creepy Nutsも対バンもしたしね。

(R-指定)対バンもね、山口に昔、呼んでくれて。「ああ、渋谷さん!」って。それで3人でしゃべっていたの。それで「もう1人呼ぶわ」って。トンツカタンの森本さんも呼んで。それで4人でご飯を食べていて。

(DJ松永)ヨルジュウメンバーだ。

(R-指定)ヨルジュウメンバー with 相田で。

(DJ松永)相田がなぜかヨルジュウメンバーを招集するという不思議な……(笑)。

(R-指定)で、ずっと相田さんがヘラヘラして。ずっとボケてんのよ。メシを食いながら。で、全会話のツッコミを渋谷さんとか森本さんとか俺にやらせるっていう。

(DJ松永)殿様じゃねえかよ……(笑)。

(R-指定)で、ずっとヘラヘラして。だから「相田さん、様子おかしいな。いいことあったのかな?」って。それで「どうしたんですか、相田さん?」「フフフ、俺さ……明日、M-1の準々決勝なんだよね?」みたいな。「いやいや、こんなんやっている場合ちゃうから!」って。

(DJ松永)えっ? えっ、なにやってんの? えっ、そうなの?

(R-指定)ミュージシャンと芸人の後輩を呼んでご飯を食ってクダ巻いて脱出ゲームの話をしている場合じゃないから! で、森本さんもさすがに「いやいや、帰った方がいいでしょう?」って。もう12時ぐらいで。

(DJ松永)だいぶ夜じゃん。

(R-指定)「明日、何時ですか?」「明日、まあ14時に会場に入るから。そんな感じだね」「いや、早く帰りましょうよ。絶対に調整しないとダメでしょう?」「いつも通りの方がいいんだよ」って。そこだけかっこいいのよ。

(DJ松永)なんなの、それ?(笑)。

(R-指定)「いつも通りに板の上に立てば漫才ができんだよ」「いやいや、大丈夫っすか?」って。ほんで、それでメシを食い終わってさすがに1時ぐらいやから。「明日、M-1もあるし帰りましょうよ」っつったら「……ガールズバー、行くか?」って。

(DJ松永)ええっ?

(R-指定)「いやいや、相田さん……」って。

(DJ松永)いやいや、マジで飛んでるな!

(R-指定)いや、ホンマに飛んでいる。で、「飛んでいる」っていうことでたまたまやねんけど、フライトっていう名前のガールズバーで(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハッ!

(R-指定)女の子がキャビンアテンダントさんの格好をしていて。で、ボーイの人が機長みたいな格好をしているガールズバー(笑)。

(DJ松永)飛んでる!(笑)。

(R-指定)飛んでるのよ。マジで。

(DJ松永)ノーケミカルで?

スポンサーリンク

ガールズバー・フライトで飛ぶ

(R-指定)ノーケミカルで飛んでる。そのフライトっていう新宿のガールズバーに行って。で、相田さんもヘラヘラしながらみんなにカラオケを歌わせたりとか。しかも、全部無茶ぶり。歌ったことのない曲ばっかり歌わせてくる。「Rさ、『Lemon』歌おうよ?」「いや、歌ったことないねん!」とかって言いながらも歌わされて。で、さんざんそこは楽しくしゃべって。楽しかったんですけども。「でももうほら、M-1もありますから」って。それで機長がバーッと来て。「お客様。フライト時間は残り10分となりました」って。

(DJ松永)フフフ、徹底しているね。いいね!

(R-指定)「10分か。じゃあもう、M-1もあるし帰りましょうか」って。そしたら相田さんが「30分延長かな?」って。

(DJ松永)ええっ!

(R-指定)「いやいや、相田さん!」って。そしたらその機長が「30分よりも1時間フライトの方がお値段、お求めやすくなっております。お得です」みたいな。「えっ? そうなの?」って。

(DJ松永)食いつくなよ……。

(R-指定)それで相田さん、「カラオケは? 無料?」って聞いたら「今回、無料にさせていただきます」「じゃあもう1時間、フライトで!」「もういいって!」っていう。

(DJ松永)もういいよ! 帰れよ!

(R-指定)それでまた1時間、フライトして。

(DJ松永)マジで? もう帰れよ!

(R-指定)で、ガールズバーの時間が来たから。もうさすがに出ようっていうことで出て。それで昨日の夜、雨も降っているし。新宿で。「もう早う帰りましょう」っつったら「ちょっとブーやん(渋谷)、いいバーないの?」って。渋谷さんは新宿とかが結構エリアやから。「知り合いのバー、ありますよ。でも、M-1いいんですか?」って渋谷さんが言っているんだけども「いや、いいよ、いいよ。おすすめのところに連れて行ってよ」って。それでバーに行って。

(DJ松永)すげえな。

(R-指定)そことかレコードとかをかけてくれるような超おしゃれなところで。でも、M-1前日にそんな超おしゃれなバーとか行っている場合じゃないじゃないですか。それで「大丈夫なんですか?」って言ったらそのバー、新宿やから。飲みながら、窓から見えるんですよ。吉本の本社とか。お笑いを意識させるようなその現場でよくこの人、堂々と……。

(DJ松永)すげえな!

(R-指定)それで「よう堂々としていますね?」っつったら相田さん、ヘラヘラ笑いながら。「いやいや、あるぜ? お前らのせいでこれ、落ちるっていうこと」って。「いやいや、アカン! なに人のせいにしてんの、相田さん!」って。

(DJ松永)フフフ、全部お前のせいだから(笑)。

(R-指定)「じゃあ、もう帰りましょうよ!」って。それでそのバーも出て。さすがに「相田さん、じゃあもうタクシーに乗ってください」って言ったらなんか森本さんの肩をガッと掴んで。「おい、腹減ってるか、森本?」って。森本さんが「いやいや、まあまあ減ってますけども。自分で食って帰りますよ」「ラーメンだな。近くに凪、あるしな。ラーメンだな!」って。煮干しの濃いやつを……(笑)。

(DJ松永)いや、凪は美味いけども!

(R-指定)「凪に行こうぜ!」って言い出して。それで4人でまた凪に行ってラーメンを食って。

(DJ松永)4人で行ったんだ! 行くねえ。

スポンサーリンク

とにかく帰らない三四郎・相田

(R-指定)ほんで相田さん、ずっとヘラヘラしているし。ほんでラーメン食って、ラーメン屋を出て。もう5時よ? それでその日の14時とかに……だからもう早う帰らそうと思って俺も渋谷さんも森本さんも「じゃあ相田さん、先にタクシーに乗ってください!」って。「もうこのままやったら帰らん可能性あるから、俺らが帰しましょう。相田さん、先にタクシーに乗ってください!」って言って先頭を歩かせているのに、全然目の前にタクシーがあるのに乗らずにこっちを向いて体を揺らしながらちっちゃい声で(小声で)「寂しいな……」って。

(DJ松永)フハハハハハハハッ!

(R-指定)「なに言ってんの?」っていう。で、「乗ってください!」って無理やりバッと乗せて。ガチャン!って閉めて。で、ブルルルルッて行く途中でバーッとタクシーの窓を開けて俺らの方に顔を出して。「売れたら使ってねー」って。たけしさんのワードを言って(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハッ! (モノマネで)「あんちゃん、売れたら使ってくれよな」って?

(R-指定)そしたらそれを見て俺と森本さんで「落ちるな、これな!」って(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハッ! これは落ちるな(笑)。

(R-指定)いやいや、がんばってくださいよ!

(DJ松永)これ、小宮さんが聞いていたらどう思うんだろう?

(R-指定)やっぱり三四郎はね、小宮さんのコンビなんですよ(笑)。大変やな、小宮さん、ホンマに(笑)。

(DJ松永)小宮さん、おつかれさまでーす!

(R-指定)フフフ(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました